外国語学習のシビアな現実

 Duolingoのトル英(トルコ語話者のための英語コース)を再コンプリートしました。

 今回はすごいぞ、アイコンを全部金色にした~! この瞬間が見たくて、日英コースをコンプリートしてから約二週間、地味に頑張ってきた甲斐があった^o^



 でも再開した最初のうちは、進んでるんだか後退しているんだか分からず、辛かった。

 ちょっとやそっとやっても進まないどころか、押し戻される。一つ金色にしたと思ったら、二つ色つきが増えてたり。

 でも三つやれば、二つ押し戻されても一つプラスになる。そういうのが経験的に分かってきて、ある程度やらなきゃダメなんだと気づきました。

 そこでゲール語は放置、その分トル英に振り向けました。そしたら成果が見え始め、弾みがつきました。



 この、毎日一つでは現状維持すらできない、二つでトントン、三つでやっとわずかな成果が見えるというあたり、外国語学習の真実を如実に反映していると思う。

 つまり、「毎日ほんの少しずつでも」なんてよく言うけれど、実際は成果が発生するギリギリのラインが存在する。それ以下の勢いでは成果が見えないどころか、現状維持すらできない。

 これが外国語学習のシビアな現実であります。



 Duolingoって外国語学習の縮図。これやっていると、外国語学習のなんたるかが、単純化されて非常によく分かる。

 だから時々ウンザリする。

 でも負けない。だってこれが現実なのだから。


画像


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック