ブログ開設16周年

 この4月でブログ開設16周年を迎えました。

 今年はまず、ブログの存在に心から「ありがとう」を言いたいです。このブログという場があって本当によかったと思う。


ブログがあって良かった!


 昨年のブログ開設15周年の記事では、
最近、ますますブログを続ける意義が見えなくなっています。
と書きました。

 けれどそれからの一年で、今までとは違ったブログの意義が見えてきました。

 それはインスタグラムの裏舞台という存在意義です。二年前に始めたインスタグラムは現在、自分の中で大きな比重を占めています。そのインスタグラムを、インターネットにおけるわたしの表舞台をとすると、このブログは裏舞台。そしてこの裏舞台の存在が、大変精神衛生上ありがたい。

「若者の心の健康に最悪」なSNSはインスタグラム
イギリスの調査でも言われるほど、インスタグラムは心の健康に大変悪い場です。非常に有用で魅力的な場でもあるけれど、使い方を一つ間違うと健やかな精神を損なう。いわば諸刃の剣です。

 実際わたし自身、けっこう疲れてしまうことも。そんなとき「発信の場はインスタグラムだけじゃない。ブログがある」と思えるのは精神衛生上、本当にありがたいです。インスタを始めたばかりの頃は「もうインスタだけに絞ってしまおうか」と考えたこともあったけれど、今から思えばとんでもない話。ほんと、細々ながらもブログを続けていて良かったです。
 

心の健康に最悪なインスタグラム


 インスタグラムは魅力的である一方、すごく疲れる場でもあります。

 世界中の同好の士と簡単に繋がることができ、とても楽しい反面、何かとストレスフル。なぜならSNSとは所詮、人間関係の場だからです。

 コメント一つ書くにしても、相手にどう受け取られるかと思うと、そう気安くは書けない。インスタのコメントってとりあえず写真を褒めないと、みたいなプレッシャーがあるんです。

 たとえば花の写真を見て、「もう春ですね」と書こうとする。・・・いや待てよ。まずは写真を褒めないと。「写真お上手ですね!」・・・いやいや、この褒め方は上から目線だな。「色がとってもきれいですね」・・・待てよ、「いいのは色だけ?」と思われるかな・・・。

 考えすぎなのは分かってる。でも習熟度の高い言語ほど気を使います。特に日本語。次に英語。

 無難な褒め言葉ならたくさんあるんですけどね。「素敵」とか「可愛い」とか「綺麗」とか。Great! Awesome! Cool! Cute! そこに絵文字の一つや二つ飛ばしておけば立派なコメントになる。

 けどいつも同じじゃつまんない。・・・と思ってしまう。我ながらメンドクサイやっちゃな。

 習熟度の低い言語、たとえばオランダ語なんかはもうバカの一つ覚えでいつもGoed gedaan! それしか知らないから😅 意味は英語でいうところのWell doneで、英語だと上からな気がしてちょっと怖くて使えませんが、オランダ人同士がよく使っているので、わたしもまねっこして、気心の知れた仲間限定で使っています。

 逆に自分がもらったコメントも、明らかに頑張って誉めてくれてるなー、と分かっちゃったりする場合があって、「無理させてゴメン」みたいな気分になってみたり。上記の「もう春ですね」みたいな、褒めないコメントでも全く構わないんですが、みんな頑張って褒めてくれる。やっぱり「とりあえず褒めないと」という雰囲気を他の人も感じているんだと思います。

 そういう雰囲気は無視してマイペースでやればいいのですが、マイペースってのは言うほど簡単ではないし、そういう雰囲気にも理由があって、相手の顔が見えない分、ちょっとでも誤解を生みそうなやり取りは避けたほう無難、ということだと思うから、無碍にもできない。

 余計な誤解は避けたいわ、さりとてありきたりなのはつまらないわ、もう自分でもどうしたらいいのかわからない状態。外国語修練のためには積極的にコメントをつけたいところですが、ロシア語くらいになるともうОтличноは上から目線かなー、と考え始める。(追記:ネイティブに確認したところ、Отличноは英語のExcellentにあたり、目上の人にも使えるとのこと。一方、気を付けたほうがいいのはмолодец。これは英語のWell doneにあたり、目上には使えないとのことです)

 一方、このブログは数年前からコメント欄を閉じていて、双方向のやり取りがありません。フィードバックがないのは寂しく思えることもある反面、書きっぱなしにできる自由と気楽さがあります。

 寂しいけど自由で気楽なブログと、にぎやかで楽しいけどストレスフルなインスタと。両方あるから良いのだと思います。


ネットでは本音は書けない


 ウェブサイトを始めて20年、ブログを始めて16年。思えばその歳月はインターネット上では本音は書けないという閉塞感との闘いでした。ブログをやめようかなと思うとき、その理由の大半もこの閉塞感でした。完全な本音を書くことはできないのに、書き続ける意味があるのかという問いを常に抱き、本音をストレートに書いた記事は公開ぜず、お蔵入りにしていました。記事を三つ書いたらそのうち二つはお蔵入り、なんて時期もありました。

 しかしインスタに比べたらブログって自由だなあ、と今しみじみ思います。本音が書けない? 何を贅沢言っていたんだろうと思う。挨拶と誉め言葉だけのインスタに比べたら、ブログではこんなに本音が毒づけるじゃないですか。




 インスタグラムでは、常に走らされているような、何かと戦っているような緊張感があります。ここに戻ってくるとホッとします。

 フォロワーの数、いいねの数など、すべて数値で見えるインスタグラムとは違い、このブログはカウンターもアクセス解析もつけていません。なのでどれくらいの方が読みに来てくださっているのかも分かりません。

 でも気持玉や、日本ブログ村へのリンクで応援してくださる方がいらっしゃることは感じていて、本当にうれしく、励みになっています。数じゃないんだなあ、と改めて思います。

 いつもありがとうございます。今後も書き続けますので、もしよかったらお付き合いください。



7ECC2780-09EB-4BB6-AD02-F484BD14451F.jpeg





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 39

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)