マルタストーン

今日は路線バスで島の観光スポット巡りをしました。


路線バスの運転手さんはすごい! マルタの路線バスは日本のバスより長いのですが、その巨大なバスが、こんなところをバスが通るのか!と信じられないような狭い道を走っていく。曲がりくねった道で、しかも道の両脇には乗用車の路上駐車がビッシリ。その狭い隙間をみごとにすり抜けていきます。


しかも悪路。舗装状態が悪く、ガタガタする。


途中、小さな街に立ち寄り、狭くて丸いロータリーを回ったり切り返したりしてメインルートに戻ります。マルタの路線バスの運転手は並の運転技術では務まらないと思います。


マルタの路線バスついてはとにかく時間通りに来ない、時には一時間以上遅れると聞いていましたが、オフシーズンのせいか、今のところ最大でも5分の遅れ。ただし、予定より数分早く来て行っちゃうこともある。


あと、遺跡から古都イムディーナに向かう途中、前の車が事故り、その時は古都到着が一時間遅れました。三叉路で二つ前のトラックに乗用車が衝突し、衝撃でエンコ。道を塞いでしまったのです。バスはバックで道を引き返したりとかいろいろやっていたようですが、結局レッカー車が来て塞いだ車をどけるのを待つよりほかになかったようです。


バスの車窓から見える景色もハチミツ色。建物だけでなく、はたけや野原にもマルタストーンの石垣がそここちらに続いている。


たぶんこの島は島全体がほんのり石灰岩でできていて、畑から取り除いた石を風よけもしくは地崩れ防止用に積んであるのでしょう。建築用にはほんのり薄黄色い


土地は石がちで痩せ、農作には向かない。だから酪農と養蜂が盛んなのでしょう。マルタの名産物と言えば、リコッタチーズとハチミツ。



35E816D6-9414-4E17-BD30-C63BCB3D4963.jpeg76A14424-C489-4775-B6B0-F7178E3FF6FA.jpeg

エジプトのピラミッドより古いと言われる巨石遺跡もマルタストーン。



360D8066-B992-4839-A51F-FD21F53E5373.jpeg

48D462C4-D6A6-434C-A4EE-F56347CF9CE6.jpeg

楽しかったのは、二つある遺跡ハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿間のマルタストーンに覆われた野原を500メートルくらい歩いたこと。


天気が良く、暑くて汗ばむくらいでした。石の隙間からたくましく顔を出す色とりどりの草花。ここはすっかり春。時折そよそよよ吹く風の涼しさが心地よかったです。



A7471953-E83F-4EFB-8EA4-F92216870D84.jpeg

B3FAE6B6-57F7-44AC-8D58-C5715B184340.jpeg

3A90E8D8-4F60-4929-968D-ACAB5DCA4BB6.jpeg

古都イムディーナもやっぱりハチミツ色。



9049707E-63A0-49E5-9FA9-D56D5603ACCC.jpeg

ACCB6C08-3E31-4FC9-9047-182AA954628B.jpeg

A3D5FDEF-256B-460D-B826-83818E1DD9DB.jpeg

5F25EE41-5B65-46C7-B640-1692DCD69DF3.jpeg

青の洞門。


4F9C8295-357C-4034-B29C-61846CA9CED2.jpeg

朝食。アパートにて。この景色から一日が始められるのは本当に幸せな気分^ - ^


0F4F9DE1-9E65-4837-96E5-48EDA67A0923.jpeg

昼食。イムディーナのフォンターナにて。

景色最高。どちらのケーキも美味しかった。しかもお値段お手頃。


65C893F5-430C-4D53-9120-F1BCC714C7EC.jpeg

C0B4BD0A-73DD-4E67-905D-04459BB76A3A.jpeg

夕食。馬肉のシチューとフッティーラ。どちらも定番のマルタ料理。

めっちゃ量が多かった。二人で一つで充分でした。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス