うさぎメモ@多言語に夢中

アクセスカウンタ

zoom RSS DMM英会話5万分の成果

<<   作成日時 : 2017/06/11 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

 DMM英会話で、通算英会話時間5万分を達成しました

画像 5万分ということは、約833時間。2000回のレッスンを受けたことになります。

 入会から3年と2ヶ月ちょっと。今は一日1レッスンにしていますが、2年間半ほど、一日2レッスン受けていました。

 わたしの場合、アラビア語やトルコ語、スペイン語など、いろんな言語で喋っているので、実際は「英会話時間」ではなく、「外国語会話」の通算時間ですが、我ながらよく喋ったと思います。

 辞めてしまった先生が日本に遊びに来た際には8時間くらい立て続けに喋っていましたから、それを入れれば、もっとになるかな(「はじめての通訳ガイド」参照)。



 このくらいスカイプレッスンで英会話するとどうなるか。

 ・・・まあ、「堪能」とまではいきませんが、「流暢」にはなります。(「堪能」と「流暢」の違いはこちら

 通訳案内士の資格も取得しました。つまり、ギリ仕事ができる程度には喋れるようになる、ってところかなあ?


 ちなみにうちの娘は大学時代、他社(レアジョブ)に2年半お世話になりました。

 娘はわたしと違い、外国語オタクどころか苦手意識があり、やる気なさそーに毎朝寝起きの頭でレッスンを受けていましたが、毎日休まずレッスンを受けると、ヤル気がなくてもそれなりに上達するようです(笑)。大学卒業後、就職して忙しくなり、レアジョブは辞めましたが、ちょくちょく海外出張のお役目が回ってきます。つまり社内で「コイツは英語が喋れる」と認定されているのでは・・・?



 レアジョブにしろDMM英会話にしろ、ただ在籍しているだけではダメですが、毎日25分レッスンを受ければ、それなりに喋れるようになるのではないかと思います。

 だって日本語だってそうやって喋れるようになったんだもん。英語だってそうだよ。喋らずに、喋れるようになろうというのは無理喋れるようになる唯一の道は、喋ることと思う。

 他の日本人がいる前で間違うのは恥ずかしいけれど、個人レッスンは、どんなに恥をかいたって先生のほかには誰も聞いちゃいないし、スカイプを切れば、恥も消える

 スカイプの向こうは地球の裏側。だから自宅にいながらにして、旅の恥はかき捨て気分〜。気に入った先生は何度でも予約すればいいし、一度でもうたくさんと思ったら、他の先生をあたればいい。他に先生は何千人もいるのだから。

 ちなみにわたしが一番回数多く受けたのはセルビアの女性の先生で、これまでに276レッスン受けました。

 次がフィリピンの女性で、134レッスン。

 三位がメキシコの男性で、68レッスン。

 最近、受講履歴が先生ごとに表示されるようになり、と〜っても便利ですが、辞めちゃった先生の分が見られないのが玉にキズ。トルコの女性の先生には確実に3ケタお世話になっていると思いますが、辞めてしまわれたので、回数が分からない・・・。

 だいたいお気に入りの先生と話すときは、「この先生とはこの教材」って決めて使っています。そのほうがあとでレッスン記録が追いやすくて便利なので。さすがに2000レッスンも受けると、教材も使いつくしてしまうので、最近はDaily newsをよく使っています。


 ちなみに最近は、他の外国語で話すのはやめて、英語に絞っています。お気に入りに入れているメキシコやトルコの先生のレッスンの空きを見つけると、つい予約したくなっちゃうけど、しばらくガマン。今は英語に集中したいので。

 ここ2週間は「アルバニア週間」と決め、アルバニアの先生のレッスンばかり予約していました。今、アルバニアは11人の先生がいらっしゃるようですが、そのうち10人と話し、アルバニアの観光名所から、料理、社会問題などについて教えていただきました。

 これまでにも「インド週間」、「バルティック週間」など、テーマを決めてレッスンを楽しんでいます。


 これまで喋った先生の出身国は


 アジア: フィリピン、インド、スリランカ、バングラディッシュ

 ヨーロッパ: セルビア、ブルガリア、ルーマニア、アルバニア、マケドニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、ギリシャ、フランス

 中東: トルコ、アゼルバイジャン、イラク、パレスチナ、エジプト、チュニジア、イスラエル、レバノン

 旧ソ: リトアニア、ラトビア、エストニア、ベラルーシ、カザフスタン、ウクライナ、ジョージア

 アフリカ: ナイジェリア、ガーナ、ジンバブエ、ボツワナ、南アフリカ、ザンビア、ブルキナファソ、カメルーン

 中南米: メキシコ、アルゼンチン、ジャマイカ、ドミニカ国、パナマ、トリニダード・トバゴ


 43カ国。おお、意外とあるな。

 たぶんあと数カ国あると思いますが、カリブ諸国とアフリカはいまいち国の区別がつかず(笑)、よくおぼえていないので、確実なものだけ挙げました。

 まあ、「出身国」ったって、A国で生まれた人がかならずしもA国籍を持っているとは限らないし、A国に現在住んでいるとも限らない。両親はA国出身で、B国で生まれ、今はC国に住んでいます、なんていう先生がザラなのにはびっくりします。まず容姿からして、ヨーロッパ出身だから白人とは限らないし、アフリカ出身だから黒人とも限らない。イスラム圏だからといってムスリムとは限らず、アラブ諸国だからといってアラビア語ネイティブとは限らない。宗教も容姿も母語も、もうほんっと様々です。

 そしてそこがDMM英会話の良いところかな。日本みたいに、住んでる国と国籍と母語がイコールなんていうのはむしろ珍しい。世界ってところは日本より国境の垣根がずっと低く、人の行き来が激しい。だからこそ言葉が通じるってありがたいなあ、と思える。

 とはいえヨーロッパ系の先生が多いのはやっぱり魅力ですね。「ガイジンと喋ってる〜」という気分になれるので(笑)。

 オススメはセルビア人。数が多いのでお好みの先生選び放題だし、どの先生も発音がとてもきれい。しかもいかにもヨーロピアンな美男美女が多く、テンションが上がる(笑)。



 「やっぱり話すなら相手は英語ネイティブじゃないと」と思っている人も多いと思いますが、英語慣れしていない人にはむしろ英語ネイティブより、非英語ネイティブの英語のほうが聞き取りやすくて良いです。

 それに地域的なクセのない、世界のどこででも通じる標準的な英語が学べる。

 ちなみにセルビア人の英語はイギリス英語がベースです。わたしはアメリカ英語とイギリス英語の違いには無頓着なほうですが、フィリピンの先生より、セルビア先生の英語のほうが概して折り目正しい感じがします。フィリピンの先生は仲良くなるほど、ノリノリのアメリカ英語になってくる(笑)。それはそれで楽しいんですけどね〜。


 言葉は通じてナンボ。わたしの英語はイギリス英語でもアメリカ英語でもなく、いわゆる「ネイティブっぽい英語」でもないかもしれませんが、少なくとも世界中の人々と分かり合える標準的な英語であることだけは確かです。わたしはそういう英語が喋れるようになりたかったので、ひとまずこれで満足です。

 とはいえもっともっとうまくなりたいので、これからも末永くDMMを続けるつもり。しばらくは英語に専念しますが、一区切りついたらまた他の言語でも喋りたいと思います。



 他にDMM英会話で5万分喋った人ってどれくらいいるんだろう?

 けっこういるのかもしれませんね。数十人? もしかしたら軽く3ケタいるかもしれない? ・・・って、そんなにいるわけないか。できてまだそんなに何年もたっていないものね。

 きっと割合にしてもごくわずか。せいぜい会員の数パーセント、もしかしたら1パーセントもいないかもしれない。 


 なので、今日はちょっと経験者ズラししてDMM英会話の楽しみ方について語ってみました。


英会話




関連過去記事:

レジェンド(30000分)達成

24000分達成

マスター(20000分)達成

クリスタル(10000分)達成

プラチナ(6000分)達成

ゴールド(3000分)達成

2000分達成

シルバー(1000分)達成

お試しレッスン(トルコ語)


フリーカンバセーションのコツ:

質問会話法


教材活用:

中級日常会話

句動詞教材

瞬間英作文








 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
DMM英会話5万分の成果 うさぎメモ@多言語に夢中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる