ついに来た!インドネシア語検定(尼検)の結果

インドネシア語検定C級の結果


 検定試験から待つこと2ヶ月半、ついについにインドネシア語検定C級の結果が本日(10月3日)郵送されてきました。

 結果は合格でした!!

 あーよかった。ホッとしました。


 点数も割とよかったです。100点満点中、92点。インドネシア語を始めて7ヶ月の割には、けっこう頑張ったでしょ?
ちなみにC級の最高点は96点だったようです。

 今回は例年に比べ、明らかに問題が易しかったです。そのせいか合格点も高めの66点に設定され、それでも合格率41%。ずっと30%前後で推移していたC級の合格率が、前回に引き続き、40%の大台に乗りました。

 これって良いのか悪いのか。

 まだ難しかった頃に苦労して受かった人からすれば、「チッ」という感じでしょうし、何度も挑戦してまだ受かっていなかった人からすれば、ボーダーラインが向こうから下がってきて嬉しいかもしれないし。

 回を重ねるごとにだんだん難しくなるアラビア語検定、だんだん易しくなるインドネシア語検定。世の中いろいろですねえ。早く英検のように、難易度の定まってほしいです。


 ところで、実はすでに、次回検定の受付が始まっていたりなんか・・・(苦笑)。

 ・・・で、次回B級を受けるか、って?

 ・・・いや、やめときます。C級が終わった直後は、「さあ、次はB級だあっ!!」っていう気合があり、B級問題をやってみたりしていましたが、C級の結果を2ヶ月半も待っているうちに、その気合はどこへやら。 もう、待ちくたびれちゃった。

 インドネシア語の学習は細々続けますが、尼検はもういいや~。さすがにわたしも1年中インドネシア語検定のことだけ考えていられるほど、ヒマじゃないので。

 もしそのうち問題用紙が持ち帰れるようになり、一ヶ月以内に結果が出るようになったら、また考えます。


 最後になりましたが、「インドネシア語検定合格体験記」を書きましたので、もしよかったらご覧ください。




にほんブログ村 外国語ブログ マルチリンガルへ
↑いつもクリックありがとうございます。
一日一クリックの応援が、更新の励みです。







この記事へのトラックバック