うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルシャ語のターロフ

<<   作成日時 : 2017/11/28 21:59   >>

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

 中央アジア→タジク語(ペルシャ語)という流れでいろいろ調べていたら、こんな表現を見つけました。

متشكرم، چشم شما قشنگ ميبيند
(ありがとう、あなたの目がきれいなのよ)
(柴田武編『世界のことば小辞典』 p.411)

 褒め言葉に対する決まり文句だそうです。

 ここで言う「目がきれい」とは、「モノの見方が好意的」という意味でしょうか。なんともきれいな表現ですね。

 褒められた時ってけっこう返答に困ります。英語だったらThank you for the compliment.(お褒めの言葉ありがとう)って言えますが、日本語だと「えー、そうかなー? ありがとう。てへっ」みたいな? どうもしまらない。それに比べ、ペルシャ語の表現のなんと気が利いていることか。こういう定番の「返し」があると便利ですね。



 調べたところ、ペルシャ語には他にも「ターロフ(タアーロフ تعارف‎‎ taarof)」と呼ばれる社交辞令、もしくは気配り的な慣用表現がたくさんあるようです。

دست شما درد نکنه (forvo発音
(あなたの手が痛みませんように)

 これは誰かに何かしてもらった時にかけるねぎらいの慣用表現。東外大言語モジュールのスキットにも出てきます。

 こう言われた人は、

سر شما درد نکنه (forvo発音
(あなたの頭のほうこそ、痛みませんように)

と言って、逆にその気遣いをねぎらう。


 トルコ語でも食事などを作ってもらった際、以下のように言います。

Elinize sağlık.
(あなたの手が健やかでありますように)

 これも同じ発想ですね(過去記事参照)。



 イランで人の家を訪問する際に花を持って行くと、こう言われるそうです。

چرا زحمت کشیدی؟ خودت گلی
(なぜ気を使うの? あなた自身が花なのに!)

 日本でも「気を使わないで。来てくれるだけで嬉しいんだから」と言うことがありますよね。それと同じなのでしょうが、「あなた自身が花」とは、ちょっと気恥ずかしい。


 また、ペルシャ語圏では人に背を向けるのは失礼らしく、人に背を向けざるを得ないときは「失礼」と挨拶するそうです。それを言われた人は、以下のように答えるのだそう。

بفرمائد، گل پشت و رو ندارد
(いえいえ、花には後も前もありませんから)

 そういわれた方は、相手をナイチンゲールに例えて返す。

بلبل پشت گل میشینه
(花の後ろに夜鳴き鳥)


 ・・・いやはや、社交辞令もここまでくると芝居がかっていますね。



 こういう新しい発想が学べるから、ついいろんな言語に手を出したくなるんです。

 外国語を使うというのは、日本語の音を、ただ別の音に置き換えることではない。日本語にない表現、概念を含んでいるから、外国語は面白いなあと思うのです。



 

参考:
 Iranians are Flowers, or The Art of Taarof Part 3
 Persian idioms/Taarof
 舵茂樹他編『辞典 世界のことば141』 p.277
 柴田武編『世界のことば小辞典』p.411
 朝日ジャーナル編『世界のことば』 p.48


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
ペルシャ語のターロフ うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる