うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア語検定に申し込んでしまった

<<   作成日時 : 2017/08/25 13:52   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

 ロシア語検定に申し込んでしまいました。思い切った! 頑張った!(いや、まだ申し込んだだけだけど^^;)


 申し込んでみてまず最初の感想は、

 検定ってお金かかるなあ〜!!です。

 6、7年前、娘たちの教育費で金銭感覚が崩壊してしまったせいで、ここ数年、DELEだの通訳案内士だの、1万円以上もする試験に毎年平気でお金をつぎ込んできましたが、思えばとんでもない贅沢でした。

 娘たちが巣立ち、そろそろ老後の資金を貯めはじめなきゃ、と我に返ったところで始めたロシア語。せっかくここまで比較的ローコストに学んできたのに、検定を受けると決めたら、いきなりまたすごい出費でクラクラしました。

 4級の過去問5回分3.350円(送料込)+検定料(手数料込)5,324円=8,674円〜〜〜!!@@


 支払いを済ませたら、なんだかどっと疲れちゃった。

 ああ、こんな大金払って落ちたらどうしよう〜?!

 それより、受けに行かれなくなったらどうしよう〜?!

 幸い会場が近いから、もし熱が出ても、這ってでも行くぞ!

 それより、日取りを間違えないようにしないと。DELEで間違えた前科があるからなあ。あのときは前倒しに間違えたからまだ良かったようなものの、交通費と労力を無駄にかけてしまった。今度こそ、間違えないようにしないと。




 ・・・というか。

 ちゃんと受けに行かれて、よしんば受かったとして、それが何?

 夫は「履歴書に書けないような資格に金を使う意味なし」ときっぱり。

 うう・・・、正論すぎて、反論できない・・・。

 確かにそうなんですよねえ・・・、そうなんですよね、モチベーション維持のためになんで8600円も払ってるんだろう? 豪快すぎだろ・・・。


競争原理の働かない資格ビジネス

 最近はインターネットの発達で、語学はお金をかけなくてもできる趣味になりましたが、検定試験に足を踏み入れると、途端に出費がかさみます。

 30年間デフレの一途を辿っている日本経済も、教育費だけはなぜか右肩上がり。わたしが英語以外の検定試験に足をつっこんだのは2005年、フランス語検定5級でしたが、当時の記録に検定料2,000円とあります。

 今いくらなんだろう?と思って調べてみたら、5級検定料3500円! 手数料250円を入れると3750円・・・! 12年で倍近い値上がりであります。

 こと教育費に関しては消費者意識が作動せず、値段で比較するということがない。いくら仏検の検定料が高くても、「じゃあ英検にしとくか」ってわけにはいきませんから。つまり競争原理が働かないわけです。他に選択肢がないから、言われるがままに払うしかない。げに資格ビジネスは殿様商売であります。


ロシア語検定は上に行くほどお得

 とはいえロシア語検定で一ついいなあと思うのは、上の級に行くほど割安感があることです。一番下の4級が5,000円というと高いけれど、3級6,000円、2級・1級は7,000円。過去問も、級が上がっても、お値段据え置き。

 上位級でも二次がなく、コストがかからないのがリーゾナブルな価格の理由だと思いますが、この料金設定は良心的だと思う。だって本当に苦学している人は、いきなり2級なり1級なりを受けて受かりさえすれば、履歴書に書ける資格が7,324円で手に入れられるんだものね(過去問5年分を入れて10,674円)。

 上位級は合格率が低く、一発で受かるのは難しいから、何度も受け直す可能性まで考えると、本当に資格を必要としている人にとって上位級の検定料が安いのはありがたいことだろうなと思います。

 一方で、下位級は合格率も高いし、そもそも必要に迫られた受験ではない。自己啓発とかモチベーション維持が目的の、言わば趣味的な受験。「受けない」という選択肢があるのだから、受験料が高くてもいいっちゃいいわけです。

 上位級に行くほど受験者数は減るから、ボリュームゾーンの3級や4級からの上がりで2級、1級の実施が成り立ってるかもしれない。

 つまり趣味的な下位級の受験が、切実な上位級の実施を支えているといえるわけで。

 ―――そう思ったら8,600円の出費もなんだか腑に落ちました。いいよ、いいよ、これしきの金額、喜んで払うよ〜!(・・・って、いきなり太っ腹^^;)


 要は、搾取されてるんじゃない、自分が支払ったお金がちゃんと役立ってるという実感があれば、気持ちよく支払えるんですね。

 
 でもいつか1級は無理でも2級くらいには受かって、わたしも割安感を享受したいなあ〜!(夢)



 ところで各級の難易度が比較的似通っている思われる検定の検定料を比べてみました(※ 手数料除く・国内本会場受験・単願の場合)。赤字は口述試験あり、紫字は朗読試験あり。受験者数は2016年の延べ申し込み人数。

  英検  仏検  独検  露検 
受験者数3,393,520人26,054人14,304人 1,422人
 1級  8,400円12,000円12,000円 7,000円
準1級  6,900円10,000円10,000円 ―――
 2級  5,800円 8,000円 8,000円 7,000円
準2級  5,200円 7,000円 ――― ―――
 3級  3,800円 5,500円 6,500円 6,000円
 4級  2,600円 4,500円 4,500円 5,000円
 5級  2,500円 3,500円 3,500円 ―――


 おお! 表にすると割高・割安が一目瞭然! 受験者数が桁違いに多い英検が安いのは当然として(もっと安くできるはず)、受験者が少ないロシア語検定、頑張ってるなあ〜!

 ロシア語、お得!! なんだかいきなりやる気出てきたぞ。 


 まずは4級、ガンバロ♪ 8600円を無駄にはすまじ!




 ※ そういえば西検アラビア語検定も、口述試験つきの3級が7,000円というのは良心的。でも3級という名前の級に7,000円も払うと思うと、割高な気に思えてしまう。たかが名前、されど名前、ですね。




画像
キエフ風カツレツを作ってみた
名前はウクライナっぽいけど、ロシアでも食べられていると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
ロシア語検定に申し込んでしまった うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる