うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS 試験バンザイ!

<<   作成日時 : 2018/10/02 18:03   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

 なんとビックリ! わたしのアイドル・アシヤさんがyoutubeで、通訳案内士を受けたいと言っておられました。




 なんだかテンション上がっちゃいました^^。アシヤさんが受けるんなら、わたしも受けたーい!

 アシヤさんが頑張るんなら、わたしも頑張る!

 受ける時期はまだ未定のようですが、「五年以内には受かりたい」そうです。

 じゃあ私も5年以内に受かるよう頑張る!


 わーい、がんばろうーーーー!!

 いつもは目の前の目標をクリアしないうちに、もっと遠い目標を立てたりしないようにしているのですが、今回はそんなこと言ってる場合ではないと思う!



憧れのロシア語通訳案内士

 現在のスペイン語と英語に加え、ロシア語でもいつか通訳案内士が取れたらいいな、と元々薄っすらとは思っていました。

 今年、通訳案内士の資格がなくても通訳ガイドとして働けるように法律が改正されたらしい(?)ので、資格としての魅力は半減したかもしれませんが、資格を持っていればお客さんにも信頼してもらえるし、何より自分の自信になる。

 通訳案内士で求められる語彙の方向性やレベルって、わたしが目指す語学力にドンピシャなんです。通訳案内士レベルの語学力があれば、わたしはもうそれで充分満足。既習言語+αをこのレベルで揃えるのが夢です。英語だけはもうちょっとできたいけどね。

 通訳案内士で問われる語学力レベルは、だいたいCEFRのB2程度。英検で言えば準1級程度です。

 語学力のほかにも日本史・日本地理・一般常識が問われますが、二言語目からはこの邦文3教科が免除になるので、かなりお得です。


 まだちょっと先の話ですが、楽しみができました^^。



ロシア語で言いたいことが言える喜び

 ところで今回の動画で、アシヤさんはロシア語検定のことにもちらっと触れていらっしゃいました。憧れのアシヤさんに「頑張ってね」と言ってもらった気がして嬉しい^_^

 ロシア語はまだほんとヘタッピで、今回の露検3級も受かるかどうか分かりません。でも自分としては1ヶ月前よりはけっこう上達したかな?と思っています。

 なぜそう思えるかというと、ロシア語ネイティブの先生との会話がだいぶラクになったからです。言いたいことが言えないもどかしさが減り、手持ちのボキャでけっこう文が組み立てられるようになった。

 ロシア語検定はすんごい書かされますからねえ、朗読もさせられる。だから対策してると、自然に話す力も上がるんだと思います。ボキャも増えましたし。



ロシア語を聞いて分かる喜び

 あと、前よりはだいぶ先生が言ってることが聞き取れるようになりました。これもたぶん試験対策のおかげ。

 聴解の問題形式がいいんだと思います。長ーーーい文章を聴いて、設問に答える形式です。そういう形式は、国内外の他の検定でもありますが、ロシア語検定で読まれる文の長さは半端ない。このレベルではかなり稀有なんじゃないでしょうか。3回読まれるというのも珍しい。少なくともわたしは初めて。

 でもこの形式、すっごくいいと思います。なぜかというと「外国語を聞き取るとはどういうことか」がちょっと分かった気がするからです。

 というのは、一度目は泣きたくなるほど分からないんです。シチュエーションとか、何の話をしているかがやっとつかめる程度。

 ところが不思議なことに、二度目に同じ文章をまた聞くと、これがけっこう細かいことまで分かるんです。10個の設問にほぼ答えられる程度に内容が理解できる。

 この一度目と二度目の理解度のギャップがすごいんです。なんで一度目に全然わからなかったことが、二度目だというだけでこんなに分かるんだろう? ほんと不思議。


 たぶん言葉の理解には、どんな場面で話されているか、何の話をしているかという背景知識がそれだけ大事だということだと思います。日本語でだって、突然途中から会話に加わったら、最初は何の話かも分からない。しばらく聞いているうちにいろいろ類推して、やっと話題についていかれるようになるものね。それと同じなのだと思います。

 一度目はほとんど分からず、聴いても無駄だったように感じるけれど、実は無駄じゃないんでしょうね。二度目に聞くとき、一度目で分かったことが生きてくるんです。

 でもじゃあ三度目は二度目より更に分かるかというと、これが意外とそうでもなく、二度目と三度目はそんなに変わらないんですけどね( ̄▽ ̄;)


 最初はできないんじゃないかと思って怖くて敬遠していた聴解でしたが、やりはじめてみたらその「ロシア語が聞いて分かる喜び」が半端なく、ハマりました。

 こんな長い話をロシア語で聞いて分かるって、ほんっと嬉しいよね。確かに割とゆっくりではあります。でも知らない単語もちょこちょこあって、内容はけっこう複雑。それがなぜか分かる。感激〜!

 この聴解の過去問ができただけでも、今回露検3級受験を決意してよかったなあ、と思います。 



本当に試験はつまらないか

 試験って、つまらないくてお堅いイメージがあるかもしれません。確かに試験には受かる落ちるのプレッシャーがあるので、それで嫌なイメージがついてしまうのかも。

 でも興味のあることを学ぶのだから、試験対策自体はむしろ楽しいのがデフォとも思います。

 万人にとって試験という方法がプラスに働くとは思いませんが、もし「試験だからつまらない」と食わず嫌いをしている人がいたら、一度ちょこっと試してみてもいいんじゃないかと思います。ちょっとやってみて、それでも合わなければやめればいい。一口に試験といっても内容は様々。もしかしたら、中には合う試験もあるかもしれません。

 ちなみにアシヤさんはマークシートが苦手だそう。でもわたしはマークシートのほうが気楽。だって答えが分からなくてもとりあえず解答用紙を埋められるから。

 でも「マークシートと記述式、どちらが好きか」と問われれば、わたしも断然、記述式です。書けた時の達成感が半端ない。白い紙にびっしり外国語で文章を綴れたときの嬉しさと言ったら・・・! それに記述式のほうが採点にも手間ヒマかかるから、同じ受検料なら絶対記述式のほうがお得と思う。

 試験はほんと、プレッシャーはある。でもプレッシャーを別にしたら、楽しいことばっかり。受けに行くのも楽しいし。もしかしたらお友達とか知り合いとかだってできるかもしれないし、前回の露検なんて、売店でお土産まで買っちゃったし。



試験バンザイ!

 ちょうどアシヤさんの動画を見て、テンションの上がっているときに「試験バンザイ!」と叫んでおきます。

 もし今度の日曜日の露検で思うように書けなかったりしたら、試験なんて大嫌いになっているかもしれないから、今のうちに(笑)。

 試験後もし「試験なんて大っ嫌い!!」と叫んでいたら、「手の届かぬブドウはすっぱいらしい」と思って笑ってやってください。
 


ロシアのガイドブック
ロシアのガイドブックをよく眺めています。
ロシアに旅行に行く予定はないけれど。
これも試験対策の一環、とか言いつつ息抜き^_^




 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
試験バンザイ! うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる