うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS スペイン語ネイティブの頭ン中

<<   作成日時 : 2017/03/16 22:40   >>

かわいい ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 0

 6月の英検一級受験を見送ると決めてから、なんだかものすごく気が軽くなりました。

 英検に直接関係のないことやってても、全然オッケー!

 トルコ語、アラビア語、スペイン語・・・。なに語でも遊べる!

 わたしは自由だ!!



 そんなわけでほぼ2ヶ月ぶりにDMM英会話でスペイン語を話してみました。

 お気に入りのメキシコの先生のレッスンです。たまたま空いているのを間際に発見したので、ウォーミングアップも何もナシ。でも先生の顔を見た途端、スペイン語モードになり、けっこう話せました。

 ちょっと前にパナマやアルゼンチンの先生と話したときは、スペイン語のスの字も出てこなかったのに。たぶんあのときは、英検が気になって、スペイン語にロックをかけていたんだな。



 実は最近、初孫が生まれたの。だから今回のレッスンは、おのずと出産・誕生の話になりました。

 ときどき単語が思い出せなくて、先生に助けてもらったけどね。出産=partoとか。


 でもそれを言ったら、先生のほうもけっこうスペイン語が思い出せなかったな。スペイン語ネイティブなんですけどね〜(笑)。

 たとえば、孫の名前を聞かれ、「メインの意味は、希望」と言おうとしたら、その「希望」が思い出せなかったので、先生に「スペイン語でHopeってなんだっけ?」と尋ねたら、「え? え? なんだっけ? ちょっと待った(Espera momento)」。

 その「Espera momento」を聞いて、「そうだ! Esperanzaだ!」と先に思い出したのは、わたしのほうでした。


 あと「無事に生まれて安心した」と言おうとして「I'm really relievedってスペイン語でどういうんだっけ?」と尋ねたら、先生、また頭を抱えてしまった(笑)。

 辞書を引き、「・・・あ、そうだ、そうだ、Es un alivioだった!」と。

 英語を逐語訳的に訳してEstoy muy aliviadaと言っても間違いではないんだそうですが、誤解を招きやすい。精神的にホッとしたときより、肉体的な病気が治ったときによく使われるからだそうです。

 更に、動詞aliviarseには、「出産する」という意味もあるそうです。これは辞書に載っていないから、メキシコ方言かな。

 Es un alivioはまさしく文字通り「これで一安心」という意味になるので、これがオススメだそうです。




 しかしこの一連のやり取りで、スペイン語ネイティブの頭の中が垣間見られた気がしました。

 要するに、逐語訳するんですね。英語⇔スペイン語の間で。英語とスペイン語はよく似た単語が多く、意味の範囲もほぼ同じ場合が多い。だから逐語訳でもたいてい大丈夫なのでしょう。

 特に教養単語ほど、きれいに一対一対応する。元はどちらもラテン語だからです。-tionを-ciónに変えるだけで、また-tyをtadに変えるだけで、英語がスペイン語に早変わり。

 ところが、そうではない場合ももちろんあるわけです。上記のhope - esperanza、I'm relieved - Es un alivioのような場合です。こういうとき、母語より英語に親しんでいるスペイン語ネイティブは慌てふためくわけです。いつもの手法が使えなくて。


 つまり彼らは、英語から翻訳しながら母語を喋っているのではないか。

 逆に、英語の習熟度が低い場合には、母語を英語に翻訳しながら喋っているのではないか。



 ちょっと羨ましいですよねえ。それで済むなんて。

 日本語はあまりに英語と違いすぎるから、そんなやり方は通用しない。母語から完全に頭を切り替えないと、おかしな英語になってしまう。ボキャブラリに関してはまだ、英語からの借用語など、比較的一対一対応するからラクですが、文法に到っては、まず文の構造からして全く違うしねえ。

 やっぱり似た言語の習得はラクなんだろうなー、と思った次第です。




 ところで余談ですが、先生は合衆国在住。あちらでは痛み止めを打つ無痛分娩が一般的だそうで、「ねえねえ、日本では痛み止めを使わないって聞いたんだけど、ほんと?」と聞かれました。

 「うん、ほんと。うちの娘は使ったけどね。でも日本では無痛分娩は2%くらいだそうよ」と言うと、

 「どうして痛み止め打たないの? 理解できない!」ですと。


 うちの娘は、途中で陣痛の痛みに耐え切れなくなり、無痛分娩に切り替えました。無痛分娩代12万円。総額なんと、75万円!!

 ひえー!!

 わたしは27年前、娘を25万で産みました。最近の出産費用は高額だとは聞いていましたが、そんなに高いとは!!

 出産にそんなにかかるんじゃあ、みんな子ども産まなくなるわけだわ。

 少子化、少子化と言う割には、まったく無策ですよねえ。

 三人目の子どもから毎年100万助成を出すとかすればいいのに。子沢山のほうが金銭的に潤う社会にすれば、アッという間に少子化なんて解決すると思います。



画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
スペイン語ネイティブの頭ン中 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる