受けてよかった ドイツ語検定

 独検、ちゃんと受けに行ってきました。

 あたし、エライ!!

 ちゃんと最後まで座ってました^^。



 ・・・って、途中トイレに行きましたけど(笑)。

 試験中にトイレ行ったのって、たぶん初体験。試験が始まる直前に行ったにも関わらず、どーーーしても途中で行きたくなっちゃって・・・^^;。もしこのままリスニングに突入したら聴き取りどころじゃないと、どんどん不安になってきてしまったので、思い切って試験官に合図し、行かせてもらいました。

 冷えちゃったんでしょうか。そんなこともあろうかと、お尻に座布団敷いてたのに・・・;;

 あとから知ったことには、なんと、リスニングの前にちゃんとトイレ休憩があったんですけどねー。事前には分からなかったものだから。

 でも席がもし真ん中とか前のほうだったら、周りに遠慮して行かれなかったかも・・・><

 一番後ろの席でラッキーでした。



 とにかくなんであれ、無事に最後まで終えて帰ってくることができました。エライ、エライ^^。


 

 今日は解答がネット上で発表になり、さっそく自己採点してみました。だいたいいつも通りの点数がとれていました。合格基準が今まで通りならば、受かっていそうです。

 受験番号を間違えたとか、解答欄を間違えたとかなければ、ですけど。




 受けるまでは不安で不安で、「なんでこんなものを申し込んでしまったんだろう??」と後悔しきりでした。

 でもいざ終わって、どうやら結果もよさそうだとなると途端に、「受けてよかった、ドイツ語検定!」と思うのですから、現金なものです。




 検定試験のどこが大変って、落ちる不安を抱えつつ、それでも会場に足を運び、試験終了まで気力を保ち続けることです。わたしにとって、そこが検定試験の一番辛い部分で、だから「ただ気楽に本を読んでりゃいいものを、何を好き好んで検定なんか受けるんだろう?」とよく思います。


 でも今回、約2か月間、アラビア語や英語など、ほかの言語そっちのけでドイツ語に集中してハマれたのは、やはり検定試験という期限付きの目標を設定したからであって、もしこういう区切りがなかったら、このハマり方も、もうすこしメリハリに欠けたのでは、と思えたりもして。

 だから、やっぱり申し込んでよかったのかな?と、喉元を過ぎた今となっては、思います^^。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック