ハチミツ色のマルタにやってきた

 昨日からマルタ共和国に来ています。地中海に浮かぶ小さな島です。イスタンブール経由で朝空港に降り立ち、路線バスで首都ヴァレッタへ。そこからフェリーで宿のあるセングレアへと向かいました。

CFCCB502-BDCB-4E9A-9C8B-65BE5E234F4D.jpeg

 セングレアはヴィットリオーザ、コスピークワと共にスリーシティーズと呼ばれる古い市街です。海に細く突き出た半島で、1565年オスマン帝国に包囲された際、水際でマルタを守り切った歴史的な大舞台です。包囲は三ヶ月以上に及び、この小さな島が、オスマン帝国の地中完全海掌握の野望を打ち砕きました。

 マルタの街並みはハチミツ色。統一感があります。ほとんどの建物がこの島で採れるマルタストーンという石で作られているからです。私たちが借りたアパートも蜂蜜色。ガレリーヤと呼ばれる張り出し窓のついた伝統的な建物です。

F9EE5860-7FEE-472E-AD04-73D15F4F77D9.jpeg
色とりどりの張り出し窓。

A10361D0-8F10-46AF-9DAF-E168BA25FE6C.jpeg
722D0471-D55B-4F5D-921F-6A7487A2A47E.jpeg
40B0D8D7-6D7D-4C8D-90DC-652852D0F2CA.jpeg

F902AA3B-8277-4677-8266-700958918D7E.jpeg
張り出し窓の中から外を臨む。


 街並みだけでなく、ここには様々な「マルタらしさ(マルティーズ)」があります。例えば食事。うさぎ肉や馬の肉を食べるなど、ちょっと他にはない食文化があります。

 パスティッツィもその一つ。リコッタチーズや空豆(フール)を入れたパイです。街にはパスティッツィ屋さん(パスティッツェリア)がたくさんあって、60円くらいでサクサクホカホカなパスティッツィを売っています。菓子パンと同じくらいの大きさで、けっこう食べ出がある。昨日の昼食はパスティッツィ一人一つとフルーツジュースだけで済ませました。

B532D3E5-BD86-4308-AB7D-7F0622C5AB03.jpeg
ヴァレッタのカフェ・コルティナにて。

53261F72-6C4F-457C-B245-1BA30EA36962.jpeg
これはまた別の店で買ったパスティッツィ。


 夕食はレストランで「マルティーズプラター」を注文。ボリュームがあるので、二人でシェアしました。生野菜の巨大なサラダで、リコッタチーズ、タコ、ドライトマト、ソーセージなど、マルタでよく食べられる食材がどっさり。パリパリなフォッカッチャが付け合わせについてきて、二人でも食べきるのは大変でした。

293EC6F5-A8F6-4333-8922-C534F926953C.jpeg
タコが柔らかい!

51BE3600-5DBE-4AFB-9557-CA0A6810728B.jpeg
こちらは別の店のマルティーズプラターです。

マルタの公用語は英語とマルタ語。本屋さんにはマルタ語の本もたくさん! わたしはガレージセールで中古の絵本を4冊購入。

0D68C8F7-028D-4C2C-95F2-074C76A4ABFC.jpeg
ガレージセールもマルタらしい。

6C8B603A-CD63-467C-996E-B33E7DEE44D3.jpeg
マルタ語はラテンアルファベットですが、Ħ(ħ)の文字が特徴的。アラビア語の方言なので、パラパラめくっただけでも分かる単語に出くわします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい