うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 本の買い置きの是非

<<   作成日時 : 2018/01/17 11:07   >>

面白い ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

 国連公用語であるロシア語はいつか必ずやろうと思っていたので、昨年始める前から、本やら辞書やら、安いのを見つけるとちょくちょく購入していました。

 買っておいて正解だったと思っています。いますごく役立っているから。もっと積極的に買っておけば良かったとさえ思う。特にNHKのテキストなどは、後からでは手に入りにくいので。


 その後悔が、今の消費行動につながっています。つまり、中国語や韓国語のテキストで安いのを見つけると、つい買ってしまう。

 特に韓国語は、吹き荒れていた韓流ブームの嵐がここのところ一息ついているものだから、中古の教材が値崩れを起こし、完全な買い手市場。なので嬉しくてつい買っちゃう。

 ロシア語だと2000円するシリーズが、韓国語だと200円で買えたりする。するとロシア語の代わりに韓国語を買って我慢、とか。意味不明ーー( ̄∇ ̄)ゞ



 そんなわけで、我が家には中国語・韓国語のテキストが気づけばこーんなに・・・!


画像
中国語。
現地で買った絵本も含む。


画像
韓国語。



 このありさまを見て夫が一言:「どうかしてる」

 うん、確かに。どうかしてる\(^o^)/

 こんなにあるとは、出してみて自分でもびっくり。



 安く買っているので、金銭的には大した額ではない。


 でもはっきり言って邪魔。場所塞げ。


 学習の妨げにもなる。ロシア語の。

 持っていたら、つい開いてしまうじゃないか。

 やりたくなってしまうじゃないか。



 プレッシャーにもなる。将来こんなにいっぱいやり切れるのか?

 特に中国語は、これまで何度もハマろうとしてハマれなかった言語。

 このまま一生ハマれなかったら、このテキストたちは一体どーなるの?

 

 以前「外国語の始めかた」という記事で
読むかどうか分からない本を買ってはいけない
と書きました。

 その戒めを自ら破ってどーする!



 これはいかんと思う。

 「読みたい」が「読まねば」に変わってしまうと、途端に語学は娯楽から義務へと変わってしまう。

 まずいです。これは非常にまずい。

 せめてこれ以上は増やさないよう努めようと思います。

 中国語と韓国語はいくら安くてももう買わない!



まとめ

 本の買い置きは得か損か。

1.金銭的な観点

 1−1.将来活用すれば得

 1−2.将来活用しなければ丸損

2.モチベーションの観点

 2−1.現在学習中の言語の妨げになる

 2−2.将来学習するときのプレッシャーになる


 うーむ、総合的に見て、得ではない気が・・・。

 金銭でちょっとばかり得だったとしても、その分モチベーションをソンしてどーする!



 今やらない言語は、わたしもこぐまさんを見習って、箱に纏めてしまい、やる日まで封印しておこうかな。

 ・・・ウン、それがいいかもしれない。「今はこれをやる」って分かった方がいいものね。


 とにかく、遅ればせながら、状況が把握できて良かった。

 やっちゃったことは仕方がないとして、今後軌道修正していこう。








 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
本の買い置きの是非 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる