DMM英会話6周年

 DMM英会話に入会して6年経ちました。今日はわたしのオンラインレッスンに関する過去・現在・未来について書きます。



わたしのオンラインレッスン遍歴

 わたしが初めてオンラインレッスンを始めたのは今から7年半前。スパニッシモというスペイン語のオンラインレッスンでした(過去記事:スパニッシモ体験記参照)。


 オンラインレッスンを受けようと思ったきっかけは、当時スペイン語とフランス語のオンラインレッスンを受けている方のブログがあり(URL失念)、これは面白そう&喋れるようになりそうと思ったからです。


 とはいえ、最初は羨ましいと思いつつ踏み出す勇気が出ず、1年くらいただブログを読むだけで、自分もやってみようとはしませんでした。でも2012年9月、DELE A2受検を思い立ったのをきっかけに、無料のおためしレッスンだけでも、と思い切ってレッスンを予約したのです。


 それは本当に勇気を振り絞って、という感じでした。無料のお試しレッスンくらいいつだって受けられたのに、なんやかやと理由をつけてそれまで試さなかったのは、外国語で会話することが怖かったからかな、と思います。


 でも試してみたらすごく楽しくて、二度の無料レッスンのあと、すぐに入会しました。スパニッシモのレッスンは一回50分と長いのですが、全く苦にならず、50分のレッスンを二つ続けて受講することもよくありました。


 入会して2ヵ月後にDELEは終わりましたが、その後も続け、スペイン語を始めて1年半の間に西検4級、DELE A2、西検3級、通訳案内士を取得。しかし通訳案内士の二次試験を終えた途端、スペイン語に燃え尽きてしまい、2013年12月、1年4ヶ月でスパニッシモを退会。しばらくスカイプレッスンはもういいわ、という気分だったのですが、たまたま翌年2014年2月にトルコ旅行に行ったことからトルコ語にハマり、トルコ語を話す場を求めてDMM英会話を始めました。それはスパニッシモを退会したわずか3ヵ月後のことでした。


 つまりDMM英会話は、英語ではなく、トルコ語のために入会したのです。その後、トルコ人の先生が一人もいない時期もありましたが、DMM英会話は続け、英語、トルコ語に限らず、スペイン語、フランス語、ロシア語、アラビア語、インドネシア語、中国語でも会話してきました。DMM英会話はおおらかで、英語以外の言語では積極的なサポートはしないものの、双方の合意のもとレッスンするのであれば必ずしも英会話でなくても構わないというスタンスなので、先生方も快く付き合ってくださいます。


 でもまあDMM英会話で何語が一番伸びたかって、やはり英語です。


 その理由の一つは、もともと英語が一番できるからだと思います。英語は中学・高校で普通に学び、文法知識や語彙も一通り揃っているので、ちょっと訓練しさえすれば喋れる素地が整っている。つまり「あと一押し」の言語ほど、オンラインレッスンがその「最後の一押し」となって、目に見えて上達するのだと思います。


 次に、やはり英語で話す時間が一番長いからだと思います。英語のレッスンが圧倒的に取りやすいことに加え、他の言語でも、会話に行き詰まったら最後は英語に頼るからです。


 あと英語は先生がネイティブではないのもメリットだと思います。他の言語は先生の母語なので、文法は説明できないし、早口になりがち。唯一、正則アラビア語だけはアラブ人にとっても半分外国語のようなものなので、アラビア語に関してはどの先生と話しても非常に聴き取りやすく、文法も割と意識しているようです。


 わたしが思うに、ネイティブに習うより、ノンネイティブから習うほうが効率が良いと思います。少なくとも最初のうちは。試しに一ヶ月だけネイティブプランにしたことがありますが、ノンネイティブの英語のほうが聴き取りやすく文法的にもかっちりしているので、今はベーシックなプランにしています。


 ちなみにスペイン語レッスンに関しては、DELE B1の受検の際、DMM英会話と並行してスパニッシュオンラインという別のサービスに1ヶ月ほど在籍していたことがあります(過去記事:スペイン語スカイプレッスン比較参照)。


 あと、スパニッシモに在籍しているとき、わたしのスペイン語が日に日に上達していくのを見ていた娘がレアジョブで英会話を始め、大学卒業まで約2年半在籍していました。もともと英語には苦手意識があり、英語に関して他には何もやっていませんでしたが、最初の1年でTOEICが200点くらい伸びました。現在の仕事は研究職で、特に英語に関する仕事ではありませんが、海外の学会に出席したり、海外からのインターン生の世話を任されたり、英語が役立つ機会はあるようです。



現在のレッスンの様子

 最近はロシア語、スペイン語、フランス語、トルコ語、アラビア語がそれぞれ週に1度ずつ、残りは英語で会話しています。特に最近トルコ語ネイティブが増えたので、トルコ語が少し多め。トルコに限らず、今月はコロナウィルスの影響か、講師の数が急に増えました。


 英語はたいていデイリーニュースを指定しますが、英語以外の言語はいつもフリーカンバセーションです。


 例えば3月はマルタで撮った写真を送り、マルタ旅行について同じ話を様々な言語で話しました。伝統的なマルタのアパートに泊まったとか、うさぎ肉を食べたとか、カーニバルのこととか。一言語につき複数の先生に同じ話をしました。相手を変えて同じ話を繰り返すのは良い方法で、前回学んだボキャや表現が使えるので、回数を重ねるごとに少しずつラクになる一方で、先生の反応次第で話が思わぬ方向にズレることも多く、全く同じ説明を繰り返すことにはならないところが気に入っています。


 4月に入ってからはAli expressで買ったものとか、マイDuplo作品とか、これも実物や写真を見せながら喋ることが多いです。※記事の最後に写真あり


 あと、このご時勢、自然な流れでどうしてもCOVID(コロナウィルス)の話になってしまうことが多く、そうなるとどの先生にも言われるのが「そんなユルい規制で日本は大丈夫?」です^^; これはもう、いろんな言語で異口同音にみんなに訊かれる。


 ・・・いや、大丈夫かどうかなんて、わたしに分かるわけないし。大丈夫じゃないと思ったところで、どうしようもないし。日本語で尋ねられても答えに窮するような質問に、フランス語で答えるとか、辛い・・・涙。「政府は経済も大事だと考えているようだ」とか言ってみるも、結局「それであなた自身は大丈夫だと思うの?」と突っ込まれ、最後はどのみちJe ne sais pas(分からない)で終わることになる^^; トルコの先生:「このウィルスはいつになったら収まるのかな?」。Hiç bilmiyorum! そんなの分かるわけがない。おかげでどの言語でも「分からない」という表現が口をついてスラスラ出てくるようになりました^^;


 しかしフランス語、1月、2月頃はもう本当に、何度繰り返してもらっても聞き取れなくて泣きそうだったのが、3月に入ってからけっこう会話が成立するようになりました。しかし会話で使えるのは結局耳から入れた表現のみなんですね。ほぼ「Le chat au yeux d'or(金色の眼の猫)」に出てきた表現だけで話しているといっても過言ではない^^; 先ほどのJe ne sais pas(分からない)も、大好きなこの物語で聞いたとおりに言っています。


 それにしても、やはりフランス語っていいですね。鼻音がいい。先生のきれいーなフランス語を聞いていると、こっちまで鼻が伸びる気がして、サ・セ・パリ~!って感じでめっちゃテンション上がります!(謎)


 ちなみにわたしのフランス語の先生はアフリカの方です。でもエレガントでアカデミックな雰囲気がなんとなくおフランスっぽい(思い込み?)。先生が大好きであることも強力なモチベーションです。


 以前は、英語以外のレッスンは事前にウォーミングアップが必要でしたが、最近は特にウォーミングアップせず、いきなりレッスンを受けてもそこそこ会話できるようになりました。


 混同も減りましたね。いい感じに「多言語のるつぼ」になっています^^ 一つ一つの言語が「上達」しているかっていうとよく分かりませんが、言語の切り替えは確実に早くなったし、少し前よりも気楽に会話できています。



今後のこと

 旅行中、或いはよほどの体調不良を除き、ほとんど休まず一日25分のレッスンを6年間、毎日受けてきました。5年くらい前までは旅行中でも旅先からレッスン受けていましたが、さすがに今はやめました^^;


 現在の会話時間は7万6800分。つまり1280時間、なんらかの外国語で会話した勘定になります。話した先生の国籍は実に131カ国に及びます(過去記事:DMM英会話スカイプ世界旅行参照)。


 人間ですので、メンドクサイ、と思うこともあります。今日は休んじゃおうかな、と思うこともあります。


 でも結局「やっぱり受けよう」と思い直してレッスンを予約します。


 毎日1レッスンの月謝制がわたしには合っていると思います。日ごとのレッスンを受けても受けなくても料金が変わらないので、受けなきゃソン!と思い、先延ばしにしないのです。


 スペイン語のスカイプレッスンを辞めた経験から、DMM英会話もいつか辞める日が来るのかなと思っていましたが、この6年間、DMM英会話を辞めようと思ったことは一度もありません。言語を変えられることと、先生が数千人の中から選べるという選択肢の広さが、飽きない理由かもしれません。


 特に最近、しばらく海外には行かれそうにないと思うと息が詰まりそうで、そんな中、少なくともオンラインで毎日海外と繋がっていることで、だいぶ閉塞感が軽減されている気がします。


 DMM英会話の先生方は日本ほど経済的に豊かではない国の出身が多く、「日本は裕福だけど、わたしの国は貧しいから・・・」という引け目のようなものを感じることがときどきありました。でもコロナウィルスという共通の敵に対して戦う今、先生方に対等の意識が芽生えた気がします。


 また、厳しい外出制限の中、自宅でできる仕事を持っていることの幸運をどの先生も感じているのが嬉しい。給料がドル建てで支払われることへの安心感を話す先生もいます。そんな先生方の生活維持の一翼を自分も担っているのだと思うと、ちょっぴり誇らしく感じます。


 一対一の個人レッスンなので、学校のように居場所が提供されるわけではありませんが、6年もいると、ここが自分の居場所だと感じます。


 今後はどうか分かりませんが、今のところは辞める理由がなく、このまま一生続けていきたいと思っています。




DMM" target="_blank">DMM英会話

 ※正式入会時に紹介コード「 36715976 」を入力すると3回分のレッスンチケットがオマケでもらえます。(※紹介コード使用者の個人情報は一切私には通知されません)



スカイプレッスンで先生に見せる写真の一例:


Duplo作品大きな木

Duplo作品ケーキ

Duplo作品天空の城

最近のDuplo作品。

インスタグラムの人の作品を参考に作ってます^^


ハリーポッター9 3/4ヶ月記念写真用小道具

孫の9 3/4ヶ月記念写真用小道具。

背景布とネクタイはAli expressで購入。

ヘドウィグは自作。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい