私がゲームから足を洗ったわけ

 かつてわたしはゲーマーでした。こう見えても、ある分野においてはそれなりの戦歴だったんですよ。

 得意なのはパズルゲームと落ちモノ。ぷよぷよとかテトリスとかです。スパイダーソリティアの勝率は5割。あるゲームサイトで記録した最高得点は、7年間、誰にも破られませんでした。

 華やかなゲーマー人生(?)を送っていたわたしですが、10年ほど前にすっぱり足を洗い、外国語学習に転向しました。

 その理由は、ゲーマー人生に未来はない、と感じたからです。

 ゲームは楽しい。いろいろな課題(ミッション・クエスト)を与えてくれ、それをクリアすれば、達成感を感じさせてくれます。

 でも、その達成は虚構であることに、あるとき気づいてしまった。

 ・・・いや、おそらく最初から気づいていたけれど、気づかないフリをしていたのでしょう。最初はその作られた達成感に甘んじていた。でも次第に虚しくなってしまったのです。

 だってゲームは、元からクリアできるように作られているからです。その困難はちゃんと克服できるように緻密に調整されている。ちゃんとエンディングが見られるようになっているわけです。

 どんなレアアイテムも、自分で見つけたように見えて、実はそれは意図的に仕掛けられ、最初から見つけられるように仕組まれている。

 ゲームの世界では、どんなに自分が自主的に行動しているつもりでも、実際は、メーカーという創造主の掌の上で踊っているに過ぎず、そこから決して出られない。

 良いゲームであればあるほど、そのゲームバランスは絶妙で、プレイヤーを絶望させず、なおかつ、簡単過ぎないよう、精密に調整されています。

 出来の良いゲームほど自由度が高く、なんでもできるような万能感を与えてくれる。そして、自分自身の頑張りと判断でゲームがクリアできたと思わせてくれます。

 けれども実際には、そこで得る達成感はプレイヤーを虜にするため巧妙に仕組まれた罠であり、どう動いても、創造主の裏をかくことはできない。



 一方で、実社会は未知数だらけ。外国語学習もそう。「これをやったらこういう達成が得られる」という保証はどこにもありません。

 いま目の前にある道を歩いていっても、どこに出るかも分からない。もしかしたら行き止まりかもしれない。

 ゲームなら、エンディングに通じる正しい道が、どこかに必ず存在する。

 でも実社会には、絶対確実な道などどこにもなく、どの道を選んでも結局全部行き止まりかもしれないのです。



 必ずどこかに通じると分かっている道と、もしかしたら行き止まりかもしれない道。同じ道でも、道を行く困難さはまるで違う。後者のほうが何倍も何十倍も困難です。

 「コロンブスの卵」の寓話が示すように、「できる」と分かっていることをするのと、成功が未知数のことをするのとでは別物なのです。

 実社会はゲームの世界とは違い、先の見えないことだらけです。ゲームの世界に慣れた身にとって、ここを歩むのは正直、辛い。

 だけど少なくとも、ここでは自分が主役。いま目の前にある道は、もしかしたら行き止まりかもしれないけれど、もしかしたら新たな可能性を開く道かもしれない。


 わたしは外国語学習において、小さいけれど、新たな可能性をいくつも開いてきたつもりです。

 アラビア語検定6級に受かったとき、アラビア語を教えている方に驚かれました。「アラビア語って独習できるんですね!」って。

 アラビア語検定4級に受かったときも、周りがみんな驚きました。「4級って、留学経験のない人でも受かるんだ!」って。

 3級を受けたときは、受ける前からみんなに言われました。「留学経験がないと、3級はさすがに無理よ」って。でも受かりました。


 スペイン語の通訳案内士は、学習を始めた翌年に受けて受かり、「外国語習得には10年単位の時間がかかる」という常識を覆しました。

 その二次試験は着物で受けに行き、「着物で受かる」という先例を作りました。そしたら通訳案内士を着物で受ける人が増えました。

 衣類が合否に関係するなんて、「あるわけないじゃん」と思いますか? でも前例がないと、そこが100%確信できないのです。4教科の合格を揃え、やっと勝ち取った一次の栄冠が、たかが着るもの一つでオジャンになるかもしれない。いま考えても、よく着物を着ていったなあ、と自分で思います。

 「論より証拠」とよく言いますが、前例がないというのは、「論はあっても証拠がない状態。先例がないというのは、そういうことなのです。

 一度前例を作ってしまった今、何度だって安心して通訳案内士を着物で受けに行かれ、たとえ落ちたとしても、それは着物のせいではないと確信できますが、最初の一度目はものすごい冒険でした。




 これが、わたしの新天地の開き方です。先例を作り、不可能ではないことを、身をもって立証する。

 といっても、好き好んで道を開拓しているわけではありませんがね。たまたま自分の前に先例がなかったから仕方なく。

 でも少なくとも、誰かに仕組まれた道を歩いているのではなく、結果として、何もない野っ原に、自分で道をつけたのです。先達がつけてくれた道がなくても諦めなかった。


 その価値は、やったことのない人には決して分からないでしょう。

 でもわたし自身は知っている。

 先例のないことをすることがどんなに不安で心細いか。たった一つの先例の存在がどんなに心強く、有難いか。それを知っているからその価値が分かるのです。


 そしてそれは、ゲームの中では決して見られない、新たな地平。小さいけれど、確かな新天地です。



 わたしは一概にゲームを否定するつもりはありません。ゲームはわたしにゲームバランスの大事さを教えてくれた。それは外国語学習を進める上で、いま非常に役立っています。外国語学習にゲーム要素を取り入れることにも大賛成です。

 今日ではオンラインゲームで英語を習得する人も、決して珍しくありません。DMMでそういう先生にこれまで何人も会い、その英語力の確かさをこの目で見てきました。実はうちの甥っ子たちも、オンラインゲームで図らずも英語力が鍛えられちゃったクチ。これからはそういう人がますます増えるでしょう。



 でもわたしは、ゲームの世界にはもう戻らない。

 虚構の世界で仕組まれたヒーローになるより、実世界で小さくとも未知の地平を開きたいからです。




画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック