うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 水面下の成果

<<   作成日時 : 2016/08/29 08:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

 「塵も積もれば山となる」ということわざがあります。

 努力を続けているにも関わらず、遅々とした進歩しか見られないとき、大変励まされる格言です。

塵も積もれば山となる



 しかしながら、外国語学習においては、塵さえ積もらない場合があります。

 そういうときは、この格言が仇になります。

 いかに些細な変化であっても、何がしかの変化があればいいのですが、頑張っているのに全く何の進歩も見られないとなると、このことわざは逆に「塵がなければ、山もなし」と思えてくる。

 一週間やってもゼロ、一ヶ月やっても成果がゼロなことは、一年やっても十年やってもゼロな気がして、無駄な努力思えてくる。

 ゼロに何を掛けたってゼロですからね。算数で考えてみても、至極真っ当な理屈に思えます。


ゼロが100に変わることもある

 ところが現実には、この算数が当てはまらない場合があります。

 一週間、一ヶ月、ずーっと「0」だったものが、ある日突然「1」に変わる。そして見る見るうちに「100」になる。そんなこともあります。


 昔、巻き舌のRの練習をしたとき(過去記事参照)、一週間しても何の変化も起こりませんでした。毎日、ヒマさえあれば「トルルルル・・・」と言っていたけれど、舌が巻く感触はまったくありませんでした。

 一週間全く何の変化もないことは、一ヶ月やっても一年やっても無駄だろうと思えました。それでも続けたら、それからほんの数日して突然、僅かに舌が震える感覚を覚えました。

 そのあとは早かったです。たちまち安定してできるようになり、「ルルルルルルルルルルルル〜〜〜〜〜〜〜」と息が続く限り、ずっと舌を震わせていられるようになりました。



 アヒル口のとき(過去記事参照)は、もっと極端でした。ある日突然、「0」が「100」になりました。

 2、3ヶ月、毎日鏡に向かって練習していたけれど、全くできる気配はなかったのです。そういう口をした自分の顔を想像することすらできなかった。

 ところがある日突然、今まで見たことのない口をしている自分が鏡に映っていてビックリ。まじまじ自分の顔を見てしまいました。

 
0が突然100に変わる



 外国語を学んでいると、しばしばこうした奇跡に遭遇します。他にも、聞き読みや、外国語脳など。

 本当は「奇跡」でも何でもないのかもしれませんね。何もせずにできるようになったわけじゃなく、ずっと練習し続けた結果、できるようになったのですから。

 でも、やってもやってもまるで変化が見られなかったのに、あるとき突然、それまでの分を纏めて支払うような、劇的な成果が得られる。何度経験しても、それはやはり一種の奇跡のように思えます。

 一体どうして、成果はこんな現われ方をする場合があるのでしょうか。



 思うに、臨界点のようなものがあるのではないでしょうか。ある程度の練習量が溜まって初めて起きる変化があるのだと思う。地中奥深く、静かにマグマを溜め込んでいった火山があるとき突然噴火するように。

 つまり、「成果」として目に見える形で表面に現われない間も、水面下では静かに成果が溜まって行っているのだと思っています。たとえ知覚できる変化がなかったとしても、努力は決して無駄になってはいないのだ、と。



何を根拠に頑張るか

 けれども実際問題、成果が目に見えるその瞬間まで、全く先が読めないのは辛いです。

 「きっとできるようになる」という見通しがないと、なかなか努力って続けられないもの。途中経過の実績がゼロとなると、いつその成果が現われるかという見通しは全く立たず、または永遠に現われないかもしれないとも思えてきます。


 このジレンマを解決する方法は、わたしの場合、3つあります。

1.ダメ元精神

 つまり、「できる」と期待しない。

 あひる口のときにはまさにこの「ダメ元精神」でした。やっていたのは一日数秒、洗面所の鏡の前に立ったときだけだったし、とりあえずやって悪いことはなかろう。できるようになるかどうかはわからないけど、とりあえずやっとくか、って感じでした。


 でもやっぱり、「できる」という期待が全くなかったといえばウソになります。いつかは分からないけど、いつかできるんじゃないかなー、とは思っていた気がします。

 その根拠は、

2.類似の経験がある

 類似の経験というのは、「巻き舌」ができるようになったことです。巻き舌だって、全くできなかったものが、ある日突然できるようになったのだから、あひる口だってそうかもしれない、と思えました。


 ではその「巻き舌」はどうしてできるようになったかというと、

3.先達者がいた

からだと思います。

 「いままでわたしの生徒で巻き舌が一週間でできなかった者は一人もいない」という当時のロシア語の先生に騙されました(笑)。実際は見事、わたしがその一人目になってしまったわけですが(涙)、まあわたしもそれからすぐできるようになったので、文句は言えません。

 やはり先達の存在は大きいです。人類未踏の達成を信じて努力するのは至難の技ですが、多くの人が達成していることは、自分にもきっとできると信じやすい。



成果を焦らず待つ方法

 外国語学習におけるわたしのモットーは、努力を惜しまず、成果を焦らずです。

 成果があろうがなかろうが、努力さえ続けていれば、そのうちきっと何かしら役に立つ、と思っています。

 でも正直、成果を焦らず、気長に待つのはけっこう難しいです。


 なのでわたしは成果が出ない場合の安全ネットを用意しています。

1.楽しくやる

 学習自体が楽しければ、それで十分モトが取れていると思える。なので成果のことはあんまり気にせず、気長に続けることができます。


2.努力の高を測る

 「どれだけやったか」を記録する、または記憶にとどめておくと、それを成果の代わりに励みにすることができます。たとえば、多読の語数数えや、Duolingoのストリーク数やレベルなど。

 インプットの量は、本物の成果ではありませんが、「これだけやったんだから、何かいいことあるはず」と信じる根拠になります。

 第一、たとえ何にもならなくても、一つのことを長く続けられたら、それだけで、ちょっといい気分じゃないですか。 なんかちょっと人間的に成長したかな〜?なんて思えて^^。



努力は報われるか

 外国語学習は、基本的にはやればやっただけ、成果が出ると思っています。スポーツや芸術と違い、個人差も少ないし、何しろ日本語を習得した実績があるのだから、外国語だってやればやっただけうまくなるはず。


 但しそれは、長期的に見た場合の話。

 短期的には、やってもやっても、成果が見えない時期があるのが現実です。


 「必ず成果が出る」と信じすぎると、却って辛い。成果が出ないと見るや、簡単に挫折してしまうことにもなるでしょう。

 「努力は報われる」と信じすぎず、半分くらい「ダメ元精神」を混ぜておき、楽しみながら続けたほうが、精神衛生上、良いんじゃないかな、と思っています。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
水面下の成果 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる