中検受けます

 11月の中検(中国語検定)に申し込みました。級は準四級。一番下の級です。

 今年はロシア語検定2級受験を断念、10年ぶりに検定試験はなしかなーと思っていましたが、毎年やってることをやらないと、気分良く年を越せない気がして。

 それで8月にDuolingoの中国語コースにハマったとき、ハマって3日目にふと思い立って中検準四級の過去問をやってみたんです。そしたらなんと8割以上取れた!!

 デュオリンゴで検定対策もアリなんだ?!と知った瞬間でした。そして、ヨシ、今年は中検いっちゃおう、と密かに思った^^;


 だがここで欲が出た。「2日で準4級が8割取れるなら、あと一週間もやったら4級でも行けるんじゃね?!」と思ったんですね。それでカンボジア旅行前にカンボジア語そっちのけでDuolingo中国語にハマっていたわけです

 でもさすがに旅行中は中断せざるを得ず、そして中断したら気が変わり、ストリーク数を守るギリギリの1日5分ペースに。・・・ははは、こんなことなら旅行前は普通にカンボジア語をやっとくんだったよね。前回も書いたけど、これでわたしは優先順位を見極めることの重要性を思い知ったのでありました。


 で、あれから早二カ月。そろそろ申し込みの締切も近づいた昨日、やーっと思い腰を上げて、もう一度過去問に挑戦。まずは8月にやった同じ問題を解いてみた。そしたら9割以上とれた\(^o^)/  気を良くして、今度は思い切って別の年度のをやってみたら、やっぱり8割取れたので、気分が変わらないうちに、と思って勢いで申し込んでしまったというわけです。

 ・・・フフフ、今回もうまく自分を騙せたな(笑)。




 わたしは試験ってけっこう好きです。問題を解くのって面白いと思う。

 でもそれは「できる試験」に限った話。「できない試験」は怖い。



 だから、わたしにとって検定試験の一番の難関は「申し込み」です。

 申し込みのハードルが高い。「この試験、行けそう」と思わない限りは申し込まないから。

 逆に言えば、申し込んでしまいさえすれば、あとは何とかなる。



 良くも悪くも臆病なんですよね、わたしは。

 臆病者だから、検定試験を申し込むのが怖い。

 でも臆病者だから、申し込んでさえしまえば、落ちるの怖さに必死に勉強する。

 わたしが試験に落ちないのは、うさぎのように臆病だから。(おのれはゴルゴ13か?)




 わたしは臆病なので、新しいことを始めるのが苦手。

 右も左も分からない世界に飛び込んでいくのは怖い。


 一度中断したことを再開するのも怖い。勝手を忘れちゃってるから怖い。

 検定試験も、今年休んだら、来年以降、怖くて受けられなくなってしまうかもしれない。

 だから今年も受けることにしました。



 但し、申し込んだからといって必ず受けられるとは限らないんですね。今回のロシア語検定でそれを思い知りました。

 今回のロシア語検定二級は昨日、12日。仮に申し込んでいたとしても台風で受けられなかった。東京・横浜会場は台風の影響で試験が中止になったようです。そんなこともあるんだなあ、と思いました。

 体調を壊したり、突然予定が変わったり。そういう個人的な理由なで受けられないこともあるけれど、でも試験自体は必ずあるものだとなんとなく思っていたんです。

 でも例えば今年の春の仏検も、警察から拳銃を奪った犯人が会場付近を逃走中のため、その会場の試験は中止となったそうだし、試験自体が中止になることも、あれやこれやいろいろ起こりうるんですねえ。無事試験を受けられるって有難いなあとつくづく思いました。

 だからその有難いチャンスを無駄にしないよう、試験までにやろうと決めたことはきちんとやろうと思います。



IMG_6017.jpg
万里の長城

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)