うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 転居

<<   作成日時 : 2006/05/30 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 31

画像

18年住んだ住まいを離れ、2ヵ月後に引っ越す予定です。

それが自分にとってどんな意味があるのか、まだよく分かりません。
今自分がどんな気分なのか、それを言葉にするのも難しい。
寂しさや嬉しさや、不安や期待や、そのほかいろんなものがごたまぜになった複雑な心境で、何も手につかず、ぼんやりと日々を過ごしています。

でも、とりとめのないこの気持ちは今だけのもの。この今の混沌とした気持ちを、混沌としたまま残しておくのもいいかな、と思い、今頭の中に浮かんでくることを、思いつくままに書きとめることにしました。いずれ、半年後か1年後か、あるいは5年後、いろんな意味で結論が出るでしょう。そのときに読み返すのもまた一興。今の時期を懐かしく思い出せればいいなと思います。

こんど移ることになる住まいは、今の家と同じ町内です。今度もまた集合住宅で、最寄り駅も変わらず、学区も変わりません。今置かれている環境の中で残せるものはすべて残した、消極的な転居です。それでもわたしは、この変化をどう受け止めていいのか分からない。どんな気持ちで転居を待てばいいのか分からない。宙ぶらりんな気分です。

もっとも、一月前はもっと宙ぶらりんでした。まだ今の家が売れていなくて、引越すような気がせず、身の置き場がなくて困るばかり。家の買い手が現れて、それでちょっと腹が決まったところです。なんていうかな、もう後には引けない、という感じでしょうか。

でも、退路を絶たれたような気もして、ちょっと辛い。自分が新しい家に移るということ、今のこの家が別の人のものになるということ、二つの寂しさが螺旋状に絡み合って、なんともいえない寂しさです。

思えばこの家に越してくるときは、帰りたくなったらいつでも帰れる引越しでした。実家から引っ越しでしたから。今でも実家は幼い頃と変わらぬ場所にあります。自分の家が人手に渡るのは今回初めての経験です。

新しい住まいは、新築の分譲マンションです。すごく気に入って買いました。新築、中古、マンション、土地、一戸建て、今まで何十何百となく見てきた物件の中で、立地も間取りも、こんなに気に入ったのは初めて。他の物件にはない、突出した魅力がありました。競合する物件は皆無。――ただし、今の家を除いては。

新しい住まいは今の住まいと比べて、駅からの距離は半分、住まいの広さは倍ちかく。一般的に言えば、まったく比較にならない条件の良さです。でも、昨年の夏の終わり、購入を決断する際には、迷いに迷い、悩みに悩みました。18年間慣れ親しんだ丘を吹き抜ける風、緑濃い眺め、狭い部屋で家族仲良く寄り添って暖めあう幸福感‥。そういうものをすべて捨て、果たして本当に今と同じように幸せでいられるのかと、何度も何度も考えました。

確かに今の家は狭い。夫婦二人のときには広々と感じられた住まいが二人の子の成長に伴い、次第に手狭に感じられるようになってきていました。これまでは簡単なリフォームをかけて対応してきたものの、今後もそれで乗り切れるのかと、ここ数年、いつも不安でした。

そして、今の家は駅から遠い。子供が幼かったころは駅からの距離より公園からの距離のほうがはるかに大事で、公園隣接のこの環境が快適でした。でもこれからは、家族の皆が駅を経由して遠くの学校や職場に通うようになる。そう思うと、駅からの距離が気になりはじめました。

そんなとき、以前から目をつけていた土地にマンションが建つことになったのです。
その前の道は車が入ってこれず、自転車党の私たちのお気に入り。
鎮守の森が木陰を作って涼しく、暑い時期は特に嬉しい道でした。
「こんな社宅壊しちゃって、マンションでも建ったらいいね」
その土地に立つ社宅か何かを見上げつつ、夫が言ったのはもう10年近くも前のこと。
まだ人さまが住んでいる場所に、頭の中で勝手にマンションを建ててしまうその横暴さに呆れ、私はただただ笑っていたものです。
でも今回、本当にここにマンションが建つことになりました。

しかも、そのマンションの販売所で待ち受けていたのは、ものの見事に我が家のニーズにマッチした、完璧な間取りでした。広さも部屋の配置も申し分ない。これまでに100件以上もの物件を見てきて、こんなにしっくりとくる、その上、心が踊るような間取りに出会ったのは初めてでした。思わずパンフレットの裏を見てみると、そこに書いてあったのは、私が最も気に入っているディベロッパーの名。老舗でありながら、ときどき思い切った間取りを提案する会社です。私はすっかりこの物件に惚れ込み、本気で購入を検討しようと、家族に告げました。

この物件は、ここ10数年の間に売りに出たものの中で、最も我が家に合っている――それだけは確かでした。でも、今の家より良いかというと――それは分かりませんでした。

確かに今の家は狭くて遠い。最初から永住する気はなく、当初の計画では、今頃とっくに引き払っていたはずの住まいです。でも、この家には実績がある。18年間、私たち家族を包み、幸せにしてきたという実績が。如何な好条件をそろえていようとも、新しい住まいに実績は何一つありません。

わたしたちを幸せにしたのは今のこの家の何だったのでしょうか。ベランダから見える豊かな緑? 丘の上ならではの心地よい風?

以前、目の見えないいとこが我が家に遊びに来たとき、部屋に入るなり言ったものです。
「いい家に住んでいるねえ! 緑に囲まれていて、すごく気持ちのいい家だね」と。
「どうしてわかるの?」と驚いて尋ねると、風や音や、木の葉の匂いで分かるのだと彼は答えました。

今度の住まいも、木に囲まれてはいますが、今のような開放感は望めそうにありません。平地ではこんな風は吹きぬけないでしょう。ベランダから木々を眺めつつ、わたしは「この景色が見られなくなったら不幸になるかもしれない」と本気で思いました。新しい住まいには、どんなことが待ち受けているか分からない。今の住まいの環境が急変したわけでもないのに、たかが、ちょっと狭いの遠いの、くらいのことで、どんな不幸が待ち受けているかも分からないような賭けに出る価値があるのだろうか?、と。

でも結局、新しい家の魅力には抗えず、我が家は賭けに出ました。
この先どんな暮らしが待ち受けているのか、半年経ってもその答えを知らぬまま‥。
何かを待つ間というのは本当に長いですね。初めて今度の家のモデルルームを見に行ったのが、何年も前のことのようです。入居したあとに今を振り返ったら、この間はほんのつかの間だったように思えるのでしょうか。

旅に出ると、世界のどこにいても、わたしたちは家族なんだ、と実感します。
どこにいたって、どんな家に住んでたって、我が家は我が家で、どうしたって我が家らしい暮らし方になってしまう。だから、何も怖がることはない。どこに住んだって、わたしたちは幸せになれるはず。だって今まで幸せだったんだから――そう思うのですが。

でも、こんなふうに一生懸命自分に言い聞かせないと、なかなか信じきれないのもまた事実。――脆いですねえ‥。

娘たちの心はすでに新居での暮らしに移り、「早く引越しの日が来ないかな」と首を長くして待っています。
それとは対照的に「どうせその日は来るんだから、今はこの家での暮らしを存分に楽しみたい」とかなんとかいいつつ、テンションの低い夫と私。夫は私以上にテンションが低い。通勤が短くなるというのに、全く喜んでいるように見えません。娘たちとの違いに、年齢を感じます。ああ、夫もわたしも年をとったんだな、と。10年くらい前までは、家族一緒なら、どこにだって引っ越せるさと、元気よく言い放てたのに。同じ町内での引越しでこの体たらく。本当に年をとりました。

ともあれ、なんのかんのいっても、やっと長い冬眠状態を抜け出て、引越しはもう間近。これからは入居説明会だの内覧会だの、引越しの見積もりだの、きっと忙しくなるでしょう。そうした過程を経て、新生活への実感がきっとどんどん涌いてくる。そしたらわたしも遅ればせながら、娘たちのように前へ前へと気持ちを解き放ち、新しい暮らしに向かって一直線に走り出せるのかもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログ開設9周年
 「祝ブログ開設9周年!」というタイトルのメールが、ウェブリブログ事務局から届きました。 ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2014/04/01 19:04
ブログ開設11周年
 今年もウェブリブログ事務局から「祝ブログ開設11周年!」のメールが届きました。 ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2016/04/01 20:54
ブログ開設12周年
 今年もウェブリブログ事務局から「祝ブログ開設12周年!」のメールが届きました。 ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2017/04/04 17:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
うさぎさん、お引越しされるんですねー!新築の広いお住まいに変わるのに
とても寂しそう…。今のお家に愛着が強いんですね。
子どもの成長に合わせて住まいを変えるのはよくあること。むしろ必須でしょう。それほど寂しく感じるのは、この18年間がうさぎ家にとってすごく充実していた証拠とも言えますね。ステキなことです☆
欧米の家庭は日本人の感覚からすると信じられないくらいイージーに居を移しますよね。日本人にはないモビリティがあるのだ、と聞きました。
今回の転居、うさぎ家にとって前進です!すてきなお部屋、是非写真で見せてくださいね〜☆…あらっ、でも2ヵ月後って、ハワイがもうすぐ、って時で、忙しくなりそうですね(^^v)
Coco
URL
2006/05/30 07:07
うさぎさん♪新しいおうち、うらやましいです。
我が家も集合住宅で、12年住んでいます。うちは娘が1人だけですが、それでも最近「狭いなァ」と感じています。(我が家はリフォームする予定です。)
駅から近くて広いおうち、私にとってはうらやましいですが、うさぎさんの気持ちをワクワクさせないのは、今のおうちの歴史なんですね。本当にステキな思いでがいっぱいつまったおうちなんでしょうね。
でもうさぎさんのご家庭なら、広いおうちに移っても、きっと何かしら皆がリビングに集まってきて今と変わらないままなんじゃないですか?家族はそのまま、ただ場所が変わったというだけで。
mie
2006/05/30 08:58
おおお、お引越しされるのですね。
うさぎさんが引っ越すなら今度は戸建かと思っていたので、
新居がマンションとはちょっと予想外でした!

はまこも昨年引越したんです。(新築分譲マンション)
新居のほうが静かで広くて新築で、申し分ない部屋のはずなのに、
結婚してから6年住んだ部屋(築15年賃貸マンション)を出るのが
ものすごく寂しかったです。
引越し準備をしていてもわくわく半分、寂しい気持ち半分。。。
うさぎさんの気持ち、わかる気がします。

新居になじむ、というか、ふと思い浮かぶ自分の家が
今の家になるのに半年くらいかかった気がします。
が!最近はすっかり自分んちですよ!
お互いの定位置も決まって、すっかりくつろいでます。
そして引っ越したことで新しい趣味までできちゃいました。
#リンク先のサイトでのHNは「てんてん」ですのでよろしくです☆

そんな感じでじわじわと気持ちが新居にシフトしていくんじゃないでしょうか?
新居でのDIYも楽しみにしてます♪
はまこ
URL
2006/05/30 10:44
いつも拝見させて頂いています。今回のうさぎさんのコメントで、”旅に出ると、世界のどこにいても、わたしたちは家族なんだ、と実感します。”という処。その言葉で、私も海外旅行が好きな理由が改めて実感できました。有難うございました。さて、お子さんにとって、ずっと育ってきた場所というのは、心の拠り所となる大切な”居場所”だと思います。だからこそ、うさぎさんが好条件の物件に引越しをされるのが躊躇われるのがとても良く解ります。自分の事として考えてみると、心の拠り所って、親であり、自分が育った場所なんですよね。けれど、これからは前を向いて生きていく時期。ここでまた、スッテップアップする時期にあると考えるとどうでしょうか。我が家も3年前から主人を残して住居が変わり、しかも、今年から長男が大学生になり、彼の行動が今までと随分違ってしまい、正直、淋しい日々を過ごしています。でも、彼にとって、このスッテプアップは必要な事だと理解できます。必要なステップアップもあるのです。 広い部屋は広い視野も育てます。
 前向きで行きましょう!!そして、今まではぐくんでくれた我が家に感謝しましょう!!

ナチュラ
2006/05/30 11:38
みなさん、コメントありがとうございます〜!

>Cocoさん
幸せすぎるから、神様がちょっぴりイジワルするのかも‥というCocoさんのお言葉、あれはまさに名言でしたね。
引越しのときって私だけじゃない、みんな寂しいんだ、と知っていたのが、どんなに救いになったか分かりません。たぶん、それを知らなかったらもっと今ごろ暗かったと思うわ(笑)。「ああこれが引越しブルーなのね。そうなのね〜」と半分客観的に見ている自分がいて、これはみなさんのおかげです。

>mieさん
暖かいメッセージ、ありがとう。今までは家をいかに広く使うかに頭を悩ませていたのに、今は気づけばいかに狭く使うか考えている‥(笑)。先日戸建の新築を計画していた友人が、子供に「こんな広いおうちは怖くてイヤ!」と言われて断念したと言っていました。確かに、実はわたしも広さが怖いんです。家が広くなっても、たぶんうちは家族みんなで一箇所に固まっているんじゃないかなあ。
うさぎ
URL
2006/05/30 18:47
>はまこさん
ひゃあ〜〜! なんと! こんな趣味を始められていたとは! わたしも転居を機会に興味が出てきたところで、なんてタイムリー! ぜひ参考にさせていただきます! ああでも、虫(にょろにょろ系)がすごく苦手なのがネックです;;

>ナチュラさん
はじめまして。嬉しいコメント、ありがとうございます。子供の変化というのは激しいですね。今回の転居も、まさに子供の変化についていくための転居です。子供が家を出て行くまで短ければあと数年。今の家でも逃げ切れるかもしれないとも考えましたが、これからの変化にも余裕で対応していかれそうな、新しい住まいの懐の深さに賭けました。ほんとうに、家族を包み、見守り、幸せな18年間を与えてくれた今の住まいに、感謝です。(そう書きながら、涙が止まらない‥)
うさぎ
2006/05/30 18:47
うさぎさん、こんにちは。
私も3ヶ月前に引越をしたばかりなので、住み慣れた住まいを移る寂しさや、不安はよ〜くわかります。
だけど、きっと新居にも楽しいことがいっぱい待っていますよ。^^
住み慣れてしまうといつのまにか無関心になってしまう、家具とか収納とか、キッチンマットなどの消耗品まで、ぜーんぶ見直すとても良い機会で、それはちょっと大変だけど、とても楽しいことでした。
新しい環境を作る為、家族でものを選んだり、ルールを決めたり、譲り合ったり、そう言うことで絆が深まったように思います。そして子供の成長をしみじみ感じることができました。
今はもうすっかり今の住まいに慣れ、この家に住めることに本当に感謝している毎日です。うさぎさん一家もすぐにそんな日が来ますよ。^^
まる。
2006/05/31 18:03
まる。さん、ありがとう〜!
今日、引越し屋が2業者ほど見積もりにきました。
まだちょっと気が早いのですが、気持ちを前に進めるものが欲しくてね‥。
本が異常に多いらしく、信じられない見積もり金額!
我が家はむしろモノが少ないと思っていたのに〜〜! とんでもない誤解だったようです。
これは少し捨ててかなくちゃダメかなあ??
家具もすべて、今の家に合わせて揃えたものなので、新居にはしっくりこないものもあるんですよね。でも家とか家具とか、木でできたものにはことのほか愛着を感じるようで、家の上に家具まで処分するとなると‥T_T
現実的には、とりあえず全部新居に持っていって、何年もかけて、少しづつ新居に合ったものを買い換えていくことになるのかなあ‥。今の家がそうであったように、新居でも、何年もかけて少しづつ少しづつ、整えていくしかないかも。
ていうか、私的には、今のこの家だってまだ整え途中なのですが‥。志半ばで放り出してしまうようで、それが後ろめたくもあるんですよね。
うさぎ
2006/05/31 19:46
うさぎさん、こんにちは。
引越の息抜きにこんなサイトはいかがですか?
らくらくパックの作業員をしているまるこさんのHPです。

http://homepage2.nifty.com/sarukosi/

「お引越の現場」は必見!笑えます。^^
まる。
2006/06/02 19:44
まる。さん、ありがとぉぉぉ〜!
今ちょっと読んでみたら、すごく面白い〜〜!
わたしも引越しやさんになりたくなりました。
‥っていうか、お引越し大好きで、以前から引越しやさんになりたいと、
思ってたんです♪
新居に落ち着いたら、繁忙期だけでもバイト、やってみようかな。
やとってもらえるかなあ‥。

ご町内のお引越し、しかも平日なのに、
最高で30万円!!という見積もりをもらってしまった我が家では現在、
モノ減らし大作戦を展開中^^;。
今日も図書館にドッサリ本を持っていきました。
この二日でダンボール5箱分は減ったと思います。
推定120箱と言われましたが、目指せ80箱!

‥って仏検の勉強しなくちゃいけないのに、
完全に頭の中は引越しモードでどうしたらいいのやら‥。

ところでまる。さん、ひとつすごく疑問に思っていたことがあるので、
教えてください。
ちょうどシーズン中のチューリップ、お引越しのとき、どうなさったの?
うさぎ
2006/06/02 20:52
うさぎさん、こんにちは。
「さるのこしかけ」気に入っていただけたようで嬉しいです。^^

え??町内で30万?@@ 私は同じ区内の引越で、らくらくパック付きで15万弱で済みました。2トン車2台で余裕でしたもん。^^ 頑張って荷物を減らしてください!

ところで、チューリップですが・・・
よくぞ聞いてくれました〜;; まさか引越をするとは夢にも思わす、今年も沢山のチューリップを地植えにしてしまったので、持って行けたのはプランター7つのみ。球根の数にして、50球くらいかな。;; ちなみにこれらは引越業者にはお願いせず、自分で運びました。

勝手に私が花壇にして植えていた地植えのチューリップは、意外と住民の皆さんに愛されていて、それまでも、時々誰かが水遣りをしてくれたりしていたので、引越後も無事に咲きました。携帯画像で咲き具合を報告してくれた友達もいましたので、写真撮影のため何度か前の団地を訪れました。新居には運べませんでしたが、それなりに楽しめたので良かったです。^^
まる。
2006/06/02 23:52
そうか〜! チューリップさんたち、お引越ししたものも、居残り組も、手厚く大事にされたんですね! ああよかった。安心しました^^。
4月はご町内のあちこちでもチューリップを見ましたが、本当に目を楽しませてもらいました。住民のみなさんが力を合わせてこそ咲くんですね〜。

ちなみに、30万という見積もりは、ラクラクパックじゃないんですよ〜;;
一番安い「トラックチャーターコース」です。
まあ、その見積もりは論外としても(ダンボール代4.5万ってどーゆうことっ?!)、他の業者にも2トン車3台、もしくは3トン車2台でギリギリと言われました。クスン‥。
でも、捨てられない男・きりんが今回本気だしてくれているので、未来は明るいかも^^。ちなみに、120箱のうち30箱はきりんの趣味関係です。
うさぎ
2006/06/03 00:16
うさぎさーん、ごぶさたしてます。

ウチの場合...
姫路→品川 34万円 (荷作りはらくらく・開梱は自分で/アート)
品川区内 96700円 (両方とも自分で/アリさん)
でした。そういやウチも本はかなり多いのでコミックをたくさん捨てたけど。

業者によって見積り方法がかなり違うので倍くらい開きがあったかも。
部屋数で見つもる所とか、家具の数だとか。

しかし町内で 30万って、いったい。。。
おがた
2006/06/04 09:30
おがたさん、こんにちは^^。
実体験ありがとうございます。参考になります〜!

30万と見積もってきたのはネコです。
マンションの一斉入居というのはいろいろと制約が多く、
どこの業者も積極的にはやりたがらないようで、
アリさんには断られてしまいました。
パンダもかなりいやそうでした。
この見積もりでは、ネコもそうとういやがってますねえ。
唯一アヒルだけはそこそこヤル気ありげで、19万弱と言っていましたが、
もう一押しふた押しできそうです。
ディフォルトはドラちゃんですが、高いともっぱらのウワサ。
「他の見積もりが全部出たら電話ください」ですと(笑)。
あとはペリカンさんとゾウさんがどう出るか。(動物園の世界^^;)
まあまだ見積もり取るには早すぎる時期でもあるんですよね。
これからモノを減らしつつ、10万をはさんだ攻防としたいところです。

ところで、アヒルさんいわく
「大学教授のお宅以上に本が多いですねえ」ですと。
「えっ、最近の大学教授って本読まないの?」と一瞬思いましたが、
ああ、そういえば、そんな大学教授もいたなあ、と(笑)。
うさぎ
2006/06/04 10:23
先程は失礼いたしました。
どうしても気になってここに来てみたら、ここにあったのですね〜!
駅に近いのは長い目でみたら大事なことだと思います。
確かに子供が幼い頃と今とでは求める環境が違ってきます。
あんなに楽しかった社宅も、同期入居者(共に子育てしてきた仲間達)が
次々に家を建てていなくなるとやはり自分達も考えだしていたものです。
引越しは、我が家は午前→午後にしただけで半額近く違いました。
市内(車で30分くらい)で5万(5年前の話)だったかな・・・
新しいおうちでのお話楽しみにしています。

2006/06/07 13:15
空さん、こんにちは。
最近、日に一度しかパソを立ち上げないので、レスポンスが遅くてスミマセン〜(汗)。
家の購入って伝染るそうですね。「1人買うと、30人が欲しくなる」と聞いたことがあります。そういえば最近、なんか周りでも家を買ったという話をチラホラ聞くような‥。私のせい?!

新しい家もそれほど駅近なわけではないのですが(今までが遠すぎた(笑))、通学通勤はだいぶ楽になるかな、という感じです^^。
仏検が終わったら、またいろいろお話しますね^^。
うさぎ
2006/06/08 08:28
あらま、アリさん断られちゃったのですか。
うちは大規模マンション一斉入居でしたが、アリさんでした。
うちのほうのアリさんは、
一斉入居?まかせてください!
って感じだったんですけどねぇ。
#うち以外にもいっぱい来てたし。
仕事っぷりもよかったし、オススメなんですけどねー。

2人暮らしでこの荷物の量はちょっとすごいですよ!?
といわれてしまいましたー。
移動距離30分以内、3トン+2トンの計2台の荷物、作業員4人、
で12〜3万円だったような???
うさぎさんとこの平日で30万円ってすごいですね。(^_^;

ちなみに、ドラえもんさんとペリカンさんも見積もり取りましたが、、、。
ありえない金額でした。(^_^;
#上記内容で20万円って言われた。

家の購入って伝染る。。。
そういわれてみると、私の周りでも数人購入してます。
そっかー、伝染るのかー、なんて妙に納得しちゃいました。(笑)
はまこ
2006/06/08 11:42
エッ、ホントに?!
アリさんが幹事会社だったわけではなくて?
地域によって業者間の力関係が多少異なるせいのかもしれませんね。

しかし、二人家族で5トンというのもなかなかのものですね。なんかちょっとホッとしたりなんかして(笑)。
うさぎ
2006/06/08 22:11
こんばんは。

お引越しなんですね。素敵な新居だそうで羨ましい限りです。今のおうちを去りがたいというのももっと羨ましいです。

30万はすごいですね。
かつて佐賀→新潟でもネコさんは100万を超えると言いました。実際には別の弱小業者でその3分の1ですみました。問題はなかったです。ネコさんを頼むのは会社が支払ってくれる人だと聞いたことがあります。

新しいおうちのお話、楽しみにしております。そうそう、バレエ、1回で挫折いたしました。トホです。
エレナ
URL
2006/06/08 22:39
ヒエ〜〜〜ッ!
遠距離とはいえ、たかが引越しに100万!!
確かにそれは、法人相手のご商売やも‥(汗)。
でも、トップブランドのペリカンさんが一番安かったなんて話もたまにあるし、タイミングにも拠るのかしらん?
こんな機会はもうないと思うので、とりあえず話だけでもあちこち聞いてみようと思っています。
うさぎ
2006/06/08 23:02
アリさんは幹事会社ではなかったですよー。
うちのとこは規模が大きすぎて、幹事会社はやらない
(できない)っていってました。
地域性、なんですかね〜?

うちも本が多かったです。
引越し前にいっぱい処分しましたが、それでも新居に
持ってきた本は20箱位はあったかも...。
捨てるにあたり、なにも考えずに資源ごみに
出しちゃったんですよねー。
ゴミ捨てに何往復かしたのですが、
次の本を捨てに行く前にすべて持ち去られてました。
あんな本でも持ち去る価値があったらしい。。。
ブックオフとかで売ればよかったです。(T_T)

ちなみに、引越し荷物は正式な見積もりまでに減らさなきゃダメですって。
見積もり後、引越し当日までに荷物が減ったとしても
料金が安くなることはありません、って言われました。
#減額はないが、見積もり後に荷物が増えたときの増額はあるらしい。(笑)

なので、正式見積もりまでに頑張って荷物を減らしてくださいね〜♪
#ダンボールは1つ2つ減ったところで見積もりには
 ほとんど影響ないそうですので、大量に減らしてくださいー。(T_T)
はまこ
2006/06/09 10:50
>あんな本でも持ち去る価値があったらしい。。。
ハハハ‥、あんな本ってどんな本?(笑)
何であれ、引き取ってくれる人がいて、本当によかったですね。
古本屋に売るのも、一昔前はそこそこの金額になりましたが、
ここ数年、新刊以外はホント二束三文になりました。
今はヤフオクかアマゾンに売るのが一番利口かも。
でも手間はかかるし、売れる本と売れない本の見極めも難しくて、
結局我が家はほとんど図書館の
早い者勝ちもってけドロボータイプのシステムを採用しているリサイクル文庫
に出しました。

>ちなみに、引越し荷物は正式な見積もりまでに減らさなきゃダメですって。
あっ、そうなの? いいこと伺いました。
正式な見積もりまでに、気合入れて頑張ります〜!
うさぎ
2006/06/10 00:27
初めまして、いつも拝見させて頂いてます。
我が家も皆本が大好き♪
赤帽子の車でえーと1台以上はあったかと..>,だいぶ捨てたんですがね。引越1週間前から軽の後部シートを倒して、せっせと30分かけて引越し先に洋服など軽いもの又、パソコンとか大事なものは先に運びました。本は重いので、小さめの箱に入れてこれは運んでもらいました。^^こんな風にすれば半分になるのでは?ちなみに、転勤の時午前中ではなく夕方17時の引越しにしたら最初の見積もりの半分になりましたよ。ご参考にしてください。
yoko
2006/06/13 00:10
yokoさん、はじめまして^^。
トラック1台以上の本ってすごいですね〜!
うちはあまりモノを持たないようにしているつもりだったのですが、どうも多いらしいです;;
‥いや、実は全然多くないのではないか。
確かに家具のひとつひとつは大きいけれどその代わり数は少ないし、
「普通より荷物が多い」というのは費用をぼったくろうという引越しやの陰謀なんじゃないかと思い始めています(笑)。

裏技のご伝授ありがとうございます〜。
でもうちでは使えないかも;;
うち、車持ってないんですぅ‥。
一斉入居なので、荷物の搬入日時は自由にならないのですが、午後便にできるよう、一応、要望は遅い時間で出しました^^。
うさぎ
2006/06/14 06:20
うさぎさん、こんにちわ♪

我が家も2ヶ月前に、転勤で動いた関西から関東へ戻ってきました。

今回の辞令が出た時、帰れて嬉しい筈なのに上の子の学校(丁度2年生にあがる時でした)の事を考えると、素直に喜べず随分悩みましたが、蓋を開けてみたら子供は私達よりずっと順応性があって、未だにしっくりきていないのは私と主人だけ・・・(苦笑)。 子供のパワーには、本当に驚かされます。

我が家も荷物が多いと言われ、泣く泣く随分処分したつもりでしたが結局10トントラック目一杯でした。
思い入れがあるとなかなか処分できないですが、ここは気持ちを切り替え頑張って荷物減らしてください(ToT)

あと、我が家はネコさんでしたが、冷蔵庫・パソコン・DVD・子供のベッドを破損され買い替えになってしまいました
(泣) 業者選びは慎重にされた方がいいと思います。買い替えできない物は金額に変えられませんから。
私個人的には、アートさんがお勧めです。

今まで家族を見守ってくれたお家を離れるの寂しいと思いますが、引越しする時には「今までありがとう♪」と笑顔で言えたら素敵ですね。
ぽちとマリー
2006/06/14 11:02
10トントラック目いっぱい?!
ああ、なんて癒されるお話かしら〜!w
そうですよねっ、4人家族で子供が大きかったら、
荷物が多くて当然ですよねっ!

荷物の整理をしていて気づいたのは、
案外子供の持ち物が多いということです。
中学生・高校生ともなると、教科書・資料集の量だけでもハンパじゃないし、
部活のユニフォームだのボールだの、やたらかさばるし‥。
必需品だけでもこんなにあるのか〜!と呆れています。
なんで学校って9教科もあるんだろう?
なんで教科書貸し出し制じゃないんだろう?
実技の教科書なんていらないし!

それにしても、夫の荷物、かなりハイスピードで処分しているのですが、
捨てても捨てても全然減ったように見えないのはなぜっ?!
無尽蔵とはこのこと。
今までどこにどうやって収まっていたんだか、本当に不思議。
ひょっとして四次元空間に繋がっているのか?
うさぎ
2006/06/14 15:53
びっくりでしょぉ〜?←10トントラック目いっぱいの荷物・・
挙句の果てに、危うく積み残されそうになった自転車3台は、積み重ねられたダンボール箱の上に無理やり横置きで詰め込まれていました。

>教科書・資料集の量だけでもハンパじゃないし
そうですよねぇ。家の場合はタイミング良く(?)進級時だったのでいらない教科書などは処分できましたが、それでも鬼のような量でした(笑)。 たった1年しか使わないのに、何万もかけて購入させられるなんて貧困生活者の立場になって考えてよ〜と、文句言ってました。

我が家の旦那サマも、物持ち貧乏とでも言いましょうか、学生時代に使ってた参考書(いつ使うつもりだったのか、さっぱり理解不可能・・)やら、結婚してから一度も着てるの見たことないシャツやらが、押入れからワンサカ出るわ、出るわ・・・。
ふと気がつくと部屋の真ん中でせっせと荷造りをしてた筈なのに、周りをゴミ袋に囲まれてました(^-^;

うさぎさんのお家にも、押入れの中にブラックホールがあるのかもしれないですよ〜(笑)
ぽちとマリー
2006/06/14 19:23
>物持ち貧乏
きゃ〜、うちも同じ同じ〜!
実は夫は、結婚するとき自分で荷作りをせず、姑がありとあらゆるものを全部ダンボールに詰めてくれちゃったんです。その名残が20年近く経った今でも残っているんですよね〜(怖)。
>学生時代に使ってた参考書
そうそう、でる単とかw。もお懐かしすぎ!
>一度も着てるの見たことないシャツ
そうそう! 中学のときのセーターとか、サークルで作ったトレーナーとか。
あと、10年に一度しか弾かないギターとか。
ちなみに、今回の引越は、夫の書斎(納戸)の確保が主目的のひとつです。
うさぎ
2006/06/15 06:05
こんにちわ、ご無沙汰してます!
今回のウサギさんのお引越し半年前の我家の感じた事そのもので、思わずコメントしてしまいました。

>今のような開放感は望めそうにありません。平地ではこんな風は吹きぬけないでしょう。
以前の我家も箱根の山からの風が何もさえぎるものがなく吹いてくる、そんな所でした。風が一年中吹いていて、夏も夜はクーラなしでした。
でも今の家は街中、眺めも直ぐ隣の家、風も強くありません。新しい入居者の人を募集しつつ、ホームシックになってしまった事もありました。
先日、貸している方からトイレタンクの修理の件の相談があり、すっかり家具の揃った元の我家に入る機会がありました。すっかり様変わりして、お腹の大きくなりかけた奥さんと、猫ちゃんがくつろいでいる姿を見て、やっと吹っ切れました。ウサギさんも、最初はさみしいけれどきっと気持ちの中で吹っ切れて卒業できる時が来ると思いますよ。それまでは、思いっきり浸ってください。もう、2度とその時には戻れないのですから。
マキチャンズ
URL
2006/06/24 06:36
続きです。(長々とスミマセン)
我家はアートでした。冷蔵庫や液晶テレビ、クーラー3台と照明器具4個とその取り付けもいれて80万円でした。電化製品はビックカメラやヤマダ電機などの量販店よりも同等か安かったのと引越しの時に取り付けをできるという事で、日程の節約でアートで購入しました。
もう1つアートにした理由はタカラでも運び出せないといった冷蔵庫をアートだけが取外せるといってくれた事です。まさに神業!プロでした。

引っ越した後のダンボールですが、隣の家がアリさんだったのですが、取りに来てくれるといっていたのに、こちらの方面には引越しがないからという理由で引き取りに来てくれなかったようです。(便利屋源さんに手数料3千円払って引き取ってもらったそうです。)アートは数回に分けても取りに来てくれました。(余りにもダンボールが大量なのでちょっと市の紙ごみの日には出せないと思いますので)

後、冷蔵庫の中のモノ。当日直ぐに冷蔵庫に移せるように。我家は冬場だったので油断していたら、数の子とかスモークサーモンなんかが全部腐ってしまいました。(我家の引越し12/26だったのです)
マキチャンズ
2006/06/24 06:44
マキちゃんズさん、こんにちは。
半年くらい前、掲示板にマキチャンズさんが引越し前の心境を語ってくださったとき、我が家も実は、すでに新居を購入していました。
でも今の家の売却を停止条件につけていたので、まだ100%引っ越すかどうかは分からず、複雑な思いで拝見した覚えがあります。
今の家が売れて欲しいような、欲しくないような、新居に越したいような、越したくないような‥。
結局、今の家は、お洒落な雰囲気のお若い方が買ってくれました。
話がまとまったとき、半分あきらめがつきました。
今は、人さまからこの家をお預かりしているような気分です。
自分の家でありながら、自分の家ではないような‥。
寂しい寂しいといいつつ、どこか非常に冷めてる部分もあって、
これはなんだろうなあ、と思ったり。

月曜日にアートが見積もりに来ます。
電化製品を売ったりもするんですか〜!
エアコンが安く買えたら嬉しいな^^。
うさぎ
2006/06/24 18:42
Flag Counter
転居 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる