Nemo自分セレクト

 スマホアプリNemoシンハラ語の有料版を買っちゃいました\(^〇^)/  元々買うつもりはなかったんですが、無料お試し版に含まれないフレーズが知りたくて、つい・・・。


 でも結果的に、買って正解でした。うん、これはいい買い物だった。なのでロシア語も買っちゃいました^^。他の言語も追い追い揃えていこう。

 Nemoの正式版は現在1400円。以前は1000円くらいでしたが、円安になるにつれ、1200円、1400円と気づけば値段が上がっていた。。・・・あああ、1000円のときに買っておけば~~!(涙)

 最近の語学アプリは購読制が多いですが、Nemoは一回払えばずっと使える。毎月・毎年ランニングコストが発生する購読制よりわたしは買取りの方が好きです。


 
正式版のほうが便利とは限らない

 Nemoはけっこう気に入っていて、これまで10言語近く使ってきましたが、どれも無料のお試し版。正式版を買ったことはありませんでした。

 なぜかというと、使い勝手が変わってしまいそうで怖かったからです。

 実は有料版にした途端、使わなくなった類似のアプリがあるのです。お試し版は内容量が限られていたから大事に使っていた。ところが正式版を購入したら内容量が多すぎてありがたみが薄れ、面倒くさくなっちゃった。


 たとえばNemoで言えば。

 お試し版にはフレーズ/単語が101収録されています。

 一方、有料の完全版は2000収録されています。

 101個なら全部見ても2、3分ですが、2000となると何十分もかかるでしょう。たぶん途中で飽きちゃう。101なら毎日チェックできるけど、2000は自信ない。だから有料版になかなか手が出せなかったのです。

 使いようによっては、正式版より無料のお試し版のほうが便利なこともあるわけです。



自分セレクトのフレーズ集

 でも実はNemoにはフレーズ・単語を選ぶ機能があるんですね。覚えたいフレーズ・単語が自分でチョイスできる^^。それが良かった。


 まず正式版の2000から使いそうな単語やフレーズだけ基本の101に足すことを思いつきました。

 次に基本の101の中で使いそうにない単語やフレーズは除くことを思いつきました。

 たとえば「写真を撮ってもよいですか?」などは101に含まれていなかったので足し、101にあった「あなたを愛しています」などは使いそうにないので除きました。

画像 画像
基本101のフレーズ。敬称か親称かが違うだけ。
これも敬称に統一して親称は削除。



 これでNemoが「自分のフレーズ集」になりました^^。一からフレーズ集を作るとなったら大変だけど、最重要フレーズ・単語101という叩き台があり、それを元にちょこっと足したり引いたりするだけなのでお手軽、楽ちん^^。重要度も設定できる(上のスクショ参照。赤から青のゲージを調整する)ので、好きな順番に並べることもできます。



 自分にとって必要なもの・不必要なものを取捨選択するって、一見すごく当たり前のこと。

 でもわたしは長年Nemoを使いながら、フレーズ・単語が選べる機能に気づいていませんでした。今回初めて気づいた。

 今から思うと不思議だけど、「選びたい」とも思っていなかったから、方法も探さなかったんだと思う。

 与えられたものは全部やるものだと思い込んでいた。我ながら従順だなあ。

 「捨てる」のはけっこう勇気がいりますね。別に「捨てる」ったって、データが完全に消えちゃうわけじゃなく、よく繰り返すリストから一時的に外すだけなんですが。101あったら101、2000あったら2000、全部覚えなきゃいけない気がしちゃう。真面目すぎるだろ、おい。



限られた時間だからこそ

 今回「取捨選択」を実践できたのは、時間が限られていたせいだと思います。

 ロシア語検定を控えている今、出発まではロシア語に専念せざるを得ない。シンハラ語に専念できるのはスリランカまでの行きの飛行機の10時間のみです。それも機内映画で面白いのがあれば、そっちが優先。うまいこと眠れたら眠りたいし。実際シンハラ語をやるのはせいぜい2、3時間のことでしょう。

 行きの飛行機の中で効率よく、使いそうな単語だけ2、3分で一周したいと思った。それがNemoにフレーズを選べる機能がないのかな、と思ったきっかけです。

 間抜けなことに、その機能の存在に気づいたのは、課金したあと^^;。

 もしこの機能に気づかなかったら、正式版なんてむしろ買わないほうがよかったという結果に終わっていたかも。たった数時間で2000のフレーズを覚えようったって無理。「あー覚えられないーー!」とストレスを溜めるだけで終わっていたでありましょう。そのくらいなら、もうだいぶ覚えている一般的な重要101フレーズに集中したほうがまだしもマシだった。


 時間が限られているときは、やる範囲も絞るべき。欲張りすぎるとアブハチ取らずになる。

 でも逆に、範囲を絞ろうと思いついたのは、時間が限られていたから。どんな状況でも、その状況を利用すればいいんだよね^^。



まとめ

 完全版を買ってよかったなと思うのは、お試し版に含まれていなかった「写真を撮ってもいいですか?」や「値引きしていただけませんか?」があったことと、youtube動画で何度も繰り返されていたフレーズの意味が分かったこと。


හරියටම හරි
(hariyaṭama hari)

っていうんですが、これがどういう意味がずっと知りたかった。「そうです」という意味なんですね。これを見つけたとき、「買ってよかったーーー!!」と思った^^(単純)。



 どんなに優秀な道具でも、使い方によっては宝の持ち腐れ。今回のNemoは、自分に合った使い方が見出せてよかったです^^。

 
 今回の旅行には「旅の指さし会話帳」は持っていかないことにしました。WifiがなければGoogle翻訳も使えない。VoiceTraも無理。使えるのはNemoだけという状況が却って集中できて良いのでは、と思っています。


 あー、外国語学習って楽しいよねえ~~~。こういう発見がほんっと、楽しいです^^。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック