わたしはハイパーグロット

 いよいよポリグロットカンフェレンスが近づいてきました。明日、福岡に向けて発ちます。

 あードキドキ・・・。なにがドキドキって、まずは一人で飛行機に乗ること。飛行機に乗るのって、面倒くさいじゃないですか。チェックインとかセキュリティチェックとか。いつも家族か友達と一緒になんとなく済ませているので、よく考えると手順がよくわからない

 あと、宿もちょっとドキドキ。今回初めてAirbnbで宿を取ったので。いわゆる民泊ってヤツです。空港からも会場からも便の良いところを選びましたが、なんせ普通の住宅街の中の普通のお宅なので、はたして無事たどり着けるのか心配~! Google mapだけが頼り。

 飛行機や宿に比べると、大会自体はそんなに不安ではない。場所は大学だし、カンフェレンスは一日中やっているのだから、時間までにたどり着けないってこともないだろうし、ただそこにいればなんかしら得るものはあるだろうし。

 ただ気候が心配。会場は寒いのか暑いのか。しかも明日から三日続けて雨となっ?!


 しかしなんで会場が首都圏ではなく、海外からの直行便があんまりなさそうな地方都市なのだろうと不思議だったのですが、昨日たまたま疑問が解けました。会場となる九州産業大学に、ポリグロットの教授がいらっしゃるのですね。Tim Keeley先生とおっしゃる。なんと30言語で意志の疎通がはかれるそうです。今回の大会のスピーカーの一人でもあるので、この先生が今回の大会をご自分の大学に誘致なさったのかな、と思いました。

 で、このTim先生の論文をちょこっと拝見していたら、Hyperglotという言葉が出てきた。てっきりHyperpolyglot(超多言語話者)の略かと思ったのですが、どうもそうではないみたい。

 Urban dictionaryによれば
hyperglot
Different from hyperpolyglot, it is a person who studies languages for pleasure more than for necessity, generally studying several at a time and going back and forth between them.
(ハイパーポリグロットとは違い、必要があってというよりは楽しみのために、概して同時または行きつ戻りつしながら複数の言語を学ぶ人のことである。
だそうです。

 えっ?!!


 ・・・これ、まさしくわたしのことじゃない??


 そうか、わたしはハイパーグロットだったんだ!! 英語でわたしみたいな人のことをhyperglotと呼ぶんだったのね!

 なんかカッコよくない? ハイパーグロット。いやほんま、カッコエエわー。

 まあまだ新語で、意味が安定していないようですが。



hyperglotとはこういう人のこと。↑


 「ポリグロット」という言葉自体、日本語としてはあまり一般的ではありませんが、polyglotというのは「多言語話者」のこと。つまり日本語でいえば「マルチリンガル」。multilingualがラテン語由来の言葉なのに対し、polyglotはギリシャ語由来です。

 multilingualとpolyglotは同義語ですが、実際はmultilingualは形容詞、polyglotは名詞と使い分けられる傾向にあります。多言語話者の意味でmultilingualが使われているのをわたしは一度も聞いたことがない。どの国の人と話しても、多言語話者の意味ではもう必ずpolyglotを使ってくる。で、じゃあmultilingualは使われないのかというと、多言語的環境などと言うときは、multilingual circumstancesとかmultilingual atmosphereとか、polyglotではなく専らmultilingualが使われている気がします。

 bilingualやmonolingualは形容詞にも名詞にも使われるのに、面白いですね。



 あと、hyperpolyglot(ハイパーポリグロット)は新しい造語なので、何言語をどの程度喋れたらハイパー(hyper)がつけられるかの定義は一説によれば6言語、一説によれば20言語とまちまちです。

 一方polyglotは、2言語だとbilingualなので、3言語以上というのが一般的なようですが、実際は5言語喋れないとpolyglotとは呼べないとか、全部ヨーロッパ言語だとpolyglotとは呼べないとか、ローカルルールもいろいろあるようです。

 日本人からするとポリグロットどころかバイリンガルだって憧れだけれど、世界的に見れば、日本のようなモノリンガル環境のほうが少数。世界の約60%(一説には75%とも)は二言語以上の言語が混在する地域に育った人だそうですから、ただのバイリンガルか、それともポリグロットと呼ばれ得るかはけっこう気になるところのようです。


 まあどのみちわたしなんぞはポリグロットどころかバイリンガルとも呼べないのであんまり関係がないけど。

 なのでハイパーグロットという呼び名を得て、いますっごく嬉しいです^^。

FullSizeRender.jpg
着物を着ていこうと思います。
開催地・博多に敬意を表し、帯はすべて博多帯。


Img_5879.jpg
お近づきの印にあげようと思って買ったワークブックと地図。
多めに買って見た。こんなにたくさんお友達できたらいいなー。



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス