中国語で喋ってみた

 中国江南地方に行ってきました。7日間全食事つき・サーチャージ込み3万4,000円という、JTB旅物語のツアーです^^。この爆安なお値段と、3年前、個人で蘇州へ行ったときにやり残したことがたくさん含まれていたのが魅力で参加しました^^。

 前回、時期的に食べられなかった上海ガニ蘇州の魚料理を食べ、前回は遠くて行かれなかった太湖を遊覧し、西塘や杭州、紹興などを訪れました。しかも蘇州のホテルがなんと、憧れの蘇州太平洋酒店だった!! 庭がすごいという噂でしたが、確かにすごかった・・・!! これが本当にホテルの庭か?!と目を疑うほど広かったです。

 とにかく破格のお値打ちツアーで、ツアー仲間には「このツアーに参加するのは三回目」という方もいらっしゃいました。分かる気がする。わたしもこの価格でこの内容なら、もう一回くらい参加したいかも^^。人気ツアーなので、「旅物語 とくもり上海・江南8都市大周遊 7日間」というツアー名(名前がすごい(笑))で検索をかけると、詳細な旅行記がいくつもひっかかってきます。



 この旅行に向けて、11月の下旬から中国語を始めました。・・・といっても、年内はなんだか落ち着かず、あっちこっちの本をぱらぱらめくり、テキストや辞書を探したり、iTuneにCDを取り込んだりしているうちに、気付いたら年が明けていました^^;。

 やっと腰を落ち着けて中国語に向き合えたのは、もう出発前1週間という頃。さすがに焦って3連休に3日かけてピンインの読み方と発音のテキストを一冊やり、そのあと絵本を何冊か読み、出発日、空港の待ち時間に会話テキストを一冊読みました。

 すごい付け焼刃でしたが、現地ではけっこう役に立ちました。だって小さな町ではまず中国語以外、通じない。上海ですら、英語が話せるのは若者だけ。ホテルですら、蘇州太平洋酒店以外では、英語が話せるのはフロントだけ。ルームメイドはもちろん、レストランでさえ英語が通じなかったので、ほんのちょっとでも中国語が喋れてよかったーと思いました^^。

 覚えたばかりのそり舌音、得意になって発音したら、けっこう通じましたよ^^。



 ではでは中国で喋ったことを、思いつくままに、ここでおさらい~! まだ中国語始めたばかりなので、間違っているかもだけど!



Xièxie.
谢谢。

 「ありがとう」。一番よく使った言葉。お店で物を包んでもらったときとか。あと、最後にニー(あなた)をつけるともっと丁寧かも、と思って、お世話になったバスの運転手さんには、「シェシェ・ニー」と言ったりしてました。



Nǐ hǎo.
你好!

 「ニーハオ(こんにちは!)」。朝でも使えるらしく、よく使いました。



Duìbuqǐ.
对不起。

 「ごめんなさい」。人とちょっとぶつかったときとか、けっこうちょくちょく使いました。



Xīnkǔle.
辛苦了。

 「おつかれさまでした」。これはガイドさんが教えてくれた言葉。こういう言葉があるのが、同じアジアですねえ。これも運転手さんやガイドさんに言ってました。



Zǎoshang hǎo!
早上好!

 「おはよう」。一生懸命わたしが中国語を使うのを見て、ガイドさんがわたしには「早上好!」って言ってくれるのが嬉しかったです^^。



Wǎn'ān!
晚安!

 「おやすみなさい」。夜遅いときに。



Qǐngwèn, cèsuǒ zài nǎr?
请问,厕所在哪儿?

 「トイレはどこですか」。絶対使うと思ったけど、やっぱりよく使った^^。そのほか、○○在哪儿?(○○はどこですか?)というのはすごく便利で、朝食レストランで自分の麺がどれだか分からないときなどに、我的面在哪儿?(わたしの麺はどこですか?)なんてきいたりしました。



Kànkan.
看看。

 「見てるだけです」。お店でしつこくされたくないときに。でも一度、こう言ったら「おお、中国語ができるのか!」とばかり、ダーーーーーッと中国語でまくし立てられてしまい、困った(笑)。



Duōshao qián?
多少钱?

 「いくらですか?」。これもよく使いました。最初につかったとき通じなかったので、ホテルに帰って会話テキスト見直してみたら、声調が間違ってた(笑)。二度目からは通じました^^。



Tài guìle! Piányi yìdiǎnr ba!
太贵了! 便宜一点儿吧!

 「高いなあ。ちょっとまけてよ」。何度かつかいました。豫園商城で28元の櫛を25元に負けてもらったのがいい思い出^^。



Wǒmen rìběnrén.
我们日本人。

 「わたし、日本人です」。これ意外とよく使いました。「言葉の通じないヘンなヤツ」状態を、これで解消^^。



Zhèr kěyǐ zhàoxiàng ma?
这儿可以照相吗?

 「写真撮ってもいいですか」。上海博物館にて。ごく一部の展示品を除き、たいてい写真OKみたいでした。



Děng yíxià.
等一下。

 「ちょっと待って」。まだ部屋にいるときに、ルームメイドがやってきたので。出かけるとき、Wǒmen qùle.我们去了。と言ったけど、これでよかったのかな? 我们走了。のほうがよかったか? ちょっと自信なし。



Yǒu méiyǒu gānguǒ?
有没有干果?

 「ドライフルーツはありますか?」。果物屋さんにて。でも、同じ果物でも、水果(生くだもの)と干果(ドライフルーツ)はお店が別らしい、と判明。



Xiǎojie, zhè shì shénme chá?
小姐,这是什么茶?

 「おねえさん、これ、なんのお茶?」 レストランにて。見た目緑茶なのに、不思議な味と香り。みんな不思議がっていたので、わたしが代表で尋ねてみた^^。バッチリ通じましたが、帰って来た答えが、「ナントカホワチャー(?花茶)」。でも実は中国語が出来る人がいたんですね。「ああ菊茶か」ですって。そういわれれば、そんな香りでした。



Wǒ yào zhège, zhège.
我要这个,这个。

 「これ、頂戴、これ!」。レストランにて。すっかり出がらしになってしまったティーバック。急須を指さすと、ティーバックは変えずにお湯だけ足してくれちゃうので、ティーバックを指さして、これ、これ!と^^。その他、我要○○。(○○が欲しい)というのは、ホテルの朝食で麺やワンタンを注文するのによく使いました。



Hǎo chī!
好吃!

 「おいしい♪」 かわいいウェイトレスさんの笑顔が見たくて^^。



Xiǎojie, kě'ài!
小姐,可爱!

 「おねえさん、カワユイ♪」 中国人の店員さんてブスッとしていて愛想がない人が多いんだけど(特に国営店の店員!)、7~8人に一人くらい笑顔の人がいて、若い女の子はとくにかわいい。ブスッとした顔で日本語で「安い」だのなんだの言われると、欲しいものでも絶対ここでは買うもんか、と思うけれど、静かにニコニコされたりすると、何か欲しいものないかな、って探してしまう(笑)。笑顔の価値は0円じゃない。笑顔ってほんとに大事ですね。



Ràng nǐ jiǔ děngle.
让你久等了。

 「お待たせしました」。ガイドさんに言ってみたけど、通じなかったっぽい^^;。走っていたので息が切れてたのと、練習が足りなくて、一文字一文字ブツブツ切れちゃって、文として纏まらなかったのが敗因らしい。


 
 経験から分かったのは、声調が違っていたら、金輪際通じない、ということ。逆に、声調さえ合っていれば、多少発音がヘンでも、セーフみたい^^。また、文の途中で途切れちゃったら、最初から言いなおしたほうがいい。一文字一文字を同じ長さで発音すると通じやすいようでした。

 あと、中国語はわりと聴き取りやすい言語なんじゃないか、と感じました。知っている言葉はたいてい聞きとれたんじゃないかと思います。まだ始めたばかりなので、ほとんど知らない言葉ばかりなのですが、その中に、自分の知っている単語やフレーズがキラッと光って、「わー、ここだけは分かる~♪」ってかんじで嬉しかったです^^。まだ100にも満たない語彙力で、それでも少しは分かる部分があるんだから、これが500とか1000くらいでも語彙がついたらすごいだろうなー。今後がとっても楽しみです^^。




西塘
今回最も印象深かった街・西塘。
この全長1キロに及ぶ水路沿いの「煙雨長廊」という雨よけ庇のある回廊が特徴。
この日はちょうど雨だったので、その有り難みが実感できました^^。
ミッションインポッシブル3という映画の中で、トム・クルーズがここを駆け抜けたんだそう。



鵜飼
これも西塘にて。水路をゆく鵜飼。鵜飼って初めて見ました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック

  • 通じたトルコ語ベスト10

    Excerpt:  今年始めたばかりのトルコ語、早速トルコで使ってきました。 Weblog: うさぎメモ@多言語に夢中 racked: 2014-02-24 17:49
  • パックツアーで一番使える現地語

    Excerpt:  トルコに行く際、優先して覚えるフレーズを選ぶのに一番参考になったのは、自分のブログ記事でした(※ 中国語で喋ってみた)。 Weblog: うさぎメモ@多言語に夢中 racked: 2014-02-28 19:47
  • これだから発音は面白い

    Excerpt:  最近はもう、トルコ語のBusuuもDuolingoも完全放置。Duolingoはアイルランド語だけやっています。面白いわー、アイルランド語。 Weblog: うさぎメモ@多言語に夢中 racked: 2014-12-14 18:24