うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS やる気がすること、しないこと

<<   作成日時 : 2018/10/04 15:30   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

 忙しい、忙しいと言いつつ、常にも増してブログの更新が頻繁なのはたぶん検定対策からの逃避です( ̄▽ ̄;)

 そこそこはやっている。でもあくまで「そこそこ」。息抜きや逃避している時間が長い。

 一言で言えば、ムラがある。集中してガーッとやる時と、ダラダラ怠けている時の差がすごい。

 まあムラっ気は昔からなので、今更しょうがないかなー、とは思うけど、自分を見てると、ムラっ気もランダムに起こるわけではなく、どうも法則性があるようです。


 集中してやれる時にはパターンがある。

1、元々そこそこできる

2、何をやればいいか分かっている

3、やった効果が見える



 怠けている時はこの逆。

1、できない

2、何をすればいいか分からない

3、やってもできる気がしない



 具体的に言えば、文法問題はサクサク進む。もともと文法はそんなにできないこともないし、過去問とか問題集をガシガシ解けばいいのも分かっている。そして実際そうしたら、ますます間違えが少なくなってきている。

 つまり文法に関しては好循環ができている。

  できるからやる → やるからますますできる → できるからますますやる・・・



 一方、朗読は力点の位置が分からないし、スラスラ読めないしで、もう泣きそう。

 間違えた力点で読んだ単語を自分の耳に聞かせたくないので、力点を振ったものを読むようにしているけど、実際の試験は力点を振っていないテキストを読むわけなので、これで練習になるのか分からない。

 第一、いまさらちょっとやそっと読む練習をしたところで、試験に間に合うように上達する気が全くしない。

 だから億劫。やる気がしない。


 つまり悪循環。

  できないからやらない → やらないからできない → できないからやらない・・・。



 文法問題なんかやり直しているヒマがあったら、今は少しでも朗読をやらないといけないと頭では分かってる。分かってはいるんだが、だがしかし。

 やる気がしない〜〜〜〜〜!!!


 無理にでも朗読をしようと思うと、冷蔵庫の中が気になったり、youtubeを見ちゃったり。結局やらない。

 何もしないよりはまだ何かやってるほうがマシだと思い、文法問題をやり直したり、エクセルで活用表作ったり。これだと確かに試験対策をやっていることにはなる。しかし肝心なところを避けている。


 総合点で合否が決まる試験なら、これでもいい。

 でも基準に満たない教科が一つでもあると受からない露検では、苦手を底上げすることが肝心。――頭ではそう分かっている。でもやりたくない。

 どうしよう?

 たぶんどこかで悪循環を好循環に変えなくちゃならないんだな。でもどこで? どうやって?



 やらなきゃできるようにはならない。

 でもできないことはやりたくない。




画像
現在の進捗状況。○は日付を記録し忘れたところ。

過去問題は全て終わった。二度目も昨日終えた。
これを見ると順調そうに見えるけど・・・。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
やる気がすること、しないこと うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる