テーマ:世界の国々

いよいよ多言語

 とてつもなく楽しいことを始めちゃいました。多言語三昧です。毎日9言語を並行して学んでいます。日本語を入れるとちょうど10言語~!  もう楽しい~~~~! 寸暇を惜しみ、睡眠を削って没頭。もう寝不足でフラフラよお~。  この話は長くなるので、何度かに分けて書きます。  事の発端はいくつかありますが、そのうちの一…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中央アジアの言語

 最近「中央アジア」というキーワードによく遭遇します。  ロシア料理本に中央アジアの料理を見つけたり、スカイプレッスンでタジク語が話せる先生に出会ったり、いつも読んでいるブログで中央アジア関係の記事があったり。  先日の外語祭でも、中央アジア地域のブースで買った羊の串焼きシャシリクが美味しかった。  串焼きを売ってくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外語祭に行ってきた

 東京外国語大学の学園祭、「外語祭」に行ってきました。なんと5日間にわたって行なわれ、今日が初日。つまり日曜日まであと4日間行なわれます。(※11/26 また行ってしまった。追記あり)  ものすごーーーーーく楽しかった!  期待はしていましたが、期待以上の楽しさでした。まだ何度でも行きたいくらい!!  まずは入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最も広い地域を支配した帝国

 昨晩、調べ物をしていたら、面白いデータに遭遇しました。 ・ List of largest empires (英語版wikipedia : 領域の広い帝国リスト)  さて、歴史上で最も広い領域を支配した帝国はどこでしょうか。答えを見ずに、まずは予想してみてください。  ちなみに、わたしの予想はハズレました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の実現はめんどくさい

 世界の絶景本にハマっていた頃、それに関連して世界一周旅行本にもハマりました。これもけっこうたくさん出ているんですね。  何冊か続けて読んだら、「世界一周旅行者」のイメージが変わりました。 近頃の若い世界旅行者  これまで世界一周というと、「会社を辞め、数年に渡り足の向くまま気の向くまま世界をさすらう」イメージを描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾がない・・・!

 DMM英会話でワールドトラベル中(過去記事参照)、極めて順調。難なく70カ国を超えました。  7月に入った途端、なぜかそれまで取れなかった先生がどっとレッスンを開きだし、嬉しい悲鳴。せっかく大枚はたいてネイティブコースに変更したのに、ネイティブのレッスンを取る余裕がない。虎の子のレッスンチケットまで使って、お気に入りリストに入れ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DMM英会話スカイプ世界旅行

 DMM英会話で先日初めてベトナムの先生と話しました。  自己紹介の際、先生が「世界を旅して回るのが好き」とおっしゃったので、「おおっ、ワールドトラベラーかっ?!」と一瞬驚きかけたら、「スクリーンを通して」と続いたので、思わず笑ってしまいました。  別にウケを狙ったわけじゃないと思います。英語だと自然とそういう語順になるんで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「『モザイク一家』の国境なき人生」 長坂道子

 「『モザイク一家』の国境なき人生」という本を読みました。大変興味深い本でした。(本当は「興味深い」なんて翻訳調の言葉は使いたくないんだけど、他に何と表現してよいのか分からない。日本語はこういう語彙が圧倒的に不足してて不便。英語ならいくらでもあるのに)  とにかく非常にインパクトが大きい本でしたので、ここに覚え書きを記しておきます…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景本比較レビュー2

 がーん、なんと。先日書いた「世界の絶景本比較レビュー」に追加していこうと思ったら、ブログの字数制限を越えてしまいました。仕方がないので、追加分はここに書いていきます。字数制限なんてあるんだー。ああ面倒! 表紙レビュー・感想・評価世界一周経験者169人が選んだ 究極の絶景50 ★★★★★ 筆頭の「5日間の休みで行けちゃう!…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

世界の絶景本比較レビュー

 最近本箱からふと取り出した世界の絶景写真集が楽しく、よく眺めています。こんなによく読むのなら、類似の本をもう少し買い足そうと思い、現在類書を比較検討中です。  以下はどれも「世界の絶景」というような名前の本です。  題名が紛らわしい上、内容も似たり寄ったり。どの本も、美しい写真をメインに、予算や行きかた、ベストシーズンなど…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

翻訳できない世界のことば

 こんな本を読みました。 Lost in Translation: An Illustrated Compendium of Untranslatable WordsSquare Peg Ella Frances Sanders Amazonアソシエイト by  和訳も出ています。 翻訳できない世界の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国連公用語が6つ話せたら

 国連の公用語は英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、アラビア語の6言語。日本語のほかにこれが全部喋れたら、世界のどれくらいの地域で通じるでしょうか。各言語を公用語とする国・地域を地図上で色分けしてみました。 ■日本語 ■英語 ■スペイン語 ■アラビア語 ■フランス語 ■中国語 ■ロシア語 (画像をクリックす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

面白い機内安全説明ビデオ

 先日カタール航空に乗ったとき、機内安全ビデオがえらく斬新でした。コレです↓  こんな機内安全説明が「アリ」とは・・・!!  あまりにも斬新すぎて、往路は機内安全説明とは気がつかず、コマーシャルをやってるんだとばかり思って寝てました(汗)。  でも復路で気づき、面白かったので、個人ディスプレーで何度も再生して見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界のgoogleロゴ

 今日のgoogleのロゴ(Doodle)はウルトラマン。クリックするとアニメーションが始まり、そのあと簡単なゲームが楽しめます。  なんでも円谷英二生誕 114 周年記念だそうです。たった一日のためにこんなに凝ったものを作るって、贅沢ですね。  というか。今日は七夕なのに、円谷英二の誕生日のほうが重要なんだー(笑)。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

七面鳥の呼び名

 2月に図書館に予約を入れて以来、100人待ちだった「日本人の知らない日本語4」が、3ヶ月半待ってやっと借りられました。  ちょうど2月ごろドラマでハマり、原作マンガを1~3巻まで一気に読んだのですが、久々の4巻目も面白かったです。  今回の巻は「海外編」ということで、日本語だけでなく、多言語のウンチクもありました。たと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各国言語諸事情に関する覚書

 4月に書いた記事が発掘されたので、今さらながらアップ。  最近、まったくどうしてかと思うほど、言語政策や母語の危機に関する諸問題を見聞きします。積極的に関心を持って調べているわけでもないのに。  母語を脅かされた経験のないわたしにとっては、正直、母語が存亡の危機に晒されている人々の気持ちをリアルに想像することはでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミンダナオ島のスルタン

 土曜日にスカイプレッスンで話した先生はフィリピン人で、ミンダナオ島のダバオ市に住んでいるとのことでした。  「ミンダナオ島」というと、何か危険なイメージがあります。外務省の渡航情報では常時黄色やオレンジ色に塗られている印象。  でも先生によれば、危険な地域もあるけれど、ダバオは安全とのこと。確かに。あとでミンダナオ島のみの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティー・ロード

 最近コーヒーにハマっていますが、普段は割と、お茶派です。先日コーヒーについて書いたので、今日はお茶について書きます。  お茶には紅茶・緑茶・中国茶などがありますが、それらはすべて、加工方法が異なるだけで、本来同じものです。一本のお茶の木、一枚のお茶の葉が、加工のしかたによって、紅茶にも緑茶にもなります。  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

山手西洋館のクリスマス2010

 毎年12月1日から25日にかけて、横浜の山手西洋館で、クリスマスの特別装飾が行われます。7つの館がそれぞれ各国のクリスマスをテーマに、飾り付けられるのです。  わたしは2004年から毎年この時期に西洋館を訪れています。つまり今年で7年目。2004年から2006年の写真はウェブサイトにアップしてあります。ここ数年はサボり^…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NHKスペシャル「アジア古都物語」 文字と映像

 ことの発端は、図書館でたまたま「ジョグジャカルタ 支えあう王と民」という本を見つけたこと。この本が、わたしにとっては、びっくりするような内容でした。初めて知ることと、先入観を覆すようなことだらけ。これが数年前テレビで放映された「NHKスペシャル アジア古都物語」シリーズの一つだと知ると、「これは絶対見なくては!」と思い、ほとんど衝動的…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

国名の漢字一文字略称 米・英・仏・独・伊・日・中・韓・・・

 日本と交流の深い国々にはそれぞれ漢字一文字の略称があって、簡便に言い表すことができますね。たとえば、「英」とか「仏」とか。「渡米」や「日中関係」というように、「アメリカへ行くこと」「日本と中国の関係」をこんなに短く書けるのは、とても便利です。  それに加え、漢字というのは、ひらがなやアルファベットとはまた違った雰囲気を持っていて…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

返したくな~い!あんな国こんな国

 今ちょっと、困っています。図書館から借りた本を返したくなくて・・・。写真がその本です。7冊のシリーズモノです。これがあると他の本が借りられないし、そろそろ返却期限も近いのですが、手放したくな~い!  そんなに気に入っているなら、買えばいいじゃないか、って? それがダメなんです。1冊3000円近くもするので、全部買ったら2…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

紅茶の歴史

 大航海時代、船で東洋を訪れはじめた西洋の商人たちは様々なものを自国に持ち帰った。おそらく、持てる金銀のありったけをつぎ込んで東洋の物品を買い、船に満載したことだろう。  積荷のうちの大半は、香辛料や絹といった、すでに評価の定まった商品であったに違いない。危険な航海を終え、それらを自国に無事に持ち帰ったあかつきには、巨万の富が約束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more