ハッピーバレンタイン♪ テイスティングチョコとパセリ尽くし

テイスティングチョコ


ホントはチョコ作りなんてガラじゃないんです、わたしは。
お菓子作りにかけては娘たちのほうがよっぽど上手。
特に、甘党のネネなどは、お菓子にかける意気込みが違う。
第一、甘味に関して味覚の感度が違う。
甘党でないわたしには到底勝てっこありません。

でもそんなわたしも、一年でこの日ばかりはチョコレート菓子を作らないわけにはいきません。
だって、ホワイトデーにわたしだけお返しもらえないの、やだもーん!
買って済ますのも、なんか娘たちと差ついてるみたいで、やだもーん!
苦手だろうがヘタクソだろうが、この日ばかりは手作りのチョコを愛するダーリンに捧げないわけにはいかんのです!

‥というわけで、バレンタインデーというのは、わたしにとってかなり頭の痛い日なのですが、
今年は見た目オシャレで、作るの簡単、おまけにイベント性まであるありがたいアイデアにありつくことができ、無事バレンタインデーをやり過ごすことができました^^。

テイスティングチョコこれ、自由が丘にある製菓材料専門店「クオカ」で買ったもので、「テイスティングチョコ」、つまり試食用のチョコレートであります。カカオマス27%のクリーミーなホワイトチョコから、ミルクチョコレート、ビターチョコを通り、カカオマス99%というキワモノ(?)チョコまで(いずれも舶来品)、8種類のチョコレートが薄い正方形に切られて入っているものです。(詳しくはこちら

それぞれの試食用チョコの上に、湯せんした別のチョコレートを接着剤代わりに、ドライフルーツを乗せただけで、ちょっとオシャレなチョコレート菓子の出来上がり♪
見た目がお洒落なだけでなく、「カカオマスがどれくらい入っているとどのくらい苦いのかな、という興味もそそり、ホームパーティにはもってこいの一品となりました。

最初は、別のチョコレートキットでも買って作ろうかと思ったんですけどね、ネネが「これいいよ~。欲しい~。買おう~」とせがむものだからつい‥。

こと甘いものに関して一家言も二家言もあるネネ様がおっしゃるには、「日本のチョコはうそくさい味がする。外国製のチョコはホンモノの味がする」ですと。ほんまかいな? ときどき海外で安物のチョコ買うと、えらい破壊的な味がするけど(汗)。ネネ様、あなたがおっしゃるのは、あくまで日本のデパートで扱っているような、一部の高級舶来モノ、ってことでオッケー?? でもこのテイスティングチョコは確かに、かなり美味しかったです。(値段も張るけどね!)

ビターなチョコが好きなわたしは、72%あたりが好きかな~。
99%はひたすら苦い><;; 人間の食べるものじゃない感じ。
80%でもかなり苦い。この辺はチョコレートソースをかけておいしく食べられました。

ところで、チョコレート以外のバレンタインメニューは、と申しますと、これが見事にフツーの夕食。せっかくのバレンタインなんだから、和食はやめてお洒落に決めようと思ったのですが、前日、山のようにパセリを買ってしまい、その上当日、八百屋さんがオマケにまたパセリをくれちゃったものだから、とにかくこのパセリの森を消費しなくては!と焦り、パセリ尽くし^^;。

幸い、ネットでパセリを使ったいろんなレシピのページが見つかったので(教えて!goo パセリを使ったおいしい料理、パセリの保存)、参考にしました。ただパセリ大量消費が前提では、「バレンタインデーにふさわしいお洒落な洋風メニュー」なんていう贅沢は、この際、言ってられませんでした。

パセリパセリパセリ


そんなわけで、左から、パセリのマヨネーズ和え、パセリの佃煮、パセリのポタージュであります^^。
実はピザにも乗ってたりなんかして^^;。でもこれはミステイク。わたしは「バジルをのせてね」って言ったはず。なのに子供たちが作ってくれたピザにはパセリが散っていた‥(汗)。

画像パセリっててっきり脇役だとばかり思っていたら、なんと、こうして主役を張ることもできるんですねえ~。

パセリのポタージュはわたしも考えましたが、いきなり挑戦するにはちょっと勇気が要りました。だってそのままだと苦そうで‥。それでレシピを探したんです。じゃがいもを入れるといいんですね。ポタージュのレシピはいくつか見ましたが、いずれもじゃがいもを入れていました。じゃがいもを入れると、パセリの臭みがほとんど分からなくなり、ほとんど緑色のビシソワーズの世界^^。中華用に作って冷凍しておいたニンニク入りの鶏ガラスープを使ったので、風味が単調にならず、けっこう美味しくできました。

パセリってうちの近所では一袋100円くらいで売っているのですが、これが袋から出すと、すごい量なんです。3分の一でいいから50円で売ってくれ!といつも思うのですが、どこで見ても大袋(涙)。脇役的な使い方だと、お弁当の玉子焼きやパスタ、煮物など、ありとあらゆるものに混ぜ込んだり散らしたりしても、一度買うと全部食べきるまでに2~3週間かかるんです。こうなると、傷んでくるのと使い切るのとどちらが早いか、という世界。

でも今回、パセリ尽くしにしてみたら、膨大にあったパセリが、一晩で3分の1に減りました!(まだ残っているところがすごいが(笑))。パセリの佃煮など、きりんに好評だったので、また作ろうと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック