中検4級申し込み

 Du Chinese、Mondlyに続き、早くも今年三つ目の大きなお買い物〜! 3月の中検4級に申込みました\( ˆoˆ )/ もはや語学系お買い物ブログと化しておる( ´ ▽ ` )

 申し込みは2月に入ってからでも充分間に合うのですが、気が変わらないうちに申し込んでしまった。次回は第100回なのでぜひ受けたいと思いつつ、逡巡もあったからです。

 受けるからには受かりたい。でも無理かもと思って尻込みもしていたんです。

 無理かもと思う根拠は三つあって、

1、4級のレベルチェックが難しかった

2、準4級の問題集でもできない問題があった

3、中検4級 ≒ HSK3級 = intermediate(中級)という図式が頭に浮かんだ


 4級はおろか準4級の問題さえ積み残しがあるのに、中級? 普通に無理でしょ、と思った。それで申し込みが始まってこのかた5日、受けようかどうしようかと本気で悩んでいた。


 でも臆病心がほんの一瞬緩んだ隙に昨年の過去問をやってみたら8割取れた\(^o^)/ それで気を良くし、また自信が萎まぬうちにチャッチャと申し込んでしまったわけです。

 実は過去問をやったといっても筆記のみ。でもここで聴解もやってできなかったらまた元の木阿弥。なので聴解をやらないうちに急いで申し込んでしまった。


 検定試験の申し込みには、いつもこういうドラマがあります。不安と闘って、やっとの思いで申し込む。

 申し込んでしまった以上はもう後には引けないので、あとは目標に向かって前進するのみ。過去問ができなかろうが、あとはも
、泣きながらでもやるしかないわけです。なのである意味、申し込んでしまいさえばこっちのもん。ケチなわたしが4000円の受験料のモトを取りに行かないわけがないからです。

 本当は怖いんですけどね。中検4級は聴解と筆記を別々に採点し、その両方が60点に満たないと合格はもらえないらしい。書けて読めても全然聞きとれないかもしれないのに、フライングで申し込んじゃったのだから。


 さて、これで聴解の過去問にも安心して(?)取り組めるようになったというわけだ。退路を断ったところで、聴解の過去問もやってみます^_^



Duolingoの日中コース、完全コンプリートしたー^_^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)