峰本のてんぷら膳

天ぷら定食


きりんの冬休みも今日で4日目。早くも中日を迎えました。

今回の冬休みは「外食週間」にしよう、って最初から決めていました。最初はどこか温泉にでも行こうかと計画し、行き先を探していたのですが、ご多忙な娘たちはどうせ一緒に行きたがらないし、夫婦二人だけで行くのも何かつまらないような気がして、結局どこへも行かないことにしました。その代わり、近場で外食でもしようということになったの。

本当は毎日食べたかったのですが、あいにく3日目の昨日は終日PTAが入っていて出かけられませんでした。珍しく他の三人がオフだったのに~~! なぜそういうときに限って、一年で最も忙しい実行委員会なの~?!  いつもPTAの会合を楽しみにしているわたしも、昨日ばかりは仮病使って休もうかと思っちゃったわよ。‥結局出席しましたが。

‥そんなわけで、今日は二日分の気合が入っていたはずなのですが、「どこにする? どこにする~?」と悩んでいるうちに面倒くさくなり、結局、これまで何度か入ったことのある鎌倉峰本にしました。入ったことのある店っていうのは安全パイなのよね。ハズレないのが分かっているから。

注文した料理はこれまた無難に天ぷら膳。お蕎麦+天ぷらであります。
‥うーん、とってもオーソドックス!

天ぷら定食出てきた料理はこれ(左写真)であります。予想したとおりの美味しさでした^^。

特に美味しかったのはもずくのみそ汁。これはきりんも気に入っていました。

でもそれってわたしにしてみれば、すごく意外! だってきりんって、納豆とかナメコとかオクラとか、ネバネバヌルヌルはすべからくダメなんだもの。もずくも当然嫌いだろうと思い、だからいままで一度も食卓に並べたことがなかったのです。

40過ぎにしてようやくもずくの美味しさに気づいたか。
おめでとう!
それならこれは我が家でも作るっきゃありません!
早速スーパーで味のついていないもずくを買って帰りました。


天ぷら定食‥で、付け合せは一体何にしよう? ちょうど蕎麦の見切り品があったのでそれを買い、どうせならお昼同様てんぷらも作ることにしました。わたしは昼と夜のメニューが同じになってしまうけれど、きりんは幸い別のメニューを頼んでいたので。

ただねえ、ざる蕎麦に天ぷらって難しい。蕎麦は茹でたてでなくては美味しくないし、天ぷらは揚げたてでなくては美味しくないから。峰本ではこの上、アツアツの茶碗蒸しがついてきましたが、3つ同時に仕上げるのはどう考えてもわたしには無理なのでやめました。

天ぷら+蕎麦の2つでも充分難しい。これは手順が勝負だな、と思い、行き当たりばったりのわたしには珍しく、最初に段取りを考えることにしました。

① まずは薬味類を用意する。(ネギ、大根おろし)
② 千切りサラダを作る(大根・玉ねぎ・レディサラダ・キュウリ・にんじんを千切りにし、水に放しておく)。
③ 米をとぎ、炊飯器のスイッチオン。
④ だし汁を作る。
⑤ だし汁の一部で天つゆとそばつゆを作る。
⑥ 天ぷらの材料(かぼちゃ・なす・玉ねぎ・にんじん・ちくわ・大葉)を切る。
⑦ かぼちゃは火を通すのに時間がかかるので、予め電子レンジで加熱しておく。
⑧ みそ汁の具(もずく、豆腐)を鍋にすぐ入れられるような状態に準備。
⑨ 使用する食器類や箸をテーブルに並べておく。
⑩ 千切りサラダを皿に盛る。
⑪ みそ汁を作り、脇にどけておく。
⑫ 蕎麦をゆでる湯を沸かす。
⑬ 天ぷらを揚げ始め(大葉・かぼちゃ・なす・ちくわ・掻き揚げの順)、揚がったものから油を切り、皿に盛り付ける。
⑭ 掻き揚げを揚げる直前に蕎麦(加熱時間2分半)をゆで始める。
⑮ みそ汁を温めなおす。
⑯ ご飯とみそ汁を装う。
⑯ 蕎麦を冷やし、掻き揚げを引き上げて皿に盛る。

‥ここまで考えて、それを忠実に実行したにもかかわらず、天ぷらをいくつか焦がしてしまいました。敗因は、
① のりを刻むのを忘れていて、天ぷらを揚げている間に慌てて刻んだ
② 蕎麦を冷やす時間を甘く見ていた。

これでも最後のほうは娘二人に手伝ってもらい、人海戦術で臨んだのですが‥。天ぷらを揚げている間は娘に指令を出したり、ちょっと手を貸したりするだけでも大変でした。

‥でもまあ、天ぷらもカラッとしてあたたかいうちに食べられたし、蕎麦も茹でたてだったし、まあ、全体としては美味しくできたかな♪ 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック