テーマ:マルタ語

マルタ旅行Tips 冬の服装など

 マルタへ行く前、ネットの情報にだいぶお世話になりました。意外とマルタに行く日本人は多いんですね。英語留学に行く人が多い。ネットの情報が充実していて助かりました。  なのでわたしもちょこっと恩返しすることにします。そのうち旅行サイトのほうにも纏めようと思いますが、とりあえず忘れないうちに、マルタに行く前、自分が知りたかった情報をこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルタのカーニバル

 マルタに滞在していた6日のうち、初日を除く5日間はカーニバルをやっていました。  夜となく、昼となく、紙吹雪は舞うわ、煙は出るわ、大変な騒ぎ。伝統的な街並みに派手な山車。かなりシュールです。  各山車の前ではダンサーが踊りを披露。 子どもも大人と一緒に踊ります。 一般の人たちも、特に子どもはほぼ全員コスプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスピークワの火曜市

最終日6日目は、コスピークワの火曜市に行って来ました。 マルサシュロックの日曜市とは違い、ここは地元の人々のためのマーケットで、聞こえてくるのもほぼ100%マルタ語。 ヴァレッタ付近は外国人観光客が多いから、今までどれがマルタ語かよく分からなかった。グラッツィ(ありがとう)とボンジュール(おはよう)くらいかな。でもどちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴゾ島へ

5日目の昨日は早起きしてゴゾ島へ行きました。ゴゾ島はマルタ共和国でマルタ島に次いで大きな島です。 9:00発にゴゾ島行きフェリーに乗るために6:30始発のバレッタ行きフェリーに乗り、ヴァレッタからバスで約一時間。遠かった。その大変さに比べると、マルタ島からゴゾ島まではあっけなく15分くらいで着きました。 待合室からフェリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルサシュロックの日曜市

いまゴゾ島に向かうフェリーの中です。フリーwifiが飛んでいるので、ささっと昨日の日記をアップします。 4日目の午前中は、漁港マルサシュロックのサンデーマーケットへ。 この市がちょっとしたものでした。湾に沿って何百メートルにも渡り、ずっと露天が軒を並べている。道を一本隔てると、今度はレストランがずっと続いています。露天、道、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルタ島でネコ探し

マルタ3日目は、猫を探しにスリーマ、セントジュリアンに行ってきました。 マルタと聞いて最初に思い浮かぶのは猫というくらい、マルタの猫は有名ですが、それはたまたまじゃなく、住民が意識的・計画的に野良猫に餌をあげているからなんですね。公共のスペースにネコ憩いの場があり、餌、クッションや小屋、おもちゃなどが置いてありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルタストーン

今日は路線バスで島の観光スポット巡りをしました。 路線バスの運転手さんはすごい! マルタの路線バスは日本のバスより長いのですが、その巨大なバスが、こんなところをバスが通るのか!と信じられないような狭い道を走っていく。曲がりくねった道で、しかも道の両脇には乗用車の路上駐車がビッシリ。その狭い隙間をみごとにすり抜けていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハチミツ色のマルタにやってきた

 昨日からマルタ共和国に来ています。地中海に浮かぶ小さな島です。イスタンブール経由で朝空港に降り立ち、路線バスで首都ヴァレッタへ。そこからフェリーで宿のあるセングレアへと向かいました。  セングレアはヴィットリオーザ、コスピークワと共にスリーシティーズと呼ばれる古い市街です。海に細く突き出た半島で、1565年オスマン帝国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルタ語

 来年の2月、マルタに行くことにしました。そう、あの猫で有名なマルタ島です。  早速マルタ語を始めました^^。  マルタ共和国は地理的にはヨーロッパ。宗教的には国民の98%がローマンカソリックというバリバリのキリスト教国。なにしろマルタ騎士団の本拠地だったところですから。  共通語は英語とマルタ語。半世紀前まで英領だったので。ここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more