うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国語にプチハマり

<<   作成日時 : 2016/06/10 19:03   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 2 / コメント 0

 現在はアラビア語がメインですが、実はひそかに中国語もやっていたりします。

 なぜ今中国語かというと。7月にベトナムに行くので、最初はベトナム語をやろうと思ったのです。

 で、図書館でベトナム語の入門書を借りてきてパラパラ見ていたのですが、声調が6つもあるし、なんか難しそうで・・・。

 でも声調言語っていうのはちょっとやってみたいな、と思ったので、じゃあ代わりに中国語をやってみようかな、と。中国語なら声調は4つだし^^。



 ・・・って、自分で書いてても、理由になってない気がしますが^^;。まあ何でもいっか。




 そんなわけで、まずBusuuから始めました。あと4ヶ月でプレミアムが切れるので、それまでになるべく多くのコースをやっておこうと思って(貧乏性^^;)。中国語コースをDELE直後から始め、毎日一レッスンずつやって、ちょうどA1(20レッスン)を終えました。

 Duolingoも中英コース(中国語話者のための英語コース)にしています。Duolingoにはまだ中国語コースがないので。毎日1単元。最小出力で600近いストリーク数だけ守っています。

 あと図書館で中国語の発音の本を5冊借りてきて、ざっくり読み聞きました。一番最初のは以前真面目にやった本。

発音の基礎から学ぶ中国語 二色刷。問題集形式。コラム多数。CD3枚+動画つき。
中国語発音トレーニング 子音・母音・声調の合わさった形をリファレンス的に羅列。
やさしい中国語の発音 二色刷。見開きごとに一発音。リファレンス向き。
はじめての中国語発音 口の形を写真とイラストで。発音練習用の詩がかわいい。
中国語発音マスター 発音より声調に多くのページを割いている。ドリルあり。


 Nemoもやりました。最初の100フレーズだけですが、けっこう何度も繰り返し聞いた。わたしはnemoシリーズの使い勝手が好きなので、もしそのうち最初の100フレーズが全部覚えられたら内部課金(1200円)して完全版をやろうかな、と思っていました。



 ところが。

 図らずも、無料ですごいアプリを見つけちゃった。

中国語への道(Chinese Skill)Android用もあるようです)
youtubeの説明動画



 これ、無料アプリとは思えないくらい、すごい!!



 メインの学習法はDuolingoにそっくりで、ゲーム形式で類似の例文を豊富に提示し、学習者に文法の推測を促すやり方です。

 でも将来Duolingoが中国語コースを作ったとしても、ここまで高性能のものはおそらく望めないでしょう。無料なのに、とにかくよく出来ています。


 どこが素晴らしいかというと。

 まず出てくる単語や文の順番が良いです。単純にカテゴリごとに分けるんじゃなく、言葉の成り立ちごとに整理されている。

 たとえば椅子―椅子(Yǐzi)、テーブル―桌子(Zhuōzi)、茶碗―杯子(Bēizi)、鏡―镜子(Jìngzi)が一緒に出てくる。これ見れば、子という文字はziと読むんだな、とおのずと分かるじゃないですか。

 果物―水果(shuǐguǒ)、マンゴー―芒果(Mángguǒ)、リンゴ―苹果(Píngguǒ)もそう。なんとマンゴーって元は中国語だったんですねえ。果(guǒ)の読み方を一発で覚えました。


 あと音声がドストライク!! かわいい! 好听! 女の子の声なんです。聞いているだけで癒されてしまう。

 聞くのが楽しいって偉大ですね。好きな声はよく耳に残る。NemoやBusuuだと何度聞いても音の上げ下げが頭に残らないのに、Chinese Skillだと文の音の上げ下げをそっくりそのまま覚えている。


 操作性もいいです。すごく気持ちのいい操作感。カシャッっていう音とかね。長く続けるには、こういうのが意外と大事だったりする。イラストもきれいだし、いちいちパンダが出てくるのも中国っぽくてテンションが上がる^^。

 また、オフラインでも遊べるようです。つまり、たとえば中国に向かう飛行機の機内でもできる。これは嬉しい^^。


 量が多すぎない。Duolingoは一つのコースで300単元近くあり、まともにやると果てしないですが、これは全部で45単元、156課。出てくる単語は約560、文例は約1000。ちょうどいい分量な気がします。

 まずは全体像が知りたかったので、とりあえずテストアウトで、全項目アクティベイトしました。中国語って漢字じゃないですか、やったことなくてもなんとなく問題は解けちゃう。


 中国語に特化していて、漢字の手習いや使い勝手の良いピンイン表など、他のコンテンツも充実しています。文例集、単語集があるのもいいですね。復習がしやすい。あと、好きな文をお気に入りに登録したり、メモをつけたり、習熟度ごとに整理したりできるようです。


 Duolingoは、あれ一つで様々な言語が学べるところが魅力ですが、割と大雑把で、一つ一つの言語に「らしさ」が薄いきらいがあります。

 Chinese Skillは中国語しか学べないけれど、Duolingoで「こうだったらいいのにな」と思っていた部分がすべて叶っており、しかも中国語らしさ満載! 夢のようです。

 しかしこの丁寧な作り、一体誰が作っているんだろう? 英語版wikiによれば、開発者はWang Zhulongさんという方のようですが、個人が一人で作っているとはとても思えない完成度。媒体言語は日本語だけでなく、英語、韓国語、タイ語など、8言語でサポートされています(驚)。

 同じ開発者のChinese Wordsというフラッシュカードアプリも出していて、これも無料。音つきで4700語以上収録されています。これはChinese Skillが終わったあとのお楽しみにとっておきます。

 facebookでは言葉の成り立ちを説明イラストも更新中のようです。



 これだけでも充分すごいのに、もう一つ很好な無料アプリを見つけてしまいました。

超・中国語耳ゲー

 これ、全く別の方(日本人)が開発しているソフトですが、これも非常好です。中国語にごまんとある似た音の聞き分けテストです。こーれは便利!!

 これも声がかわいい^^。ゆるーい感じの声で、癒されます。(こちらのページに写真がありますが、お顔もかわいい^^)



 さすが大言語、中国語。探せばまだまだグレイトな無料アプリがあるかもですね。

 ちなみに、全然関係ないけど、英語耳ゲーっていうのもあって、一時期すんごいハマってました。名前が似ているだけで、全然関係ないけど、耳ゲー繋がりってことで、一応書いておきます。




 たぶんこの二つのアプリをやり込めば、中国で道を聞いたり、お店でうまく値段交渉できたりするんじゃないかなあ? いままで何度もハマるのに失敗して、始めることすらできなかった中国語に、ついにハマれるかもしれません。

 とはいえ、今のメインはアラビア語なので、あんまりハマりすぎないようにしないと。

 ・・・って、数日前Chinese Skillを見つけてやり始めてから、すでにアラビア語が微妙に食われている気もしますが(汗)。

 これまでのところ、元手ゼロ。いつ気が変わってやめても、大丈夫。挫折にはカウントされない(過去記事「外国語の始めかた」参照)。なので気長に行きます。

 とりあえず、来月のベトナム旅行までにChinese Skillが一通り終わればいいかな。



 ベトナムへ行くのに、なぜ中国語なのか。そこはつっこまないでください。自分でも謎なんだから^^; 




画像
中国語用ホーム画面^^。
中国といえばパンダってことで(貧困な想像力^^;)、
北京動物園で撮った写真を引っ張り出してきました。
ここにありますので、もしよかったらお使いください。





 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本当のレベル
 先日、とっても素敵なフランス語のテキストに出会いました。 ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2016/06/25 20:01
やっぱりツイストリング!
 久々にトルコ語で喋りました。なんと半年ぶり! ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2016/07/08 11:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
中国語にプチハマり うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる