Ali Expressで外国語

 光陰矢のごとし。気づけばまた前の更新から3週間以上が経過しているのであった・・・。

 なんかいろいろ忙しくて、実はあんまり外国語には身が入っていなかったりなんか・・・。まあ日課は普通にやっています。3月に検定を控えた中国語にもそこそこ触れてはいる。でもこれは検定対策ではなく、実は微妙に焦ってもいるのですが、検定対策まで手が回らない。

 ということで、検定対策は、マルタから帰って来た後、3月に入ってから取りかかることにしまーす。

最近のチャイニーズな出来事

 最近、微妙にチャイニーズな出来事?、というか語学に関係する出来事がありしました。初めて中国の通販アプリAli Expressを使ってみたのです。

 このAli Expressというのは中国の小さなお店が集まっている市場みたいな通販で、日本で言えば楽天みたいなものでしょうかね。日本ではあんまり使っている人って聞かないけれど、東欧では大人気のようで、DMMのロシアやウクライナやセルビアの先生方の話題に上ることが多く、とにかく安いという噂を聞いていました。東欧の人々がわざわざ遠い中国から服や靴を輸入して買うっていうのが不思議で印象には残ったけれど、自分が利用する日が来るとは思っていなかったのですが、どうしてもそこでしか買えないものがあり、ついにその日がやってきた^^; 利用にあたっては、先生方にもっかい評判を聞きなおし、ネットでも評判をググりまくり、まあ大丈夫そうかなと思ったので思い切りました。

 で、何を買ったかというと、Backdrop(背景布)です。・・・と言ったところで、ほとんどの人にとっては「それ一体何?」状態でありましょう。えっとね、写真館で写真を撮ってもらうとき、なんかモヤモヤした模様の布をバックに撮ってもらうでしょう? あの布のことです。

 なんでそんなものが欲しいかって? そりゃあ可愛い孫たちの写真の背景に使うのよ。最近はモヤモヤ無地っぽいのだけでなく、きれいな景色の柄やらファンタジーっぽいのやら様々な模様のが出ていて、楽しいの~♪ その楽しさにハマっちゃいました。このバックドロップ、いくつかのメーカーから柄が何千と出ているんですが、日本に輸入されている柄の種類はその10分の1にも満たないので、気に入った柄が欲しいとなると海外から個人輸入するしかないんです。しかもAli Expressでしか手に入らない柄があって、どーしてもその柄が欲しくて注文に踏み切った。

 実を言うとまだ商品は届いていないのですが。・・・ていうか、まだ発送すらされていない。なんでも、コロナウィルスの影響で企業の操業に政府の規制がかかっていて商品が生産できないんだそうです。このメーカーのバックドロップは基本、受注生産なので。まあどーしても手に入れたいものなので、辛抱強く待ちますわ。


口コミを外国語で

 ところで、通販というのは実物を自分の目で確かめることができない上、特にこのバックドロップという商品はメーカーによって価格も品質もピンキリなので、目をつけた商品が満足のいくものであるかどうかは、買った人の口コミを読んで判断するしかありません。

 で、この口コミを読むのが楽しい。一つの商品に世界中の様々な国から様々な言語で商品レビューが書き込まれているからです。自動翻訳機能がついているので日本語でも読めますが、この翻訳がハチャメチャで、さっぱり意味が分からない^^;。元の外国語で読むほうが話が早い。なので思わぬところで語学が役に立っています。

 こういう、是が非でも知りたい情報を外国語で読むのって、気合いが入りますよね~。しかも。TripAdvisorやAirbnbで読むレストランや宿のクチコミは英語が圧倒的に多いのに対し、Ali Expressは英語以外の外国語の比率が高いのがポイントです。

 特にロシア語はめっちゃ多いです。バックドロップだけでなく、全く別ジャンルの商品を見ても、ロシア語がダントツに多い。それだけロシア語圏出身の購買者が多いのでしょう。レビューには購入者の住む地域の旗が書かれているのですが、ロシア語圏だけでなく、スイスやイスラエルといった旗のロシア語レビューも見かけます。あとチェコとかポーランドとか、東欧も多いですね。それからブラジル。ポルトガル語。トルコや西ヨーロッパの購買者も多く、本当に様々な言語のレビューが読めます。

 一方、意外にも全く見ないのが中国語です。もしかして海外輸出オンリーのサイトなのかも?

 一つの商品に対し、世界中から様々な言語でクチコミが投稿されてて、万国旗みたいで楽しいです。例えば靴なんかは写真つきのレビューも多く、全く同じ靴を、世界中の女性が買って履いていたりする。そういうのが面白い^^。世界中どこにいても中国商品が買えるんだなあ、って感心してしまう。

 さすが世界の工場と言われる中国。すごいなあ。商品の説明なども、ショボい自動翻訳のおかげでけっこう変だったりするのですが、そういう些末?なことを気にせず世界に自国の商品を売っていくバイタリティと行動の素早さに感心します。日本もこうやって自国の商品を世界に直接売れないかなー? フリクションとかツイストリングノートとか、手に入るならぜひ欲しい人、世界に大勢いると思うのですが。


377F2DC0-0203-4BE8-9285-BB1A1AA9BB8C.jpeg
↑孫たち撮影用の舞台。後ろに掛かっているのがbackdrop。最近のはこんな可愛い模様もあります。手前の橇はダンボールで自作。こんなことばかりやってるから忙しいんだよーん。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい