うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 三日坊主の正体

<<   作成日時 : 2017/01/20 12:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

 ここ10日ほど、冷え性を改善できないかと思って、足のストレッチを頑張っています。


 結果的に、ひどい冷えは緩和されました。

 でも完全に治ったわけではなく、そのときによって感じ方が違います。

 すごく緩和されたと思うときと、大して変わっていないと思うときと。

 ある程度の効果があったのは確かです。

 でもその「ある程度の効果」に満足できるかが、そのときによって違うんです。


 「この程度の頑張りで、こんなに良くなってラッキー♪」と思うときと、

 「こんなに頑張っているのに、なんだこの程度か」と思うときがある。

 客観的事実は変わらない。ただ自分の感じ方が違うのだと思います。





 これを始めた最初の一日は、効果てきめん!と思いました。

 わたしにはよくあることですが、その日も足の甲が「冷える」を通り越して痛かったんです。コタツに足をつっこんでいるんですよ。なのに、暖かいコタツの中で、自分の足だけが氷のように冷えて痛い。もう本当に辛くて、なんとかならないかと思ってググったらこんなページを見つけ、試しにやってみたら、即効性がありました。その日のうちに効果を感じたんです。足の甲の痛みがかなり緩和され、「これを続けたら、冷え性なんてすぐ治るのでは?!」と期待しました。

 それで二日目以降はいろいろ自分流にアレンジして、もっと頑張りました。

 「足の甲が冷えるってことは、足のもっと上のほうの血流が滞っているってことだから、脛の筋を伸ばしたり、よく揉んだほうがいいよ」と夫が言うので、テニスボールで膝の裏をグリグリしてみたり、ギョウザの皮用の麺棒をスネにコロコロしてみたり。最初は痛かった。めっちゃ痛かった。でも気持ちのいい痛さで、ここをほぐしたらいいことあるかも、という予感がすごくしたので、せっせとやりました。

 最初は右の膝裏のほうが左より痛かったのですが、右を重点的にやったら、翌日は、右より左の痛みが気になりました。そこで今度は左足を重点的にやったら、その翌日はまた右のほうが痛い気がしました。

 妙なのは、「右を頑張ったおかげで、右足の痛みが左足より軽減された」とは感じず、「右を頑張ったら、今度は左足が痛くなった」と感じることです。おそらく右足の痛みが軽くなったんだろうに、左足の痛みが増したように感じてしまう。

 おそらく、前の日の同じ足の痛みと比べるんじゃなく、痛くないほうの足と比べて、痛いほうの足を不満に感じるのでしょう。

 それでも毎日、左右交互に痛いほうの足を重点目標にしているうちに、5日ほどしたら、両足共に膝裏の痛みをほとんど感じなくなりました。つまり、マッサージのおかげで右も左もだいぶ筋肉がほぐれたんだと思います。



 ところがこれでハッピーエンドかと思いきや、そうではなかった。

 今度は、「筋肉がほぐれた割には足の甲の冷えは、そう良くなっていない。なんで?」と思えてきたんです。

 以前のように「痛い」まではいかないけど、やっぱり冷える。なんで?と不満を感じるわけです。




 やっても効果がない気がする。いや、効果はあるかもしれないけど、微々たる量で、努力に見合ってない気がする

 これがいわゆる「スランプ」、そして三日坊主の原因なのでは、と思いました。良い習慣が続けられない原因。


 なんでもそうですが、やった以上は「全く何の効果もない」ということはない。なんらかの効果はあるはず。

 実際、習慣を始めた最初の一日は、その効果をすごく感じます。

 そりゃそうですよね、初日というのは、「無」から「有」への変化があるんだもん、そりゃあえらい違いを感じる。

 外国語だって、「ありがとう」と「こんにちは」が言えるようになれば、一日目はそれでもう、鬼の首を取ったような気分になり、一気にペラペラな自分を夢見る。


 ところが二日目、三日目となると、もうそうは行かない。一日目のような劇的な変化を期待するんだけれど、すでに「有」から「有」への変化だから、言えるフレーズがいくつか増えたとしても、一日目ほどの満足感は得られない。

 更に、そのうち一つでも忘れようものなら、もう自分の努力は水の泡のような気がしてしまう。もっとやらないとダメなのか?、それともいくらやっても無駄なのか?と早くも思い始め、面倒になってやめてしまう。

 ―――これが三日坊主の正体なのかなあ、と。





 わたしのひどい冷え性は、たった10日でだいぶ改善されました。冷え性の改善と共に、ホットフラッシュも目に見えて減りました。

 考えてみれば、すごい変化です。


 でも、それですら、「これっぽっち」と思う自分がいる。

 良くなればなるほど、「冷え性から完全に解放される」という目標からの距離を感じてしまう。




 ネガティブ思考ってこういうことなんだな、と最近つくづく思います。

 嫌なことばかりが目についてしまう。

 足りないものを数え上げてしまう。

 いつも不満タラタラ。これでは満足になりようがない。



 「足りない分」ではなく「いま持てるもの」を数えなくてはダメだと思う。

 「これっぽっち」と思ったら、「こんなにすごい」と言い換えてみる。


 「これっぽっちの進歩」は、本当は「すごい進歩」。

 ただ見方が違うだけ。



 進歩に感謝できない

 それが三日坊主の正体。



 そしてそれは、ありとあらゆる不幸の源だと思います。

 だってバチ当たりだもん。

 感謝を知らない人に、天も世間も決して味方してくれないだろうと思うから。





画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
三日坊主の正体 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる