ロシア語で101.comを使ってみた

 (7/27追記あり)インプット大作戦、鋭意継続中~^^ メモっておきたい情報や、気づいたことなどがどんどんたまっていくので、張り切って順に書いていこうと思います。


 今回は101.comについて書きます。

youtube動画


 101.comはYouTubeやPodcast、アプリなどで様々な媒体で様々な言語の学習ツールを配信しているサービスです。

 YouTubeの101.comは、他の言語で使ったことがあります(過去記事参照)が、ロシア語は初めてかも?

 ロシア語だけでもたくさん動画がありますが、わたしが一番気に入っているのは下の動画です。



 どこがいいかというと、問題形式になっていること。ちゃんと聞かないと答えが分からないので、自然と集中して聞くことになる。そこが良い。

 特に、会話の中から特定の情報だけ拾い出すスキャニングの練習になると思います。

 ほんの1、2分くらいの問題が何十とあって、全部やると2時間以上ありますが、初級から上級まで一つの動画に入っていて、後半は難しいので、前半だけやりました。

 面白いので、これからも繰り返しやりたいです。ちょっと2回目をやってみたけど、意外と答え、覚えてないので、繰り返しできる^^。


 あと、このシリーズも気に入っています。


Russian Reading for Beginners

 これも問題形式になっていて、ただし、こちらはリーディングスキル。ごく短時間に特定の情報だけスキャニングするトレーニングです。


アプリ

 
 101.comってアプリも作っていたんですね。今回初めて知りました。

Innovative 101 Learn Languages(わたしが使っているのはiOS版)

 有料アプリです。毎月購読料がかかります。でも最初に試用期間があって、1週間無料で使えます。

 いまわたしはその試用期間中です。試用期間が切れるとたぶんいろいろできなくなると思うので、今はこれ中心にやっています。

※7/27追記 一週間のお試し期間が終わりました。ほとんどのレッスンに鍵がかけられました。無料会員でもそれなりに使える有料アプリもありますが、このアプリに関しては無料で使い続けることは難しそうです。



 以下に、このアプリを1週間弱使ってみて、わたしが感じた利点も欠点を書きます。

 まずは利点から。

操作性は良好
 
 このアプリ、まず全体的に操作性が良いです。直観的に操作でき、動きも軽快です。オフラインで学習したいときは、あらかじめファイルをダウンロードしておくこともできます。操作性については特に不満はないです。

※7/27追記 アカウントは言語ごとに作るようで、複数の言語学習に使う場合はアカウントを言語の数だけ作らなくてはならないようです。これは多言語学習者にとってはちょっと面倒です。


リスニング内容充実

 内容もけっこうボリュームがあります。メインとなるレッスンコースだけでもそれぞれ

 レベル1(入門)55課
 レベル2(初級)80課
 レベル3(中級)50課
 レベル4(中上級)50課
 レベル5(上級)35課

あります。

 それぞれの課は、数十秒のダイアログ(スキット)と、そこに英語の解説をプラスした10~20分くらいの音声ファイルがメインとなっています。わたしはロシア語のダイアログだけ聞けるのがとても気に入り、ダイアログだけレベル2とレベル3を合計130課聞きました。

 基本的にはリスニング教材ですが、スクリプトで内容を確認することもできます。わたしは最初の2、3回は音だけで聞き、そのあとはスクリプトを読みながらまた2、3回聞きました。単語の意味が分からない場合は英訳を見るか、辞書を引きました。

 ダイアログの内容は、数課~30課ごとにまとまったお話になっています。たとえば不眠症の男と女医の会話とか、主婦がダイエットに挑戦する話とか、子どもが初めてキャンプに行く話とか、浮気が疑われる夫に妻が復讐する話などがありました。どれもちょっとクスっと笑える掛け合いがあって、面白かったです。

 このアプリを使ってみて気づいたことですが、わたしはどうもダイアログが好きみたいです。一文一文バラバラに聞くより、会話になっているほうが断然楽しく聞ける。

 たとえば「こんにちは」「お元気ですか?」「元気です」「あなたは?」という文が一文一文バラバラに出てくるよりも、

ーこんにちは。お元気ですか?

ーはい、元気です。あなたは?

ーわたしも元気です


みたいな会話になっていたほうが、臨場感があって好きってことです。このアプリは会話に効果音なんかもちょこっと入っていて、ますます臨場感があって良かったです。

各課のイメージ スクリプト画面
各課のメイン画面と、スクリプト



※7/26追記 レベル4(中上級)50課も聞いてみました。一つ一つのダイアログが多少長くなってはいますが、難易度はレベル3と変わらない気がしました。

 わたし的にはこのレベルが一番面白かったです。ロシア語特有の表現や習慣などが出てくるところが良かったです。スラブ神話に出てくる家の妖精(домовой)なんてのがいるなんて初めて知りました。ロシア版ざしきわらし? 集合住宅にも、それぞれの戸ごとにいるんだそうです。その家の住人との関係性によって、悪さをしたり、逆に助けてくれたりするそうです。

 そのあとレベル5(上級)も覗いてみました。・・・うーむ・・・。レベルの違いが分からない・・・。確かにダイアログは長いですが、単語レベルなどは2~4とそんなに変わらないような・・・。

 レベル1も55課全部やってみました。入門らしいのは最初のほんの5課くらいで、そのあとはレベル2~4と変わらないような・・・。話すスピードもナチュラルスピードだし、最後のほうは「選挙」とか「代議士」なんていう難しい単語も目白押しです。

 レベル分けの基準はよく分かりませんが、一つ言えるのは、レベル5(上級)といってもそんなに難しいわけではなく、ヨーロッパ共通参照枠のB1くらいかな、ということです。

 


文法しっかり

 ちょっと意外だったのは、インプット中心の教材にしては文法知識がしっかり問われることです。2,3課ごとに文法問題が10問、20-30課ごとに40問のまとめテストがあり、完了体・不完了体、自動詞と他動詞、格変化など、間違えやすい違いを理解しているかどうかが問われます。インプット大作戦からは外れますが、とりあえず初級~中級の入り口まで40数回分、全部やりました。これもけっこう良かったです。

問題のおさらい画面
問題おさらい画面



 以下は欠点です。

間違いもある

 内容は簡単なはずなのに、なぜか意味がさっぱり分からない会話がありました。話の流れがよく分からない。

 なぜだろうと思いつつ、文字で確認してみたら、会話する二人が、自分のセリフを取り違えているのですね。Aさんが言うはずのセリフをBさんが言ってしまい、そこから配役があべこべになってしまっている。なので、聞いてるこっちは混乱してしまったというわけです。

 2課続けてそういう課ダイアログがありました。なんでこんなことが起きるかなあー? 意味考えながら読んだら絶対間違えないと思うんだけど。意外と意味を考えずに読んでいるんだろうか??

 でも間違いをメールで知らせるシステムがあるので、メールで知らせればそのうち直してもらえると思います。

 
非ネイティブのロシア語

 最初にわたしが聞いたのは30課続くモスクワ出張の話で、主人公はアメリカ人。その人の話し方はいかにもアメリカ人が話しているっぽいロシア語でしたが、わざとかと思い、特に気になりませんでした。

 ところが他の設定のお話にも同じ声が登場して、その時はさすがに「頼むよ、ネイティブのロシア語聞かせてくれよー」と思いました。

 なぜかというと、第一に、聞き取りづらいから。わたしは発音に敏感なほうではないので、たとえばшをщと発音されても、気づきもしないと思う。でもその方の発音は全体的に軟音が弱く、別の単語に聞こえてしまう。

 第二に、抑揚がロシア語っぽくない。その方の抑揚は妙に英語っぽくてパッと聞いた感じ、ロシア語に聞こえない。こっちのほうがわたしは発音よりも気になって、お手本として何度も繰り返し聞くのはちょっとどうかな、と思いました。

 ちなみに、自分の耳がおかしいのかもと思い、念のため二人のロシア語ネイティブに聞いてもらいました。でも二人とも答えは同じで「おそらく英語ネイティブのロシア語だと思う」とのことでした。

 ちなみにこのアプリに出てくる他の声はたぶんネイティブ。流れるようにすごくきれいで、セリフに説得力があり、耳に良く残る発音の人もいます。美しい話し方を聞くと、きっと容姿も美しいのだろうと、すごいロシア美人を想像してしまいます。そのまま抑揚も発音も、そのまま丸ごと覚えたい感じです。(できれば容姿も真似たいがそれは無理><)


体験としては面白い

 以上、二点を欠点として挙げましたが、これらは体験としては非常に面白かったです。

 まずセリフを間違えている件。これは、文字を読みながら聞くと余計に混乱するのが面白かったです。「これはAさんのセリフだ」と何度脳に言い聞かせても、声が流れてきた途端、「これはBさんのセリフ」と脳は直観的に認識してしまう。相反する二つの認識が脳内で戦ってしまい、余計何がなんだかよく分からなくなる^▽^。人を認識するのに声ってすごくインパクトが強いんだってことが分かりました。

 それから非ネイティブの件。わたしはもともとそんなに発音に敏感ではないので、なぜこの発話にこれほどの違和感を感じるのか、最初は分かりませんでした。でも発音よりも抑揚に違和感を感じていることが次第に分かってきて、一つ一つの単語の力点の位置だけでなく、思った以上に文全体のイントネーションが重要であることに気づきました。




 有料会員になることも検討しましたが、とりあえず今回は見送ることにしました。一週間、けっこう活用させてもらったので感謝です。

 このアプリはロシア語を含め34言語を網羅しているので、そのうちいつか課金することもあるかもしれません。



162147315639581963278.jpg 
アリエルのお宝の洞窟

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)