テーマ:発音

Google翻訳とVoiceTra

 先日VoiceTraに中国語を認識してもらい、すっかり自信を持ったうさぎ。Google翻訳アプリで正しく認識されたらもっと自信を持てると思います。というもりすさんの助言に従い、今度はGoogle翻訳の音声認識を試してみることに。  実はいままでGoogle翻訳に音声入力があることにいまいち気づいてなかった。発音してもらうほうはよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国語学習開始未満

 最近、iPhoneアプリを使い、日課を4つやっています。どれも1分~5分程度の日課です。 1.Duolingo ロシア語 2.Mondly ロシア語など → 過去記事参照 3.Nemo チェコ語 → 過去記事参照 4.中国語の耳ゲー  1のDuolingoは言語は違えど、もう4年も続けているわたしの定…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロシア語発音(3)巻き舌のできないロシア人

 ロシア語発音(1)、(2)の続き。ロシア語の発音の話はこれが最後です。 ロシア人でも巻き舌ができるとは限らない  国籍も違う二人のロシア語ネイティブから偶然聞いた、全く同じ話。  ロシア語ネイティブでも巻き舌のр(ラテン文字で言えばR)が発音できない人がいるそうです。  それほど珍しくはないそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア語発音(2)тьの謎

 前回の続き。ずっと気になっていたことが今回もう一つ解決しました。  тとдの軟音に関してです。  実は今までずっと不思議だったんです。なぜтетрадьのルビはいつも「チトラーチ」で、「ティトラーティ」ではないのか。девочкаはどうして「ヂェーヴァチカ」で、「デェーヴァチカ」もしくは「ディェーヴァチカ」じゃないんだろう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロシア語発音(1)硬音と軟音

 最近、ロシア語ネイティブに集中的に発音指導をお願いしていました。  うーん、ロシア語の発音難しい~~!  一番難しいのはなんと言っても、ш(鉤なし)の発音です。  щ(鉤つき)ではない。意外や意外、これは簡単。日本語で普通に(シュ)と言えばOKが出る。  ところがшは、どう頑張っても「It's still …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

通じる発音

 先日の記事にたくさんの気持ち玉、ありがとうございます。こうしてたくさんの方が応援してくださると思うと、励みになります。外国語学習の励みにも、ブログ更新の励みにも。本当にありがとうございます。  内容的にどれほどみなさんのご期待に添えているかは分かりませんが、これからも学習の節目節目で考えたこと、感じたことを書き綴っていく所存です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これだから発音は面白い

 最近はもう、トルコ語のBusuuもDuolingoも完全放置。Duolingoはアイルランド語だけやっています。面白いわー、アイルランド語。  何が面白いって、言葉のしくみが面白い、発音が面白い。全部面白い^^。  ことに発音。アイルランド語が、というより、発音というもの自体にハマっているのかも。発音練習って何か別のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヒル口

 昨日の朝、鏡の中に、見事なアヒル口を発見!! びっくりしたー!! まさか本当にできるようになるとは!!  実は密かに練習してたんですよ~! これ!!  アヒル口というのは、唇の裏側が見えるような唇の形です。↓こういう形。  2、3ヶ月前にこの動画を見て以来、この口の形を練習していました。英…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

舌で音を聴き取る

 RとLの聞き分け、鋭意奮闘中です。ふと思いついては、ra la ri li...などと言いながら、音の違いを確かめています。  まあ簡単にはいかないですね。100%聞き分けられる日は永遠に来ないような気がしてきました。  とはいうものの、全く状況に変化がないかといえばそうでもなくて、成果といえるほどではないにせよ、いろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞き分けられないとはどういうことか

 ここ数日、RとLのことばかり考えていました。先週、「RとLが聞き分けられない」と書いたのがきっかけです。  ブログに「できない」と書くと、今まで「できない」と頭から信じていたことに疑念が湧くんですよね。「本当にできないのかな?」「もしかして、何か方法があるんじゃないか?」って。  普通、「できる」と書くと「できる」と思える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RとL

 ああああ、昨日書いた記事を読み直して、やっぱり自己嫌悪 何が言いたいんだか、サッパリ分からない。わたしって構成力に呪われているかも~~。  ・・・って、結論も考えないままに書き出すからいけないのよね。書いているうちに結論が見えてくる、って感じ。  というか。結論が分からないからこそ、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

発音について思うこと

 最近、himaさんが、中国人に日本語を教えるときの発音(※イントネーション、リズム等を含む)指導の苦労について書いていらして、これが非常に興味深い。  ・ 聞こえたとおりに発音、とは?  ・ 無声化? 私には聞こえます。  相手にとって「見えないもの」「聞こえないもの」を一生懸命「見せよう」「聞かせよう」とするh…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「英語喉」にハマったの巻

 ここのところ静かに「英語喉」にハマっていました。2ヶ月かけてやっと一通りやり終えたところです。 それ用に用意したノートの表紙。イギリスっぽいでしょ^^。実はアメリカ英語なんですが(笑)。 ・ 英語喉プロジェクト というブログを知りまして、ここにアップされているyou tube動画を、テキストなしで見始めたのが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

巻き舌の奇跡

 今日は昔話をしましょう。それはかれこれ三むかし前のこと、週に一度、ロシア語をならっていました。  まだ習いたてのある日、先生が「来週までに巻き舌ができるようなってきなさい」とおっしゃいました。  「えー、巻き舌って、練習したからってできるようになるものなのー??」 と、クラス内は騒然。その時点で巻き舌ができる人…
トラックバック:6
コメント:14

続きを読むread more

フォニックス 母音字のルール

  フォニックスで学んだ母音字のルールを、さわりだけですが、ご紹介します。とてもきれいな規則があるんですよ。   アクセントのある母音字の読み方はそれぞれ2つあります。  ① ローマ字に近い読み方    A ア(「エ」に近い「ア」)   MAT、CAT、HAT・・・    I イ(「エ」に近い「イ」)    SI…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フォニックスとは : 英語の綴りと音のルール

 最近初めて『英語の綴り字の読み方』を知りました。今まで知らなかったんです。「英語の読み方のルール」を。自分がそれを知らない、ということにも気づいていませんでした。  英語のつづり方と音のルールについて教えてくれたのは「フォニックス」というメソッドです。「英語圏の小学校などで行われている綴り字の読み方指導」のこと。もともと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more