2008年 秋の益子陶器市 戦利品

蒸気機関車


昨日は秋の益子陶器市の初日。毎年恒例のこの行事に、今年も参戦してきました。今回の陶器市は収穫が多く、また娘と一緒だったこともあって、例年にも増して楽しい一日でした。

今年は益子での自由滞在時間の長いツアーがなかったので、横浜から4時間かけて電車で行きました。読売旅行が滞在時間3時間というツアーを出していて、交通費も若干電車より安かったので迷ったのですが、うーん、やはり3時間は短い。やはり4時間はほしいんです、わたしは。クラブツーリズムさん、ぜひぜひ来春は益子4時間滞在ツアーを復活させてください。お願いします! (原油価格も下がってきたことだし、できれば3980円でよろしく♪)


 しかし、電車は乗ってさえいれば着くバスと違って大変です。しかもわたしというヤツは本当にマヌケで、今回も失敗だらけ。今後同じ失敗を繰り返さないために、備忘録としてここに記しておきます。

 失敗その1:少しでも交通費を安くしようと、高校生の娘の学割許可証をもらっておいたまではよかったのですが、詰めが甘かった…。朝早くってみどりの窓口が開いていなくて、往路は学割運賃で切符が買えませんでした(涙)。次回は前日までに往復共に買うベシ!

 失敗その2:ジョルダンの乗り換え案内でせっかく調べてプリントアウトしておいた乗換え手順を家に忘れてきてしまい、どこで乗り換えるのか、乗り換え時間はどれくらいかがわからなくて困りました。幸い娘のケータイで調べなおし、事なきを得ましたが、ケータイでネットにアクセスすることを思いついた頃には、電車はすでに渋谷を過ぎていて、赤羽での乗り換えになんとか間に合った感じ。しかしケータイって便利~!

 失敗その3:小山で乗り換え時間が17分もあったので、駅の構内で朝食を食べることを思いついたのだが、これは無謀だったようで、食べ終わらないうちにタイムリミット。パンを片手にホームまでダッシュ! 猛スピードで階段を駆け下りてくる我々に気づいた親切な駅の係員さんが列車を待たせてくれて、1時間に1本しかない水戸線に無事乗り込むことができました。でも娘には「せっかくの朝食なのに、食べた気がしない。それってすごくもったいないことだと思わない?」と叱られました。うん、まったくそのとおりだね。次回からは絶対こういうことはしないようにしよう。

 失敗その4:下館駅で、「真岡線、真岡線…」と思っていたら、益子ではなく、真岡までの切符を買ってしまった…。幸い時間があったので、駅で払い戻しをしてもらい、益子まで買いなおすことができました。

 朝っぱらからこの失敗続きで、「ママと一緒なら、どんな失敗しても、結局なんとかなる気がしてきた」という娘の妙な信頼を得ましたw。うん、でもそのとおり。人生、失敗してもなんとかなるものさっ!

 失敗その5:真岡線の帰りのダイヤを行きに調べたまではよかったが、3時半以降しか調べなかった。今回は意外に早く満足感でいっぱいになり、益子の中心街を後にしたのが2時半ごろ。駅には3時前には到着していたが、やってきたのはSL。SLに乗るにはSL整理券(一人あたり500円)が必要。でも普通の電車がくるのは1時間後なので、やむなくSLに乗車。余計な出費がかさんでしまった。でも娘に言わせると、「これは失敗じゃない。失敗と思って乗ったらそれこそ500円がもったいない。SLに乗れてよかったと思うべしっ!」なのですと。それもそうだと思い、SLの写真をバシバシ撮り、500円の元を取った気分になることにしました。でも次回二時台に帰るなら、もう少し早く出て、2時40分益子発の下館行きに乗るゾ。


実ウリアイビー

 益子ではさしたる失敗もなく、ただただ楽しいばかりでした。今回は娘の提案で、なるべく店には入らず、ひたすらテントを見て回りました。特にわたしが一番好きなのは、共販センターの横道から入ってメッセへと上る坂道と、頂上を経て、かまぐれの丘へと降りてくるあたりです。この辺は公園で開放感があり、景色もきれいだし、若手作家のテントが多く、新鮮です。

 春にはつつじやパンジーが咲き乱れ、タケノコが土から顔を出していました。陶器にも草花が添えられていたりして、実に春らしく華やいでいました。秋の今回はワタの実やアケビ、花ナスやフォックスフェイスなど、植物を売っているテントが多く、器にも赤いスイカズラの実や紫のムラサキシキブの実や色とりどりのウリが添えられていました。

 益子に行くとわたしはいつも、「日本に生まれてよかったな」と思います。和食器の美しさもさることながら、それを包む風景が美しいからです。そしてご飯がおいしいからです。日本のごく普通の景色の中で、ごく普通の器にご飯を装って食べることの幸せ…。この国の庶民に生まれ、ごく普通に生活していることの幸せを感じるのです。


カレーライス

 益子で食べた今回のお昼ご飯です。壺々炉の店先のカレーライス。前から食べてみたいと思いつつ、なかなか機会が巡ってきませんでしたが、やっとチャンス到来! 器も壺々炉のものです。サラダにかかったドレッシングがとてもおいしかった^^。

 他にも、こーんなにいろいろ食べました!
焼き餅焼き鳥せんべい


 

益子陶器市戦利品


 さてさて今回の戦利品は、写真のとおりです。大物が多かったので、金額ベースにするとこれまでで最大の6100円。でもいつもどおり、B品狙い中心です。

茶香炉  最初に購入したのは古賀賢二氏(陶房かしこ)の茶香炉。2~3シーズン前くらいから見るたびに欲しいと思いつつ、必需品ではないので踏ん切りがつかなかった一品です。今回B品に出くわしたので、迷わずゲットしました。古くなってしまったお茶を上の皿に置いてろうそくで熱するととてもよい香りです。


ピッチャー 白くて大きなのは、大好きなヨシザワ窯(on the table)のピッチャーです。これも前回の陶器市で一目惚れ。でもピッチャーというのもいまいち必需品ではないので、踏ん切りがつきませんでした。でもやっぱり欲しい~! 春に2500円だったのが、今回は2000円になっていました。それでも今回も迷って迷って、でも最初3つあったのが、次に行ったら1つになっていて、最後のひとつを手放せなくなってしまった^^;。牛乳を入れるのにぴったりだし、花器として使おうと思います。


バターナイフ 左はバターナイフです。左利き用なので、娘のちゃあ専用。若干庶民には高いお値段でしたが、ちゃあが見た瞬間から欲しがったので、即決しました。くるみの木でできているそうです。自分専用のバターナイフなんて、贅沢~ぅ!


豆皿 直径7センチほどのほんの小さな豆皿。一番奥のだけ9月に高麗で買ったものですが、これがとても便利だったので、家族分欲しくなり、今回あちこちでひとつずつ買い集めました。でも箸置よりは大きく、皿としてはあまりにも小さい、この大きさの皿ってなかなかないんですね。足がついたものや、平たいもの、四角いものを除外し、更にひとつにつき200円以内という予算の制限を設けていたので、なかなか揃いませんでした。今回はあきらめかな?とも思いましたが、最後になってパタパタと見つかり、結局家族4人分が揃いました。一番手前のは毎度おなじみ窯元よこやまのものです。これもB品で、若干真ん中がくぼんでいるせいで規格品からはずされたのだと思いますが、このくぼみこそが気に入った所以で、他の個体は考えられませんでした。


松島妙 松島妙さんのマグカップと小どんぶりです。最近わたしは学校に通っていて、学校で使えるマグカップが欲しかったのです。マグカップといって思い描くのはいつも妙さんのカップ。気に入った形・模様がB品で安く出ていたのでラッキーでした。

 小どんぶりのほうも、ネットでいつも欲しいと思いつつ見ていたものがB品で出ていたのですかさずゲット。ほんのすこし楕円にたわんでいるのがB品である所以だそうですが、気になりませーん。



 なんとなく、わたしは積極的にB品が好きなのではないかと思います。B品には規格に合格したものにはない気安さや親しみがあって、買ったばかりでも気兼ねなく使え、スッと生活の中に溶け込んできます。

 それにしても、あれだけテントがあっても、じっくり見るのはいつも同じテント、買うのもいつも同じ作者のものばかり。好きなものは徹底的に好きなんだなあ、とつくづく思います。


 さて、今回益子に行かれたみなさんは、どんなものを買われたのかな? 買ったものの見せ合いっこって楽しいですものね、ブログで益子戦利品を紹介されてる方、リンク付のコメント大歓迎♪ 陶器市はまだ明日あさって続きます。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック

  • 2010年 春の益子陶器市 戦利品

    Excerpt:  毎年恒例、春の益子陶器市に行ってきました。今回も毎度おなじみ、クラブツーリズムの陶器市4時間滞在ツアー。いつもと違っていたのは、今回初めて長女のネネを連れて行ったことです。 Weblog: うさぎメモ@多言語に夢中 racked: 2010-05-01 09:30
  • 2009年 春の益子陶器市 戦利品

    Excerpt:  半年の一度のお楽しみ、益子の陶器市に今回も行ってまいりました。今回は、バスツアーで。4時間滞在ツアーを復活させてくれたクラブツーリズムさん、ありがとう!!この調子で秋も是非是非よろしく♪ Weblog: うさぎメモ@多言語に夢中 racked: 2010-12-24 16:53