うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS Duolingo英日コンプリート

<<   作成日時 : 2017/06/18 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 Duolingoで、英日(英語話者のための日本語コース)をコンプリートしました



 ・・・え? そんなコースあるのかって・・・?


 それがどうも、あったらしい。実はわたしも今日知ったばかりなのですが。


 パソコン版はまだ開発中ですが、なぜかiOSバージョンが先月、先行公開され、続いてアンドロイド版も公開された模様です。

 わたしはたまたまフレンドのページに日本語のレベルがついているのを今日見つけ、「これは一体なんじゃああっっ・・・?!」と焦って調べた。

 こちとら日本語話者なのに、外国人に先を越されたのが悔しくて、なんだか必死に調べてしまった。



 今まで入れていたDuolingoアプリのバージョンではサポートされていなかったので、仕方なく最新バージョンにバージョンアップしました。

 そしたら案の定、アプリの使い勝手が変わってしまい、勝手がわからなくてしばらくオロオロ。

 おまけに広告が表示されるように・・・。うう、高くついてしまった。


 ・・・ま、後悔はしてませんけど。



画像 → 画像

言語選択の画面はすごくきれいになりました。
左が以前使っていたバージョン、右が最新バージョン。




 さて英日コースの内容ですが、一部にサブカルの味付けが色濃く、なかなか笑えるコースとなっています。

画像 画像


 「わたしと一緒にコスプレしませんか?」って・・・。

 その例文、重要ですか? ・・・うん、きっと重要なんだね。覚えてそのまんま使うんだね(笑)。

 しかし、cosplayって動詞あるんですね。まさしく「コスプレする」。

 オタクにsがつくのも新鮮〜。そっか、オタクって形容詞じゃないんだー。加算名詞なんだー。オタクが一人、オタクが二人、オタクが三人・・・。

 こういう表現は日英コースでは学べない英語。インバウンド対策に使えそう。



 まだ正式ベータ版も出ていない状態なので、多少の問題はあります。

 兄や姉、弟、妹を英訳する際にいちいちelderとかyoungerを入れないとバツになるとか、「〜してください」は必ずpleaseをつけないとバツになるとか。いくつかレポートを出しておきましたが、まあでも現時点でもまずまずの出来と思います。



 いろんな意味で特殊、いろんな意味でメンドクサイ日本語。このコース完成までには大変な苦労があったことと思います。

 その開発物語のさわりがスマホ限定英日コース公開の公示ページに書かれています(英語)。※ スマホアプリで英日コースにしたまま、同じIDでパソコンのDuolingoにログインすると、コース変更を要求されます。

 ローマ字→かな→漢字のような手順を踏まず、最初から漢字入りの文から入ることにこだわったと。たしかに画期的。それが外国人にとって吉と出るのか凶と出るのかは分かりませんが、日本語らしい日本語から入ってもらえるのは、日本語話者としては大変嬉しいことです。ちなみにこのコースは日本語検定5級に受かるようなカリキュラムで作られているそうです。Duolingo内に留まらず、Duolingoの外でまず資格試験に対応するというのはすごく良いことだと思います。

 また、このページにはコメントがたくさん寄せられています。なんでiOSだけなの?っていうアンドロイドユーザーからの文句が大半だけど(^_^);そのコメント主たちのフラッグを見るのもまた楽しい。ありとあらゆるコースに手をつけた猛者がいっぱい。ああ日本語コースっていうのはこういう人たちが首を長くして待ち望んでいたコースなんだなあ、と感慨深い。




 英日コースは現時点ではDuolingoで一番短いコースだそうです。

 テストアウトで大半、そのあと全部終えてレベルは9。

 1年3ヶ月ぶりのコースコンプリート。トル英、日英、英トル、英西、アラ英、西仏、仏西、英仏、アラ仏、仏英(http://kiriusa.at.webry.info/201603/article_8.html参照)に続き、11個めのツリー完成です。

 見慣れた金箔フクロウのスタチュー、いつもはなんとも思いませんでしたが、スカーフが日の丸だと、なんだか特攻隊に見えますね。


画像






 ところで話は変わりますが、今回入れたアプリのバージョン、なんかヘーンな仕組みです。一つ間違えるごとに一つライフポイントが減っていき、ライフがゼロになると新しい単元に進めなくなるみたい。(満タンは5)

 で、ライフを回復させるには、以下の4つの手段がありそう。

1.既習の単元を復習をする(1課につき1ポイント回復)
2.時間が経つまで待つ(1ポイントにつき4時間以上!!)
3.ジェムストーンでライフを買う(5ポイントにつき350ジェム!!)
4.広告を20数秒見る

 一番.手っ取り早いのは広告を見ること。でもこの仕組み、どうも腑に落ちない。わざわざ学習意欲を削いでいるような・・・? 「タダで学習できると思うなよ」ってことでしょうか。うーん、言い分はわかる。わかるんですが、今まで完全無料だっただけに、ヤル気をそがれるのはたしか。

 ちなみにジェムは現金で買えます。

 とまれ、この辺はまだちょっと試しただけなので、勘違いなどがあるかも? その場合は後日訂正・加筆を入れます。コースによっても違うかもしれません(わたしが試したのは英露)。

 あと、これまでのリンゴットとジェムの関係もよくわからない。パソコン版はまだリンゴットだし。まだいろいろ謎だらけです。



 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
Duolingo英日コンプリート うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる