うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ多言語

<<   作成日時 : 2019/01/20 04:07   >>

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 0

 とてつもなく楽しいことを始めちゃいました。多言語三昧です。毎日9言語を並行して学んでいます。日本語を入れるとちょうど10言語〜!

 もう楽しい〜〜〜〜! 寸暇を惜しみ、睡眠を削って没頭。もう寝不足でフラフラよお〜。



 この話は長くなるので、何度かに分けて書きます。

 事の発端はいくつかありますが、そのうちの一つは年初の2019年の抱負
そろそろ言語を整理したほうがいいかな、と感じています。

 具体的には「一軍」と「二軍」、「それ以外」に分ける。
と書いたことだと思います。

 これは数年来の懸案事項でしたが、ブログに書いたのが効いたのか、「やらなきゃ」という気になり、早速実行しました。

 一軍は当面、母語である日本語に加え、英語ロシア語中国語アラビア語スペイン語フランス語ドイツ語トルコ語インドネシア語の10言語。これを一生付き合っていくべき一軍言語の予備軍とし、当面は還暦を目指して継続的に付き合っていくことに決めました。

 その選定基準は、

1、既習言語

2、広域性と話者数

3、良好な学習環境

の三つです。


既習言語

 わたしの当面の目標は、4年後の還暦までに10言語をB1レベル以上に揃えること。これから始める言語がいくつもあったらこの目標の達成は厳しいと思い、これまで学んできた言語を大事にすることにしました。

 10言語のうち、中国語を除く9言語は既習言語です。ドイツ語やインドネシア語のように、長らくご無沙汰でもうすっかり忘却の彼方の言語もありますが、既習言語は全部入れました。

 ちなみにわたしが「既習言語」と呼ぶのは「数百時間をその言語に注ぎ込み、文の成り立ちが一通り分かる言語」のことです。ここまでやると、カンペキに忘れていても、ひとたび思い出し始めると、案外芋ズル式に思い出せるようです。少なくともゼロから始めるのに比べたらずっと楽。

 中国語を体系的に学んだことはまだありませんが、中国語は日本人にとっては漢字というアドバンテージが生かせるありがたい言語。全く知らない言語よりは少しはラクなのではないかなー?と期待しています^_^


広域性と話者数

 上記に選んだ10言語は話者1億人以上を超える大言語ばかり。唯一話者数が一億人以下なのはトルコ語のみです。そのトルコ語も、テュルク諸語全体で言うと億の大台に乗ります。

 また10言語のうち6つは国連公用語。世界の広い地域で通じるのが魅力です。テュルク諸語の分布範囲もシベリアの東部から小アジアまで広域に渡ります。ドイツ語も、経済状況が安定していることからヨーロッパ全域で人気が高く、同じゲルマン語派の北欧言語への足がかりにもなる。インドネシア語(マレー語)も、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ブルネイの4カ国の公用語で、西はマダガスカルから東はフィジーまで及ぶ他のオーストロネシア語族への足がかりにもなります。

 これら10言語を公用語とする国・地域をそれぞれ色分けすると、以下のようになります(過去記事:国連公用語が6つ話せたら参照)。

日本語 英語 ロシア語 中国語
アラビア語 スペイン語 フランス語
ドイツ語 トルコ語 インドネシア語

 「公用語=通じる」ではありませんが、この10言語が話せると、色が塗ってある地域で通じる可能性が高いわけです。

 話者数の少ない言語にも、フィンランド語など興味を惹かれる言語がたくさんありますが、沢山の場所、沢山の人と通じ合える大言語の魅力にはやはり抗し難く、わたしは大言語優先で行くことにしました。


良好な学習環境

 もう一つ重視したのは、その言語の学習環境が整っていることです。インターネットの発達で、学習ツールが見つけやすくなったとはいうものの、やはり現実的にマイナー言語は辞書やテキストなどが見つけにくい。そういう意味でもマイナー言語は不利ですね。

 しかし、じゃあ話者数の多い大言語なら学習環境が整っているかといえば、そうとも言い切れない。たとえばヒンディー語やベンガル語は話者数数億人の大言語ですが、残念ながら日本ではあまり人気がなく、テキストも少ししかありません。

 ヒンディー語はウルドゥー語と同一言語と見る動きもあるし、魅力を感じるのですが、文字が特殊だし、一から学ぶとなると膨大な時間がかかる上、学習環境もいまいち整っていないということで見送りました。

 他にもスワヒリ語、ペルシャ語などにもそそられますが、同じ理由で一軍には入れませんでした。

 逆にそれほど大言語ではないけれども人気が高く、学習環境が整っている言語もありますね。例えばイタリア語、タイ語、ベトナム語などです。いずれも検定試験があり、イタリア語に至ってはNHK講座まであります。ベトナム語とタイ語に関しては、最近白水社がパスポート初級辞典を出しました(お願いだからインドネシア語も出して欲しい)。1、2の要件を満たさないことから一軍には入れませんでしたが、いずれもいつかやってみたいです。



 こうして一軍言語を決めたら自分でも驚くほどすっきりし、そこから多言語にどっぷりハマりました。いままでは、入れ替わり立ち替わりいろんな言語に順々にハマることはあっても、たいてい厳密にいうと「多言語にハマっている」わけではなかった。でも今回は「多言語に夢中」というブログのタイトル通りの状態になっています。

 これは新しいフェーズの幕開けかなー。

 多言語楽しい! 多言語学習サイコー!\(^o^)/ 毎日すっっっごく楽しいです!




 次回は実際いまやっていることを書きます。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10言語学習帳
 今日はわたしの10言語同時学習ノートを紹介します。2週間前に転んでぶつけたお尻がまだ痛く、長時間座っていられないので、写真中心、箇条書きで書きます。 ...続きを見る
うさぎメモ@多言語に夢中
2019/02/15 17:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Flag Counter
いよいよ多言語 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる