うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS OKのニュアンス

<<   作成日時 : 2019/01/06 22:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

 さっきテレビで囲碁番組を見ていたら、講師も司会も外国人でした。

 で、講師が「〜について説明しますね」と言ったら、それを聞く若い司会者が英語で「OK」と軽くいなすような調子で言ったので驚きました。日本人なら熱心な調子で「お願いします」と言うと思う。でも英語だとこんなに軽く「OK」と言っちゃっていいんだ、と。

 実はちょうど同じような感じの「OK」、わたしにも経験があります。人の話を聞いているとき、高めの声から下げる感じで軽く「OK」と相槌を打つ英語ネイティブは多い。ちょうど日本語で「あっそう」と軽く言う時の抑揚と同じ。非英語ネイティブでもアメリカ滞在の長い人はこういうOKを繰り出してきます。

 でもこの軽くいなすような「OK」、わたしは苦手です。わたしには、その話題に関心がないように聞こえるからです。「話したきゃ話せば〜」みたいに聞こえ、話したい気持ちが一気に萎えてしまう。

 でも複数のネイティブが同じような調子で「OK」と言うところを見ると、そしてNHKで若い司会者が実績のある講師に向かって使うところを見ると、本当は、わたしが受け取るようなニュアンスはないのでしょう。

 言語は言葉の意味だけではなく、ジェスチャーや声のトーンの意味までが違うから難しいですね。その社会での「普通」が分からないと、誤解しかねない。ほんと難しいなあと思いました。



 話は変わりますが、この囲碁番組では台湾出身の許家元碁聖(八段)が取り上げられていました。

 13歳の時単身で来日して以来、日本の囲碁界で活躍し、現在21歳。入段から史上最速で七大タイトル獲得というから、将棋の藤井くんみたいな稀に見る逸材なのかな? わたしは囲碁のことは何も分からないのですが。

 この方がインタビューに答える様子を見ていて、最初は日本人かと思いました。表情も、使う日本語のボキャも、日本人の若者と変わらなかったから。

 途中で台湾出身と知り、慌てて二度見。外国人と知った上で改めて耳をすませてみると、たま〜に「あれ?」と思うイントネーションもありますが、同じ日本でも他の地方のイントネーションは時々違うから、外国人と知らなかったら言葉からは分からないかもなーと思いました。

 返答を考えながら喋っているので、淀みなくスラスラ、という感じではない。でもそこが逆に自然で、日本人のフツーの若者っぽい。

 そのあと15歳の時のインタビューがちょこっと挟まって、それは外国人の日本語と明らかに分かる感じでした。

 つまりイントネーションって修正できるんですね。最初は不自然でも、だんだん自然になってくる。

 よく「発音やアクセントは後から修正できない」とか言うじゃないですか。でもたぶんそれはウソ。イントネーションだって修正できるんだから、発音やアクセントだって修正できると思う。だから間違ってても変でも何でも、喋ったもん勝ち、使ったもん勝ちだと改めて思いました。


 すごいなー! なんだかテンション上がっちゃたよ^_^

 たまたま将棋のあとだったから見るともなく見たのですが、いいものを見せて頂きました。






画像
夜はサグラダファミリア特集をやっていたので、現地で撮った写真を引っ張り出してみた。


画像
3年前の状態。
今はもっと工事が進んだようですね。


画像
涙が出るほど美しいサグラダファミリアの内部。


画像
番組で取り上げられていた果物のオブジェ。
外尾さんの作品だったのかー。


画像
アンモナイトのような塔の螺旋階段。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
OKのニュアンス うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる